« 2001年05月 | メイン | 2001年07月 »

2001年06月25日

アメリカの数学教育と日本の英語教育について

本日は、オレゴンコーストに行ってまいりました。写真は、そのコースト沿いにあるNewportという町のビーチです。今回は見送りになりましたが、Sealion caveという、トドがたくさんいる場所もあります。海はいいですねえ。波がかなりあるので、サーファー向きの海ですね。ちなみに、私はスクーバダイバーです。あの波じゃ無理・・・。

大学はFinals week後一週間の休みも終わり、明日からsummer sessionです。私はCS院の授業がひとつもないので、この夏は授業を取らず、キャンパス内で働いています。仕事を探すにあたって、CS専攻は強い!とつくづく実感しました。今もっとも引く手あまたな分野ですからね。

CS専攻といえば、クラスの友達(韓国人。アメリカでCSの学位取得)が「CSで修士か博士を取るなら、中国か韓国か日本で数学の学位を取ってからアメリカのCS院に来るのが一番良い」というようなことを言っていました。この意見には私は全面的に賛成です。大学院レベルのCSの授業は数学的思考をかなり要求されるので、思考回路がそのように訓練されていないと少々辛いと思われます。逆にいえば、小学校から(アメリカに比べて)かなりハイレベルな数学を叩き込まれる東洋人は、このような場合やはり強いですね。

誤解を恐れずに言えば、アメリカ人は数学ができないというのはあながち偏見ではないと思います。たしかに優れた数学者はいますし、出来る人はものすごく出来るのですが、全体を見た場合、時には頭を抱えたくなるようなこともしばしばです。この現状が何にそっくりかというと、日本人にとっての英語にそっくりなのです。日本人の中にも、ずっと日本にいてまわりと同じような教育を受けてきたにもかかわらず大変英語のできる人は存在しますからね。

どちらも教育の現場に問題があるという点も共通しています。しっかり教育されないから良い教師が輩出されないのか、良い教師がいないからしっかり教育されないのかはわかりませんが、とにかく悪循環に陥っていることは確かです。このように、アメリカの数学教育と日本の英語教育は酷似していると、こちらに来てからよく思います。

私がこのようなことを書くのは、ゆとり教育と称したただの怠惰に大いに疑問を感じるからです。小学校の教科書でπが「およそ3」になるとか、台形の面積がなくなるとか。重要なのは、そういったことを教える教えないではなくて、「何故」そうなるのかを考えさせるというところにあるのではないでしょうか。そのゆとり教育の結果、当初の目的に反して数学嫌いの子供が多々増え、数学に興味を持つ子供はますます減るように思えてなりません。この件に関してはアメリカという反面教師があるのに、なにも いつものように 追従することはないだろう。というのが私の意見です。

投稿者 akiko : 16:04 | コメント (0) | トラックバック

2001年06月20日

9ヶ月経って(その2)

期末試験が終わって休みに入ってから数日、PCがネットに繋げず更新が滞ってしまい、大変失礼致しました。あいつ生きてるのか?!と思われた皆様、私は しぶとく なんとか生き延びております。

先週の金曜日にFinals weekが終わり、日曜は卒業式でした。写真はその卒業式前の状態です。まず学部ごとに集合して、ここから会場まで行進です。午前が大学院で午後が学部の卒業式(修士は修了式)でした。今年の学部の卒業式はなんとフットボール競技場で行われたため、私も知り合いの卒業生からチケットを貰い、観に行ってきました。こういう演出をさせたらアメリカは巧い!しかし、式の始めに長いスピーチがいくつもあるのは日本と同じなのですね。

