« 2003年05月 | メイン | 2003年07月 »

2003年06月30日

漢字タトゥ

今日の写真は、私がここのところ引き篭もっているMPIIの建物です。なんでも高名な建築家の作でたしかにデザインは大変よくできているとは思うんですが、日本の震災並みの地震がきたら一気に崩壊しそうな・・・大丈夫ですかね。まあこのへんは地震があるのは数十年に一回という頻度らしいんですが。これからカンファレンスの季節で研究員(PhDの学生も含む)の皆さんがいないことも多く、しばらく研究所は静かそうです。

先日大学のブックストアに立ち寄ったところ、ヒラリークリントンのLiving History(アマゾンジャパンへのリンク)が既にドイツ語で売られていた驚きました。翻訳作業も出版前に進んでいたんですね。翻訳は英語版の後だと思っていたんですが、それはハリーポッター??最近は書店に行く習慣がすっかりなくなってしまったので、このあたりとても疎いです。

さて、薄着の季節になってきて、冬の間隠れていた皆さんのタトゥが露出してきて楽しいです。例によって漢字が人気らしいんですが、時々妙なものに遭遇してどうコメントしていいものやら困ることも多いです。この間は、「羊」と背中に彫っている人を見かけました。中国人の友達と「あれ何だろね」「うーん・・・干支のつもりとか」「でもそれは『未』だよね」とブツブツ・・・結局何を意図して「羊」なのかわからずじまいでした。ニュージーランド出身なのか?それともアルプスの少女なのか?いや、ハイジはヤギですね。謎は深まるばかりです。

まあこの「羊」は字が正しく彫られていたという点だけでもまだ良い方です。すべての文字(漢字)が反転していたり文字の上下が逆だったりはたまたその両方を兼ね備えているTシャツの人なんてそこらへんにいっぱいいますので。最初に見た時は、なんでこの人Tシャツ裏返しに着てるのかなーと思ってしまいました。Tシャツならまだ笑いのネタになるくらいで済むんですが、これがタトゥとなると笑うに笑えないし、果たして早めに知らせた方が本人のためなのかどうかも悩むところです。

以前サンタモニカに行った時、ヘナを使ったインスタントタトゥの露店がいっぱいありました。見本として漢字とそれに対応した意味が英語で書かれているんですが、「独身:available」と訳してあったセンスには笑いました。このくらい英語も漢字の意味もわかっている人にならまかせてもよさそうですけどね。中には、支配者(ruler)と彫ってくれと英語で頼んで「定規」と彫られてしまったなんて話もありますので。「定規」と彫られた腕か背中を見せびらかして歩く悪ぶった男の子・・・なんかちょっと可愛いなと思った私は最近とみにおばちゃん化が進んでおります。

最近は、漢字タトゥは浸透しすぎていて片仮名がクールだという向きもあるようです。なんかマドンナも意味不明な片仮名をCDにプリントしていたな・・・あれは結局何だったんでしょうか。ここ数年のマドンナは仏教が好きらしいから真言かと思ったんですが、それにしては何か間が抜けていたような。だいいち真言なら片仮名じゃなくて梵字なのでは。どなたかマドンナに詳しい方教えてください。

まあこういうのはお互い様なのであんまり笑えませんけどね。日本のアパート名なんてフランス人あたりに見せたら笑い死にするんじゃないかと思われるものばっかりですし。

投稿者 akiko : 07:33 | コメント (0) | トラックバック

2003年06月23日

遠足でした。

夏至は今日(22日)ですか?写真は本日午後9時の空模様です。ご覧の通り、空だけ見るとまだまだ真昼間のよう・・・明日までに仕上げなくてはならない論文のまとめとプレゼンテーション資料があるんですが、どうもまだ昼間のようで危機感なし・・・いかーん。

