« もうすぐ履修登録 | メイン | シアトルで地震 »

2001年02月26日

顔立ちについて

今日こそルームメイトと写真を!と思ったものの、本日も彼女はどこかへ・・・もしや逃げられてる?!というわけで、今日の写真は夜の図書館全景です。

さて、今日の話題は「顔立ち」についてなのですが、それというのも、私はこちらへ来てから、初対面の人に日本人だと思われることの方が少ないのです。それも、アメリカ人が中国人・韓国人・日本人の見分けがつかないなんてレベルではなく、中国人に中国語で話しかけられるほど中国人ぽいようで。初対面の人だけならまだしも、中国人の友達ですら、気を抜くと、私が日本人であることを忘れて中国語で話しかけてしまうようです。中国語といってもひとつではないのですが、そこまでの区別は私にはつきません。何にせよ、そんなに私は中国語で話しかけたくなる顔なのか?!

ここからは人からの受け売りになりますが、私はいわゆる弥生系の顔立ちだそうです。全体的には南中国系で、南中国人にしては高めの鼻と張った頬骨は朝鮮系だとか。なんとなく、しょっちゅう中国語で話しかけられる理由がわかったようなわからないような。

他にも、何の迷いもなく韓国語で話しかけられたり、タイ語で話しかけられたり、はては日本人に英語で話しかけられたり、笑ってしまうくらいの国籍不明者ぶりです。というような話をアメリカ人の友達にしたところ、「私にはさっぱり違いがわからん」と笑っていました。ま、違いがわからないのはお互い様です。

これを書いている間、つけっぱなしにしていたテレビニュースで日本特集をやっていました。テーマは日本のお花見について。雅楽をBGMに富士山や京都の桜やカラオケに興じるおじさんを映すというものでした。例によって、「なーんか違うー」という感想を抱かせてくれる特集でしたが、それでもどっかの映画たちに比べれば数倍ましかも。

投稿者 akiko : 2001年02月26日 12:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aizu.nowhere.co.jp/mt/tkevn244.dir/2507

コメント

コメントしてください




保存しますか?