おかげさまで、試験2つにプレゼンテーション2つという恐ろしいFinals weekも終了しました。ひと安心です。ちなみに、1時間のプレゼンテーションがあった授業はComputer Architecture。アーキテクチャといえば、学部の時にもっとも苦しんだ授業ベスト3に間違いなく入るあの科目です。そんなので論文書いてプレゼンテーションしてなおかつ他人のプレゼンに参加して質問までしろだなんて、そんなの無理に決まってるべした!(会津弁)と思っていましたが、まあなんとかなるものですね。なんとかしたというよりでっちあげたという方が正しい気もしますが、何にせよ済んだことです。ALL DONE! あー嬉しい。

先週の続き、ストレスマネジメントに話を戻しましょう。私はこれで丁度9ヶ月ですが、9ヶ月目にしてやっと「慣れてきた・・・かもしれない」と思う程度です。9ヶ月目でこれですから、来た当初のストレスはすさまじいものでした。カルチャーショックに次ぐカルチャーショックの上に学業のストレスが重なっておまけに風邪で熱を出してしまったりして、一時期は鏡を見るとぞっとするほど痩せました。このようなことは最初のオリエンテーションなどでさんざん言われていたのですが、聞くとなるとじゃ大違いですね。いくらアメリカの大学の受け皿がしっかりしていてカウンセリングプログラムなどあるとはいっても、英語で打ちひしがれている時に英語のカウンセリングに行く気力などあるわけないのが実際のところです。

つくづく有難いと思ったのは、友達の存在ですね。日本の友達しかり、こちらに来てからの友達しかり。同じ波長で真面目な話ができてそう頻繁には会えない友達、という存在がひとり身近にいるとまったく違うと思います。「そう頻繁には会えない」というところがポイントかもしれません。毎日顔を合わせられるような人だとどうしても依存してしまいがちですからね。

「東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ」(遥洋子著)の中に、「『クラスで自分が一番アホ』という劣等感」といったような表現がありましたが、私はこれがずっとつきまとってストレスの元になっていました。この劣等感にどのくらいさいなまれていたかというと、秋学期の授業がまだ始まってもいないうちから登校拒否を起こしそうになるほどでした。今でもつきまとってはいますが、以前に比べたら自信の切れ端のようなものがほんの少しだけついてきた気もします。このような場合、勉強する以外に根本的な解決策はないわけですが、その過程におけるストレスマネジメントという点で友達は欠かせない存在だと思います。

それにしても、半年くらいで泣いて帰るかもしれないと思っていたところを、9ヶ月もよく乗り切ったものです。卒業式は皆非常に良い笑顔をしていましたが、このぶんだと、私は泣かないという自信がない・・・ま、出られたらの話ですけどね。じゃなくて出られるようにしなくては!頑張れ自分。

投稿者 akiko : 23:11 | コメント (0) | トラックバック

2001年06月11日

9ヶ月経って(その1)

またシアトルで地震があったようですが、今回はさすがにここは揺れませんでしたね。午前6時で熟睡中だったために気づかなかっただけかもしれませんが。シアトルといえばマリナーズすごいです。そのうち観に行くんだー。

明日からfinals weekの始まりです。今回の私は試験が2つにプレゼンテーションが2つ・・・恐ろしや。私が現在いる寮はfinals week直前の日曜日にMidnight Breakfastなるサービスがあるのですが、今回の写真はそのMidnight Breakfastです。要は夜食なんですが、夜11時前にこういう食事をしてもいいものか・・・アメリカに行くと太る太るとさんざん脅されて来たのですが、今のところは一応大丈夫そうです。しかしこの先どうなることやら。

さて、Dead weekからFinals weekと怒涛のように過ぎております。上記のように試験が2つにプレゼンテーションが2つ・・・さすがに皆ピリピリしていて大変ですね。私も許容量ぎりぎり、もしくは既に溢れております。プレゼンテーションはどちらもグループワークなのですが、議論が口論に発展しそうになることもしばしばだったり。そもそも、なんで私はリーダー兼論文のメインエディターになってしまったんだー!我ながら、こんなにリードできないリーダーも珍しい気がしますが。

