« 2003年10月 | メイン | 2003年12月 »

2003年11月24日

不景気です

もうすぐクリスマスですね。クリスマスマルクトもそろそろ始まりそうです。今年もまたグリューワインの季節です。美味しいんですが、湯気のためにアルコールが直接目にくるので、慣れないうちはちょっと飲みにくいです。

アパートの近くにあったスーパーが閉店しました。私がドイツに来てから、ザールブリュッケンで閉店したスーパーは私が知る限りでも2軒めです。ドイツの経済状況はなかなか深刻です。

ドイツの失業率はここ10年ほどずっと10%前後であり、さらにユーロ導入後はユーロ高のために輸出が振るわない状態です。世界有数の工業国(ルール工業地帯、とか中学校で習いますね)にとって、これはかなり大きな打撃です。失業率10%というのもドイツ全土の平均であって、旧東ドイツ圏にいたっては軒並み20%という状態です。

にもかかわらず、なんだか人はのんびりしています。所得の半分以上を税金として納めている人が珍しくない高税率に裏打ちされた社会福祉が整っている安心感からなのですが、「それもいつまで続くかな。どんどん高齢化が進んでるし、自分たちは年金もらえるとはあんまり思ってない」と私と同年代の友達は言います。こういうのは日本だけじゃないんですね。

景気が悪くて失業率が高いとドイツ人は言うんですが、アメリカ人・カナダ人・日本人等の目から見ると「自らビジネスチャンスを捨ててるんだから当然の結果!」というふうに見えます。たとえ観光地であろうと日曜・祝日は店という店が閉まる、とか。平日も昼休みが2時間ある(いつ働いてるんだ?)とか。こういうふうなので、過労死なんて言葉とは無縁で人がのんびりしているわけです。

働きすぎないためにのんびりしているけれど何かと不便な社会と、働きすぎでややぎすぎすしていても便利な社会と、どちらがいいのか私にはわかりません。というか、比べられないような気がしています。

まったく話は変わる上に今週の話でもないんですが、ようやくボーリングフォーコロンバインを見ました。マリリンマンソンが一番常識人に見えるという不思議なドキュメンタリーでした。

投稿者 akiko : 18:22 | コメント (0) | トラックバック

2003年11月18日

お茶買えました

先週の土曜日にトリアーへ行ってきたため、今週後半はアパートに食べ物がなくなってしまうという事態になりました。こういう時にタイミング悪く米までちょうどなくなったりするものです。

普段は土曜日にまとめて買い物しています。皆そうなので、土曜日だけはザールブリュッケンダウンタウンや郊外の大型スーパーマーケットの人口密度が跳ね上がります。一体どこからこんなに人がー。で、冷蔵庫の隅に卵が2つあるのを発見しましたが、一体いつから存在しているものだか思い出せないのでとても食べる勇気はありません。

そんなわけで金曜の夕方と土曜の午前中は買い物に行きました。米を買う時は重くて他の物を持てない(情けない・・・)ために、2回に分けて買い物に行くことになります。私がいつも食べているのは写真の米で、どうやらインド産のようです。日本の米ほど甘みはないものの、よく似ていて美味しいです。

今回買い物に行って、ドイツ語でお茶が買えました。しかも店の奥からいろいろ出してきてもらって量り売りというスタイルの店です。わーいわーい。ようやく犬レベルを脱した程度の拙いドイツ語に、にこにこと相手をしてくれたおばちゃんありがとう。慣れないのに自国語を頑張って話そうとしている外国人を見た時に親切になるタイプとあんた何しゃべってんの?となるタイプとあるけどたいていのドイツ人は前者だから心配ないよ、とドイツに来る前に言われていたんですが、それはたしかにそうかもしれないと最近思います。

日本人もこのタイプですね。両者に共通しているのは自分の言語に高い誇りを持っていること(これはどこも同じですが)→自国語が世界一洗練されていると思う→それゆえに外国人に容易に習得できるわけがない→でもそんな難しいことにあえて挑戦しようとするなんてすごい→親切、という思考回路のようです。

投稿者 akiko : 07:03 | コメント (0) | トラックバック

2003年11月10日

再びトリアーへ

週末は、ドイツに来ている先輩とその同僚の方をトリアー(Trier)に案内してきました。写真はトリアーで貰ってきたパンフレットです。私は案内も何も、さんざんモーゼルワイン(※)飲んで好き勝手にしゃべっていただけのような気もしますが。久しぶりに日本語を何時間も喋り続けて楽しかったです。先輩の同僚の方に「会津大の卒業生っていうのはお前らみたいな奴ばっかりなのかー」とか言われたような気もしますが、きっと気のせいです。