今週は、私が所属するMPIIのグループで遠足がありました。皆で10台ほどの車に分乗し、ザールブリュッケンから国境を越えて(といってももちろん何のチェックもなし)南へ・・・のはずが、私が乗った車はしっかり迷子になり、なぜかパリに向かう高速道路、つまり西へ・・・ぐるぐる回ってようやく目的地にたどりつきました。「遅くなってすみません。なんせ私がナビしたもんで」と言う私を大笑いで許してくれた皆さんありがとう。なんていい人たちなんだー。

さて、最初の目的はBitcheという街に残るマジノライン(※)の一部を見学です。この街、英語のbitchと発音が同じなのでどうも座りが悪くて困ります。かといってフランス語ができるわけじゃないし。迷子になった時、「すみませーん、ビッチに向かうにはどっち行ったらいいんですかー?」と英語で聞く私に同乗者は面白すぎると笑い転げていましたが、笑ってる場合じゃないっつーの。いや、面白いのはわかるけど。というか、この役目を私にやらすなー。

で、マジノラインです。よくこんなの造ったなーというのが私の感想でした。冬に日照時間が短くなっただけで鬱々とする私(実は光合成してるのか?)は、三日でおかしくなりそうなところでした。

その後ハナウ(Hanau)湖という小さな湖のほとりに移動し、昼食後に10kmハイキング・・・久しぶりに歩きました。途中の古城跡で休憩だったんですが、皆のバックパックから出るわ出るわ、すいかだのメロンだのさくらんぼだのフランスパンだの果てはソーセージにマスタードまで・・・なんで山の上までソーセージ担いでくるかねー。自分用に1リットルの水を担いでいるのも精一杯だった私はなんなんでしょうか。ほんと、コーカソイドな皆さんの体力には脱帽です。

フレンチレストランで夕食の後、ザールブリュッケンに戻ったのは夜中の12時でした。ごはんはとても美味しかったです。しかし、ただでさえ疲れた上におなかがいっぱいになって眠くなりどんどん口数が減る私(減ったくらいで丁度良いという意見もありますが、それはそれとして)とは対照的に、なんで皆さんあんなに元気なんでしょうか。案の定、翌日はひどい筋肉痛でした。わーい翌日に筋肉痛がきたーなどと喜んでいる場合ではありません。普段の適度な運動は大事です。はい。


※マジノライン(Maginot line):フランスがドイツとの国境に築いた要塞線。難攻不落と言われたが、第二次世界大戦中ナチ空軍により陥落。マジノラインに対し、ドイツがフランスとの国境沿いに築いた要塞線をジークフリートライン(Siegfried line)という。

投稿者 akiko : 05:26 | コメント (0) | トラックバック

2003年06月16日

ANIMATRIX観ました。

アパートから大学へのバス停までの道は栗並木です。で、先日、写真のような栗の若い実(ですよね?)に頭を直撃されました。これが痛いのなんのって、あまりの痛さにハゲたかと本気で心配したほどです。今のところとりあえず髪は無事なようですが。頭をさすりつつ学校へ行って友達に話したところ、「災難だったねー。でも栗の実にはほんと気をつけないと。前に新聞で読んだんだけど、フランスで秋に栗の木の下に車を停めてたら夜になっていきなり強風が吹いて、落ちてきた栗の実で車がボコボコになったことがあるんだってよ」と言われました。ひえー。そんなのが落ちてきたら、ハゲるハゲないなんて次元じゃないです。秋は気をつけて歩かねば。

今週はMPIIの有志でANIMATRIXを観ました。プレゼンテーション用の大きなスクリーン(※)で観ると楽しいですねー。相変わらずSQUARE頑張ってるなー肌のテクスチャがすごいねーでもこれをアニメというジャンルに持ってくるのはちょっと違うんじゃないのーていうかこのヒロインはアメリカ人受けするアジア人顔(※※)の典型だねとかブツブツ言いながら観ていました。まだ観ていない人は是非どうぞ。アニメーションとはいろんな表現方法があるものだとあらためて気づかされます。

