« 2002年11月 | メイン | 2003年01月 »

2002年12月23日

ドイツの大学

今週で今年の授業はすべて終わり、2週間の冬休みに入りました。年明けにプレゼンテーションを控えているので、この準備に追われそうです。アパートの中にも小さなクリスマスツリー(写真。夜景モードはどうしても手ブレしてしまいます。すみませんー)が飾られています。もうすぐ歳末ですねえ。近所の家も道路に面した窓の内側に小さなクリスマスツリーなどを飾っているところが多くて素敵です。

先週のコラムを読み返してみたら、なんだか太宰治の「懶惰の歌留多」(青空文庫で読めます)冒頭の真似っこのできそこないみたいですね。

すべて、のらくら者の言い抜けである。(中略)酒、のむとなると一升くらい平気でやって、そのあとお茶漬を、三杯もかきこんで、そんな病人あるものか。

うわーこれ私だー。すいませんごめんなさいもうしませんーー。そんな不良病人でしたが、おかげさまで現在小康状態です。治ったと思った途端、寝ている間に布団を蹴り飛ばして風邪がぶり返しましたが、だいぶ良くなってきました。いい歳こいてなーんでこんなに寝相が悪いかなーもう。先週末に寝て過ごしたツケで週明けからいきなりほとんど寝られない一週間でしたが、冬休みに入った現在、ピンピンしております。

くしゃみを連発していた私にまわりのドイツ人がドイツ語で何やら言ってくれていたんですが、自分のくしゃみが大きすぎてまったく聞き取れませんでした。英語で言うところの "(God) bless you" のドイツ語版であることは想像がつくので "Danke" と返しはするものの、実は何と言われているんでしょうか。ああ一度でいいから小鳥のようなくしゃみをしてみたい。私のくしゃみは直後にこんちくしょうとかばかやろうとかついてもなんの違和感もない豪快さで、たまに自分で驚くほどです。アメリカにいた時は、私のくしゃみに驚いたらしい犬に吠えられたこともあります。くそー。

さて、やっとドイツの大学についてです。私が在籍しているのはMaster's degree、日本でいう修士号取得のためのプログラムです。一般的に、ドイツの大学でドイツ人が在籍するのはDiplomaといわれる学位(修士号と同じとみなされます)のためのプログラムであり、システム上は異なります。Diplomaコースはドイツならどこの大学にもあるはずですが、Master's degreeをどこでも取れるとは限りませんのでご注意を。Diplomaコースには、いわゆる学士号(Bachelor's degree)は存在しないようです。一応学士論文のようなものは書くようですが、それを書いたからといって学位を発行されるわけではないようです。こちらのプログラムについては私は詳しくありません。あしからず。

上記のDiplomaコースは最低9学期(4年半)以上、平均で12学期ほどかかるようですが、私の在籍するプログラムは修士のみなので1年ないし1年半です。この学校では、授業はDiplomaコースもMaster's degreeコースも一緒にまとめて英語で行われます。いくつかはドイツ語のみの授業もあるようですが、クラスにひとりでもドイツ語のわからない生徒がいる場合、ほぼ例外なく英語で行われるようです。稀にそれでも授業がドイツ語でなされる場合は、TAによる手厚いサポートがあるようです。また、どちらのコースに在籍していようが、ドイツ人であろうがなかろうが、授業料と諸経費(tuition and student fee)は無料です。このように必要なお金は生活費と健康保険料のみなので、学生、特に博士課程に在籍するドイツ人学生の平均年齢は比較的高いです。それでも別に困らないようになっていますし。

これだけ教育環境が太っ腹だとそれはそれは税金が高いんだろうと思われた方、その通りです。参考までに、ドイツの消費税は15%か16%、そのあたりです。ただし日用品にはかかりません。また奨学金・学内のバイト(TA等)も無課税のようなので、学生に影響はありません。しかも先日当選したばかりのシュレーダー首相は増税方針を打ち出したので、いくつかの税率がさらに上がるようです。これについてはドイツ内で批判が相次いでいるようですが、どうなることやら。

私の在籍するプログラムの卒業条件は、授業(だいたい7〜8クラス)と修士論文です。これを1年ないし1年半にて・・・だ、大丈夫かな・・・頑張ります。寿命は多少縮むかもしれませんが。

私にとって今年最後の授業はたまたまMPIIの研究所長によるもの(お題はGeometric Modeling。数学ですがなー)でした。授業の終わりに「この中で冬休み中ザールブリュッケンにいる人は?」と聞かれほぼ全員が手を挙げたところ、「僕も何度かあなたたちのような外国暮らしをしていたことがあって、外国でのホリデーシーズンにどんな気持ちになるか少しはわかるつもりです。あまりネガティブにならないように。また来年お会いできることを楽しみにしています。Happy new year!」と言われてちょっと泣きそうになりました。アメリカより格段にストレスが少ないと感じていたドイツ生活でしたが、それでもやはり多少は疲れているようです。お正月は餅を食べようっと。皆様も良いお年を迎えられますよう。

