« 2002年01月 | メイン | 2002年03月 »

2002年02月25日

低容量ピル

今日の写真は、来学期の時間割です。ついこの間始まったような気がする冬学期ももうすぐ終わりとは・・・早いものです。

早いといえば、オリンピックも今日で閉会しましたね。どうも色々とすっきりしない五輪でしたが。余談ですが、私は「寺尾失格」の見出しを日本の新聞社のサイトで見た時、咄嗟に相撲のことだと思ってしまい、しばらく混乱していました。

さて、今週はヘルスセンターに行きました。低容量ピルがなくなりかけていたので、新しいものを処方してもらうためです。日本では私がアメリカに来る直前にやっと認可されましたが、アメリカでは認可されて40年以上たちます。ひどい生理痛と気分の浮き沈みを抑えるために認可されたらすぐ処方してもらいに行こうと思っていたのですが、いかんせん高すぎて日本ではとても手が出ませんでした。日本で保険の効かない低容量ピルを処方してもらった場合、一月(28日)分が3000〜3500円、検査費用を含めると年に5万を下らないようです。ひるがえってアメリカでは、私が買っているものの場合一月分12ドルで、もしも入っている保険でカバーされていれば数ドルですみます。

日本では認可されたとはいうものの普及率は高くなく、処方してもらおうと婦人科に行ったら医者にこんこんと説教をされたという話まで聞く始末です。私が最初に処方してもらいに行った時、看護婦さん(※注1参照)と以下のような会話がありました。
「以前使っていたピルの名前は?」
「いえ、今回が初めてなんです」
「えっ?あなた今たしか22歳でしょ。本当に使ったことないの?」
「ありません」
「そういえば、出身はどこだっけ?」
「日本です」
(納得顔で)「ああ、それは無理もないわね」
この後、含み笑いをしながらの「日本は女性に避妊の主導権を持たせたがらないって聞くからね」という言葉に、思わず笑ってしまいました。まったくその通りだし、ことこのような問題に関して日本は世界で悪評高いというのは、私が想像していた以上に真実のようです。その後、「それでよくピルの使いみちが避妊だけじゃないなんて知ってたわね」「実はつい先日認可されて情報は色々あるんですよ。でも実際に買うとなると・・・」と世間話モードに突入してしまったんですが。

どうも日本では誤解の方が広まっている感が拭えませんが、実際に使ってみるとデメリットよりもメリットの方が大きいと感じます。私に多少あった副作用としては、最初の一月に軽いつわりのような状態だったことくらいでしょうか。あっという間になくなりましたが。ピルは身体を擬似妊娠状態にもっていくので、これは無理もないことです。このあたりは個人差がありますし、低容量ピルといっても一種類ではありませんから、それこそいろいろなケースがあるようです。

実は上記の初めての処方の時に婦人科系のアンケートを渡されたんですが、「クラミジア」以外の単語が全部わからなくて往生しました。あれなら、中国語のアンケートでも渡された方がまだ良かったかも。

※注1:RNP(ナースプラクティショナー)。より上級の教育と訓練(通常は修士課程と認定試験)を受けたナースのこと。健診、検査、薬の処方等ができる。

投稿者 akiko : 18:35 | コメント (0) | トラックバック

2002年02月18日

バレンタインデー

今週は中間試験2つとプレゼンテーション2つで大忙しでした。もう人前で喋るのは嫌だーー。

今日の写真は、先日破産申請したKマートです。この街にはKマートのライバル店はないので、今のところ以前と変わらず営業が続いているようです。今日はオーブントースターと小さいフードプロセッサを買いましたが、2つ合わせて30ドルでした。アメリカの電化製品は逆に買うのを躊躇しかねないほど安いものばかりです。ハンドミキサーが6ドルで売られていたりとか。

今週はバレンタインデーがあったわけですが、上述のように忙殺されており、当日仕事場でお菓子をわけてもらうまですっかり忘れていました。バレンタインデーが人生の一大事だった頃が懐かしい・・・まさか将来忘れ去るほどになるとは思っていませんでしたよ。なんせ前日遅くまでプレゼンテーションの準備をし、当日は朝早くから友達とリハーサルをし、プレゼン後は翌日のテスト勉強・・・と、髪振り乱した状態だったもので。プレゼンのリハーサルを一緒にした友達もすっかり忘れているようでした。中国人の友達にいたってはバレンタインデーより正月(日本で言う旧正月)の方が重要そうですし。ちなみに、バレンタインデーは中国語で「情人節」と書きます。なかなか趣があって素敵。

さて、いまだに私は閉会式がいつであるかを知らないオリンピックですが、日本は時差があるにもかかわらず生中継だなんてすごい!アメリカで生中継だったのは開会式だけで、あとはほとんど録画で、夜にダイジェストとして放送されます。しかもひとつのテレビ局が放映権を独占しているため、そのチャンネルでしか観られません。たとえ生中継であったとしても時間の都合がつかないのでそれはどうでもいいのですが、テレビの放映権がひとつのテレビ局にしか認められないのはちょっと寂しいものですね。色々なテレビ局が色々な報道をしてこそオリンピックは面白くなる気がしますが。というか、そもそも、アメリカ人はオリンピックに興味がないのかも・・・カレッジフットボール、NFL、NBAの方がオリンピックより重要そうに見えます。