さて、私はといえば、相変わらず宿題に悩まされたり、論文を読んで眠くなったり、ちょこちょこと文章を書いては自分の英語の稚拙さに嫌気がさしたりという日々を送っています。よく考えてみれば、いやよく考えなくても私は今25歳で、中学校で英語の授業が始まってから10年以上経過しているわけですが、それにしては・・・うーん。単純に比較しても、12、3歳くらいの時に書けていた日本語と今の英語とでは、前者の方が圧倒的にまともで表現の幅も広かった気がします。語学は結局、気の遠くなるような地道な訓練の積み重ねでしか習得し得ないとわかってはいるんですけどね。

ただ、アメリカに行ってから痛感したんですが、外国語を本気でできるようになりたかったら、まず自分の母国語を磨くことが先決です。急がば回れ。大人になってから習得した言語が子供の頃から理屈抜きで身についてきた言語を越えることは大変に稀なので、早々に頭打ちにならないためにも言語の天井は高くしておいた方がいいですよ。もちろんこれに当てはまらない人もいますが、そういう人は「最後に母国語でしゃべったのは何十年前だっけ・・・?」というレベルなので。

そんなわけで、この秋から留学なさる人たちはそろそろ荷物の取捨選択にとりかかられる頃かと思いますが、日本語の本、特に国語辞典は持って行かれることを強くお勧めします。英語なんて見るのも聞くのも勿論しゃべるのももう嫌!となった時にも重宝しますよ。私はアメリカに行って最初の1、2学期は毎日そんな感じでした。今だから言えますが、あの時期に一生分の自信を打ち砕かれ悉く落ち込みました。現在は、あとは這い上がるだけなんだからある意味楽よねーと思えるほどに元気というか脳天気です。これはこれでどうなんだか。


※ MPIIにある、数ミリオンユーロかけて去年完成したというプレゼンテーションルーム。私がドイツに来るちょっと前にできたらしい。だからといって私のために用意されたというわけではまったくない。様々なプレゼンテーションの他、DVDを観たりゲーム(サッカーゲームというあたりがドイツ)をしたりと皆で仲良く有効に活用中。

※※ 要するにルーシーリュー(Lucy Liu)みたいな顔立ち。スタイルは確かに良いけれども、アジア人にとってはあまりにもよくある顔なので、何がそんなに珍しいのかさっぱりわからなくて困る・・・ま、ワールドカップの時にオリバーカーン(ドイツのゴールキーパー)が日本で大人気だったということに対するドイツ人の反応がほぼ間違いなく大爆笑であるのと同じですかね。そしてルーシーリューといえば、夏にチャーリーズエンジェル2が公開です。

投稿者 akiko : 05:31 | コメント (0) | トラックバック

2003年06月10日

プールに行ってきました。

ドイツは月曜日が休みで三連休でした。でも何の休みかいまいちわかっていないのは毎度のことです。私のアパートから歩いて行ける距離にプールがあると聞いたので、天気もいいことだしと行ってきました。50mの競泳用プールはじめ、飛び込み用プール、子供用の浅いプールなどが広い敷地内ににあってなかなかよかったですよ。学生は1.6ユーロだし。さすがにティーンネイジャーの男の子たちが半裸でうろうろしている中カメラを構えて変態呼ばわりされるのは避けたかったので、写真は勘弁してください。ヘタレです。ただでさえ見渡す限りヨーロッパ人の中私が唯一のアジア人で、何もしなくても目立ってしまうもので。

私はちょっと泳いだ後はもっぱら芝生でビールを飲みながら人間バーベキューと化していました。え?もう25なんだから日焼けはやめとけ?その通りです。でも身体に悪いものほど魅力的なのは何故でしょうねー。