投稿者 akiko : 02:42 | コメント (0) | トラックバック

2002年12月16日

風邪です

申し訳ありませんが先週予告のトピック、ドイツの大学については再び延期させてください。根性なしですみません。

いいことがありますように。と書いた翌日、それまで暖かかったのがいきなり冷え込みました。現在、日中でも零下です。ついこの間まで摂氏10度くらいだったのにー。また、同じ日に市バスのストライキがありました。そんなこと知らない私は、寒空の下で来ないバスを待ち続ける羽目に・・・ストライキといっても全部のバスが止まるわけではないので30分ほどで来ましたが、その後大学に着いて建物の中に入っても、1時間やそこらでは身体が温まらないほど冷え切ってしまいました。これが月曜日。

水曜日あたりに何かおかしいと思い始めたのもつかの間、あっという間に風邪の症状が出ました。こんなに水分(←ハナ)出したら干からびてシワができるー。そんなわけでこの週末は寝込んでいましたが、そういう時に限って冷蔵庫は空、ティッシュは残り5枚ほど、ついでに財布も空なんですよね・・・ぬおー。一人暮らしはシビアです。ええ行きましたとも。買い物。とうとうアタマがやられたのか、ワインも買ってしまいました。味わかるのか?

さらに、どうやら風邪から中耳炎を併発してしまったような感じもします。実に10年ぶり!10年前まで私は年に2、3回は鼓膜の切開手術をするほどの頻度で滲出性中耳炎を繰り返していたので、今更中耳炎でびびることはないのですが・・・はて?中耳炎って英語でなんだ?そして耳鼻科はどこに??人に聞こうにも、耳鼻科って英語でなんだっけ?というような時に役に立つのが、写真の「外国で病気になったときあなたを救う本」(ジャパンタイムズ)です。日本を出る時はこの本を買って行け!と教えてくださった先輩、ありがとうございます。

風邪じたいはまったくたいしたことのない鼻風邪なので、皆様ご心配なきよう。熱はなく食欲は何故か普段以上ですし。この週末は一日5食・・・ワインも美味しいです。十分元気ですねこれは。いったいどこが病気なんだー。でもあいかわらず涙目&鼻声です。

ドイツだけではないと思いますが、人前でハナをズーッとやるのはゲップをするのと同じくらい失礼にあたります。ブィーッとかむのは何の問題もないのですが、なかなか私にはその思い切りがつきません。よってティッシュをかかえて頻繁に化粧室に駆け込むはめになるのですが。一度やってしまえば楽なんでしょうけどね。うーんうーん。

皆様もいきなりの冷え込みとストライキにはご注意を。

投稿者 akiko : 02:01 | コメント (0) | トラックバック

2002年12月09日

ついてない・・・

今日の写真は、大学からもらった1学期分のバスチケットです。このチケットで市バスと市電は乗り放題です。OSUも学生証で市バス乗り放題でしたし、こういう学生に優しいシステムはいいですね。

さて、だいぶ学校にも慣れてきたのでドイツの大学のシステムについて書こうと思っていましたが、どうにも今週は他のことで気が立っているので来週のトピックにすることにします。

今週あったことその1:契約している某電話会社から予定を遥かに越える請求書がきました。なにぶんドイツ語が読めないのでおかしいと思って問い合わせに行ったところ、私が契約時に言われた「定額で一定時間内のネット使用」は最初の一月だったんだそうです。それ、契約時の説明と違うんですけどとぶーたれてはみたものの、担当の人が契約した時の人と違ってとても親切だったので、それ以上ぶつぶつ言うわけにもいかず・・・なんだか私、いつもこの調子で間が悪いというか怒りの持って行き場がなくて困ります。

ちなみに、私が契約した時の人には「僕ならこれにするねー。超おすすめー」という感じだったんですよ。これで同じ人だったら、あなたこうおっしゃいましたね?え?覚えてない?あなたが覚えていなくとも私はよーく覚えてますよ、ところでお名前は?あ、ついでに会社のクレーム処理係の宛先教えてくださいな、とたたみかけるところなんですが。こんな大きい会社が詐欺まがいかよーと思ったんですが、どうもこれは最初にあたった人物個人の問題のようです。とほほ。なんて運が悪い。なんせ彼は、「これが住所ですね。アパートの番号はこれですね」と確認したにもかかわらず部屋番号を見事に入力し忘れてくれて、私は施行予定日になっても繋がらない電話線に苛々し、何度も足を運ぶはめになったという前科がありますので。