投稿者 akiko : 19:01 | コメント (0) | トラックバック

2002年02月12日

オリンピック@ソルトレイクシティ

本日(月曜日)に中間試験があったため、勝手ながら更新を一日ずらしました。ご了承ください。

そういえばこれを紹介していなかった!というわけで、今日の写真はOSUのロゴです。組み合わせやすいイニシャルで良かったような。5つも6つもあるUMやMSUなどはどうしているのか、気になるところです。

さて、先週末からソルトレイクシティにて冬季オリンピックが始まりましたね。開会式をテレビで観ていましたが、3時間は長すぎました。もう少しうまくまとめることはできたと思うのですが。パフォーマンスそのものはほとんど文句のつけようがないというのに。このあたりはさすがアメリカ、エンターテイメントの層の厚さは他の追随を許さないものがありますね。一番最初にアカペラで"God bless America"を歌った人は歌手ではなく、NYの警察官です。これが素人のわけないだろうと、私はナレーションを聞いた自分の耳を本気で疑ったくらいです。歌といえば、その次に歌ったR・ケリー!いい声でしたね。こんな素晴らしい歌手を今まで知らなかったとは、なんともったいないことを!おすすめです。

日本選手団の入場行進で、今回は無難な服装であってくれて本当に良かったと心の底から安堵し、あとは聖火台に着火するだけ・・・と思ったらその先が長かったんですよね。ネイティブアメリカンと西部開拓時代の再現を同じステージに上げるのはちょっとどうかと思いました。開拓の歴史が迫害の歴史でもあることは世界中が知っていることなのに。やるのならば、どちらか片方(個人的には、前者)のみにしてほしかったですね。あと、同じような目にあったアメリカの先住民にはイヌイットもいるわけですが・・・まさかユタとは遠いから関係ないとでも?アメリカという国でこのあたりをつつき始めるときりがないんですけどね。

開会式の翌日にテレビでフィギュアスケートを観ていましたが、アメリカの解説者のプロフェッショナルぶりに驚きました。選手側から台本を渡されているんじゃないかと思うほど絶妙で的確で冷静なのです。アンカーマン・アンカーウーマンをはじめ、このような時の解説者まで完璧なプロフェッショナルなのは、アメリカの良いところですね。なんせ前回の長野五輪では、モーグルのように比較的歴史の浅いスポーツに呼ばれる解説者は若くてちゃんと解説できず、「タエー!やったぜタエー!」(タエ=里谷多英選手)などと叫び始める始末で大笑いしましたので。あんたはタエ(←うつった)の何なんだ一体!とテレビに向かって突っ込んだ人は多かったのでは。アメリカのプロフェッショナルレポートもいいのですが、解説者なんだか応援団長なんだかわからない日本のテレビが時として恋しくなるのだから、勝手なものです。

・・・ところで、閉会式っていつですか?このままでは、気がついた時には終わっていそうです。

投稿者 akiko : 16:15 | コメント (0) | トラックバック

2002年02月04日

2月です。

2月です。早いものですね。先週降った雪は数日間残っていましたが、道路は心配したほどは凍結せず、私もなんとか転ばずにすみました。もう降らないとは思いますが、油断は禁物。

今日の写真は、先日大学のウーマンズセンターでもらってきた笛です。いわゆる護身グッズのひとつですね。大学にはDepartment of Public Safetyという機関があり、こういった物を配ったり、夜間は女子学生向けの送迎サービスがあったり、キャンパス内で起きた犯罪のレポートがあったりと至れり尽くせりです。こういったサービスの行き届きぶりはさすがですね。まあ、それだけ犯罪の質が悪いということでもあるのですが。ただ、アメリカはそれなりに防止方法があり、ある程度の知識(どの地域は比較的危険であるとか)があれば犯罪遭遇率をかなり下げることが可能です。私には、どの時間帯にどこにいても事件に巻き込まれる確率がほとんど同じである日本の方がよほど気が抜けないように思えます。最近は日本の治安もどんどん悪くなっているようですし。

余談ですが、私は渡米前にさんざん「アメリカなんて危険な国に!」と言われていました。日本にいるアメリカ人の友達は「日本なんて危険よ!」と言われながら日本に来たそうです。どっちもどっちだべー。

先週の外相更迭という大きなニュースは、こちらの新聞でも扱われていました。アメリカはかなり早いうちに田中外相に愛想をつかしていた節があったためか、記事は淡々としながらもなかなか田中代議士に辛辣です。NYタイムズなど、"popular but unpredictable foreign minister"と書かれていましたからね。unpredictableはこの場合「何をしでかすかわからない」という感じでしょうか。個人的には外相更迭そのものには賛成ですが、首相は完全にタイミングを誤ったと思います。

現在アメリカ国内にはエンロン疑惑という大きなニュースソースがあり、海外ニュースもアフガニスタンという大きな問題があるためか、日本の外相更迭はそこまで大きく取り上げられているというふうではありません。記事も要点を述べるのみに終始しているものがほとんどです。小学校の学級会の方がまだましに見える日本の国会の模様が詳しく報道されないのは、アメリカにいる日本人として大変有難いというのが正直なところですね。

投稿者 akiko : 18:10 | コメント (0) | トラックバック