しかし、リーダーになってしまったのは私がおとなしくて断れないからというわけでは決してなく、むしろ逆に一番ぎゃあぎゃあうるさいからなってしまったといった方が正しいような。こちらへきて9ヶ月、英語が上達したかどうかは少々あやしいところです(少なくとも下手にはなっていないと思いたい)が、度胸がついたことだけは確かです。会津大時代の友達に言わせれば「つまり長所をさらに伸ばしたってわけか」となるようですが・・・それ以上度胸ついてどうする!なんて突っ込まないでくださいよ。

とにかく、こちらに来て痛感したのは、黙っていても誰も助けてくれないということでしょうか。ヘルプが欲しければちゃんと言う!しかしこれが難しいんですよね。最初のうちは英語を話すだけでも大変な勇気が必要だったところへもってきて、自分の考えを説明して相手を納得させなければならないような場面が幾度かあると、そりゃ度胸もつくってものです。

私の場合、OSUのCS院は4割インド人、2割中国人という寡占状態の中でたったひとりの日本人だという状況もあるとは思います。追い込まれると人は強くなるんだなーと他人事のように思ってみたり。

今でこそ、何かネガティブなことを言われても言い返せるくらいになったようなものの、来たばかりの頃はそりゃもう大変でした。まったく違う環境に飛び込んでいく時、一番必要なのは語学よりもむしろ自分のなだめ方といいますか、ストレスマネジメントのやり方を知っておくことだとつくづく思います。この続きは来週にまた。

それにしても、「日本人がおとなしいなんて絶対嘘だよー」と友達に笑われる私。クラスメイトの大和撫子像をことごとくぶち壊している気がします。他の日本女性の皆様ごめんなさい。

投稿者 akiko : 18:38 | コメント (0) | トラックバック

2001年06月04日

単位に困る

明日からDead week、来週は期末試験、という週末です。そんな時になんでWindowsの再インストールなどする羽目に・・・今はそんなことにかかずらってる場合じゃないちゅーに!問題とは、起こって欲しくない時に限って起こるものですね。悲しいー。

本日の写真は著者近影です。ずいぶん髪が伸びております。だいたいの場所は怖気づかずに行けるようになったにもかかわらずいまだに行けない場所、それは美容院!恐ろしくてとてもとても行けません。友達に「髪伸ばしてるの?」とよく聞かれますが、髪が勝手に伸びてるんです・・・。

いまだに、と言えば、こちらの単位系にまだ慣れていません。学内のジムにある体重計(単位:ポンド)で表示が100を超えていてうひゃーとのけぞったり、天気予報で「本日の最高気温は90度(華氏)です」と言われると「もうすぐ沸点じゃん!」と思ったり、いちいち忙しいことです。ちなみに、1kg=2.205poundsで、温度はたしか(華氏-32)*5/9=摂氏だったと記憶しています。他にも、長さはインチ・フィート・ヤード・マイルで、液体の体積はオンスとガロンです。私はこちらに来るまで、ガロンなんて石油の単位だと思っていたのですが、まさか牛乳に使われているとは!

そして、インチ・フィート・ヤード・マイル間の関係は1foot=12inches, 1yard=3feet, 1mile=5280feetで、それぞれメートル法に直すと1inch=2.54cm, 1foot=30.48cm, 1mile=1.609km・・・もうわけがわかりません。とても十進法が存在しているとは思えないし。留学生同士の会話は国際単位系なのでなかなか慣れないというのもあるんですが。使っていない国はたしかアメリカだけでは。本家本元のイギリスも国際単位系に合わせ始めたようですし。留学生の間では、いつもいつもアメリカンスタンダードがグローバルスタンダードってわけじゃない!と格好の愚痴のネタになっていますが。頭では単位系が違うとわかっていても、どうしても感覚がついていきませんね。困ったものです。

投稿者 akiko : 19:33 | コメント (0) | トラックバック