しかしまあ、これしきのことでは腹が立つものの、もう少しも驚きはしませんが。アメリカで使っていた某電話会社に比べれば、ドイツの会社の一社員の仕事のできなさなどかわいいものです。アメリカのその電話会社は、契約していないサービスを勝手にオンにして時折とんでもない請求書を寄越すというものでした。しかも、クレームのために電話をしてもオペレーターになかなか繋がらないんですねー。やっと繋がったかと思えば、さらに言うことには「もう請求書は送ってあるので、とりあえず払ってください。差額は来月からクレジットとして差し引いていきますから」だそーです。必ずしも払える人ばかりとは限らなそうな額でしたけどね。これを悪徳商法と呼ばないアメリカ人の心の広さには感心します。

なんで電話会社はどこもかしこもこう殿様商売なんでしょうか。まあ需要が需要ですけどね。でも、そんなんだから不正会計があったり、大赤字でトップがクビ&世界中の新聞に載るほどの大リストラ敢行になったりするんだー!私がこちらで電話を契約した時にいた男性はその直後に見かけなくなったので、上記の大リストラ計画に真っ先に引っかかったのでは・・・と思います。思いたい。もちろん、ネット使用のプランは即変更しました。

その2:OSUから、契約した覚えのない(←またこれだよ・・・)健康保険の請求がきました。あのー私もうアメリカにいませんけど。今学期、OSUで1単位もとってませんけど。疲れる・・・。思わず、請求書に向かってぶつぶつ文句を言ってしまいました。なにぶん一人暮らしなもので、紙くらいしか話し相手がいないのですよ。独り言まで言うようになろうとは、私の英語もずいぶん上達したなーもう。(やけっぱち)

その3:ごま油を買いました。レジを通ってみたら、棚に表示されていた額とデータベースの額が違いました。その差額+3ユーロ。わーん。幸運なことにレジの人が英語を話せた(ほんとに幸運!)ので「棚の値札と違いますよ」と一応言ってみたものの、案の定言っただけで終わりました。値切る趣味はありませんが、それならそうと最初から書いておいてくれないと困るー。

どうも今週はついていません。ここまで読んでくださった方々ありがとうございます。来週は良いことがありますように。

投稿者 akiko : 06:16 | コメント (0) | トラックバック

2002年12月02日

クリスマス

早いものでもう12月です。空気の乾燥している今日このごろ、静電気体質の私はいたる所で放電しまくっておりますが、皆様いかがおすごしでしょうか。12月末にはクリスマス、というわけで週末からクリスマスマーケットが始まりました。写真はその模様です。ダウンタウンに、写真のような屋台がいろいろ出ていて楽しいです。グリューワインと呼ばれる温かいワインを飲んできました。ワインに各種スパイスや砂糖が入っているもので、なかなか美味しかったですよ。

実はこれまでワインとビールは苦手だったのですが、遅まきながら最近やっとそれらの良さがわかり始めてきたところです。友達と行ったイタリアンレストランでワインとグラッパの美味しさに目覚め、キャンパスのパブで夕食をとる際にビールの美味しさに目覚め、と、なんだかアルコールの多い日常です。ヨーロッパ人と食事に行くと昼でも普通に「ワインにする?ビールにする?」となり、しかも彼らは肝臓が5つくらいあるんじゃないかという勢いで飲むので、つられてしまうとこちらはふらふらになります。

さて、クリスマスです。クリスマス前は、皆で分け合いましょうというキリスト教の基本精神が前面に出るのか、街を歩いていてもいつもより親切な人が多くて嬉しいです。ドイツ語ができなくてもなんとかなる確率がいつもより高くて助かります。アメリカでもクリスマス前は皆知らない人に親切でしたねー。アメリカの街は感謝祭(今週でしたね)とクリスマスの当日は店という店が閉まり誰も歩いていないものですが、いろんな人の話を総合するとドイツも同じようなものらしいです。ちゃんと食料品を買っておかないと飢え死にするよと何度も注意されました。クリスマス当日に一番盛り上がっている国はたぶん日本です。日本の歳末の賑やかさもちょっと懐かしいです。私の今年のクリスマスは十中八九TAの仕事で潰れると思いますが。なんだか悲しいので、覚え初めのワインでも買ってひとり川島なお美ごっこでもします。暗い?ほっといてください。そして、クリスマス前だからと浮かれてばかりいるわけにもいかないです。中間試験です。勉強しなくては。

投稿者 akiko : 08:18 | コメント (0) | トラックバック