ついでに、ドイツの自転車レースもあったようです。なんでもザールブリュッケンがゴール地点だとか。というか、この先はもはやドイツじゃないんで、ゴールになるのは当然といえば当然なんですが。ダウンタウンに行ったついでにちょっと見たんですが、アウトバーン(高速道路)がレースのために閉鎖されていました。ドイツ人が自転車好きなのは聞いていましたが、レースのために高速道路が完全閉鎖されても文句を言わないなんてすごいです。つい、流通に影響しないのかなあなどとアメリカか日本にいる感覚で考えてしまいますが、どのみちお店は開いていないので影響も何もなさそうです。

最近は、写真のパプリカをよくつまんでいます。ちょっと辛くて美味しいですよ。ビールやワインによく合います。日本にもあると思うので、皆さんもどうぞ。最近暑いので、やはりさっぱりした物がいいです。ドイツ人の友達と食事に行こうという話になると、たいてい「何食べる?」「イモはちょっと重いかも」「じゃあ何がいい?」「うーん・・・(素麺食べたいな・・・)」となって、間をとってインド料理に落ち着いたりします。彼らと食事に行くと、いかに東洋人の内臓が脆弱か思い知らされます。同じ調子で飲み食いしたのでは、とても胃腸と肝臓がもちません。しかし彼らにしてみれば、卵かけごはんなどという世にも恐ろしい食べ物を受け付ける私の胃の方が信じがたいようですが。卵かけごはんが気持ち悪がられるのはまだしも、それならばなぜすき焼きの知名度が高いのか私にはよくわかりません。

投稿者 akiko : 02:21 | コメント (0) | トラックバック

2003年06月04日

部屋が汚いです。

すみません、また更新が遅れました。あうー。そしてもう6月!早いですねー。日本はそろそろ梅雨ですか?ドイツは最近とてもいい天気です。不満といえば、バスにエアコンディショナーがないことで・・・ただでさえちんちくりんでラッシュ時にはドイツ人に埋まって酸欠になる私には切実な問題です。

友人によると、先週はザールブリュッケンでも日食が見られたらしいです。「明日日食だって知ってた?」「え、何時ごろ?」「朝の5時」「・・・そんな時間に起きる奴いるのかね」というわけで、私はもちろんしっかり寝ていました。

久しぶりに日本にいた時の先生に会ったり、休暇で数週間日本に戻っていた先輩からお茶漬けとかふりかけとか(のりたまですよ奥さん!)買ってきてもらったり、とっくにディスコと化した友人宅の地下室で朝まで飲んだり(ちゃんと水道を引いたバーカウンターがあって笑えました。ドイツ人やっぱりマメだー)と、いろいろ楽しいことが多かったです。そのしわ寄せが今きているんですが・・・ううう。宿題は待っちゃくれないし。

最近アパートにはシャワーと寝るだけに帰る生活が続いていてずっと掃除を怠っていたら、そろそろまた大変なことに・・・なんで人がいなくても部屋は汚れるんでしょうか。というわけで、せめて掃除機かけてバスルームのパイプくらいは掃除しなくてはと洗剤を買ってきました。髪が伸び放題で麗子像(岸田劉生)まっしぐらなので、すぐパイプが詰まるんですよね。ドイツの洗剤はなかなか強力です。いかにも環境に悪そうな洗剤なんですが、いいんですかね。重曹と酢でも同じことができると聞きましたが、酢はまだしも、誰か私に重曹をドイツ語でなんと言うのか教えてください。え?薬局行って化学式を書いて見せろ?高校の有機化学で落ちこぼれだった私にそんな芸当できるわけないべしたー。

有機化学などに詳しいと、なにかと日常生活で役に立つようです。アメリカにいたころのシェアメイトは薬剤師の資格を持っていて、いろいろと役に立つ知識のある人でした。コンピュータサイエンティストはあんまり普段の生活で役に立たないんですよね。皆理屈っぽいから簡単なことも長い時間をかけないと決まらないとか、むしろ弊害の方が大きいような大きくないような・・・。

投稿者 akiko : 19:16 | コメント (0) | トラックバック