« シアトル | メイン | アメリカの病院 »

2002年01月07日

アメリカの正月

明けましておめでとうございます。皆様、今年もよろしくお願いします。

とは言ったものの、正月よりクリスマスの方が重要といった雰囲気のあるアメリカなのでいまいち正月気分を味わわないまま、明日から新学期です。クリスマス当日は前述しましたようにシアトルにおり、店という店が閉まってゴーストタウンと化したシアトルで食べ物を求めてさまよっていました。アメリカに来て二度目(一度目は渡米直後の感謝祭)の食糧危機!・・・しかし何故二度もこんな目に・・・結局、郊外の中華料理屋が営業していたから助かりましたが。そして、ちょうど旅行でシアトルに来ていた先輩と一升瓶を空けつつクリスマスの夜は更けていきました。え?罰当たり?キリスト教徒じゃないので当たる罰すらなさそうだからいいんです。正直な話、2000年前のおじさんよりも旅行ついでに日本酒かついで来てくれた先輩の方がよほど有難いし。久しぶりの日本酒は涙が出るほどの美味でした。

結局、私も昨年の仕事納めは大晦日(しかも給料日が大晦日)で初仕事は3日でした。除夜の鐘ではなくタイムズスクウェアやディズニーワールドのカウントダウンを見つつ年を越し、元日はごろごろ、といった正月になりました。しかし、タイムズスクウェア(ニューヨーク)もディズニーワールド(フロリダ)もここより3時間先なので、カウントダウンは録画なんですけどね・・・。アメリカの正月といえばもちろん駅伝ではなくフットボールで、フィエスタ・ボウルを観ていましたがいまだにルールがよくわからず・・・正月くらい、と言いながら真っ昼間から酔っ払っていたから余計にわからなかったような気もしますが。

と、このように初日から奈良漬け状態で始まってしまった2002年、もうすぐ冬季オリンピックですね。でも、いつから始まるのか知らない・・・。こんな私ですが、なんと今年は年女なのです。いいんですかね、こんなんで。中学生くらいの時に思い描いていた二十代とは、決して、元日から酒くらってテレビを観るようなものではなかったはずなんですが。いいのかなーと思いつつも、今更修正はきかなそうなのでもう諦めていますが。今後もあたたかく見守ってくだされば幸いです。

最後になってしまいましたが、今日の写真はここ半年ほど愛用しているBORDERSカフェのリフィルカップです。このコラムで何度かスターバックスのカップを紹介しましたが、大学の図書館はあの紙コップは持ち込み禁止なので、このリフィルカップを使っています。あと、一度コーヒーを飲んだだけでカップを捨ててしまうのは心苦しいものですしね。

投稿者 akiko : 2002年01月07日 13:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aizu.nowhere.co.jp/mt/tkevn244.dir/2605

コメント

アメリカ最高

投稿者 rai : 2007年10月26日 16:09

コメントしてください




保存しますか?