今週はThe Matrix Revolutionsを観に行ってきました。ドイツ語吹き替え版です。というか、ザールブリュッケンには吹き替えしかないのです(※※)。ようやくbe動詞を覚えたばかりの私が理解できる台詞はもちろん全体の5%くらいなわけですが、それでもなんとかなるという観客に優しい映画で良かったです。つくづく、ウォシャウスキー兄弟は日本のアニメが好きなんですね。

私のドイツ語は、亀のような歩みながら一応進んでいるようです。今は現在形動詞の活用をいろいろ覚えているところです。しかしあいかわらず、何故名詞に性別があるのか理解できない・・・これはドイツ語に限らず、英語以外のヨーロッパ系言語のほとんどは名詞に性別があります。

人に関する名詞に性別があっても不思議ではないのですが、何故椅子とか机とかヤカンとかに性別が必要なのでしょうか。ドイツ語で、ナイフ・フォーク・スプーンは全部性別が違います。それぞれ、中性・女性・男性名詞で、まとめてカトラリーと言う時は中性名詞・・・一体何のためにー!

そして、私のまわりのヨーロッパ人はコンピュータサイエンティストばかりなので、そういう質問をしても誰も答えてくれないのです。それどころか、「えっ?何故かなんて今まで考えたこともなかった」とか言われる始末です。いえ、私も日本語の文法に関して質問されてもまず答えられないと思うのでお互い様なんですが。

また、日曜未明に皆既月食がありました。トリアーからザールブリュッケンに戻った時にちょうど月食が始まっていました。今年は他にも、そう高緯度ではなくてもオーロラが見られるそうですね。もちろんドイツでも。日本も北海道で見られるとのことです。

※トリアーはモーゼル川(ライン川の支流のひとつで、コブレンツ(Koblenz)から分かれている)沿いにあり、このあたりは有数のワイン産地です。
※※電車で40分ほど行ったところに米空軍基地があり、その付近の映画館は英語で上映しています。

投稿者 akiko : 19:47 | コメント (0) | トラックバック

2003年11月03日

ケルンとデュッセルドルフ

10月26日未明に、今年の夏時間が終わりました。これからどんどん日が短く短ーく・・・現在、午後6時には真っ暗です。夏は本っ当にいいんですけどねー。また、私が金属に触れるたびに静電気が発生しています。もう冬ですね。

イスラム教徒の友達によると、27日から今年のラマダン(イスラム歴第9月)が始まったそうです。これから30日間、彼らは日中(日の出から日没まで)一切の飲食を断つわけです。食べないだけならまだしも水も飲めないというのはきつそうです。が、当の本人たちは、でもここは高緯度だから昼間が短くて楽なんだよねーと慣れたものです。

この週末は、出張でドイツに来ている会津大の先輩に会うためにケルンとデュッセルドルフに行ってきました。土曜日に行ったんですが、万聖節で休日だったために店という店が閉まっていましたけど。ケルンでケルシュビアを飲んで、デュッセルドルフでラーメンと餃子を食べてアルトビアを飲んで・・・飲んでばっかりだな。ま、ドイツですから。街ごとに違うビールが飲めるのがドイツの醍醐味ですよ。それにしても、一年ぶりのラーメンの美味しかったことといったら!先輩ごちそうさまでした。「うまいもん食わしてやるから出てこい!」と呼ばれたんですが、ほんとに美味しかったー。

お土産に海苔の佃煮も貰って、日曜日はさっそくこれでごはんを食べました。幸せー♪現在うちの冷蔵庫には、海苔の佃煮、イクラ、フェタチーズ(写真参照)、餃子が入っているという国籍不明ぶりです。つくづく日本人は、というかアジア人は食の幅が広いですね。中国人はクラゲ食べるって本当?とおびえながら私に聞いてきて、ああクラゲはうまいよとあっさり言われて泣きそうになっているそこのドイツ人!クラゲなんてまだいい方だと言ってももはや聞いちゃいません。

先日、賞味期限をやや過ぎたうなぎの蒲焼き(冷凍)を格安で買うことができて大変幸せだったのでそれをいろんな人に言って回っていたんですが、それに対して「ヘビ食べたの!?」なんて反応をするなそこのドイツ人!うなぎは爬虫類じゃなくて魚類だよと言ってもやっぱり聞いちゃいません。少しは隣のフランスを見習ってもうちょっとでいいから食に貪欲になって欲しいところです。ドイツの普通のスーパーで豆腐が買えるようになる(アメリカでは買えます)日はまだまだ先だなー。いや、そんな日が来るかどうかも疑わしいくらいですが。

投稿者 akiko : 20:47 | コメント (0) | トラックバック