« 2003年12月 | メイン | 2004年02月 »

2004年01月26日

ラストサムライ

年が明けてから、ようやくラストサムライがヨーロッパで公開されました。渡辺謙がゴールデングローブ賞候補とは素晴らしいですね。賞は逃しましたが、候補に挙がるだけでもすごいことです。

で、映画なんですが、真田広之めあてで観に行った私は大満足です。でも、もう少し彼の出る場面が多いともっと嬉しいですね。監督(エドワード・ズウィック:Edward Zwick)も身を切られるような思いでカットを選んだ(「毎日が『ソフィーの選択』(※)だった」とインタビューで語っています)そうですし、これはDVDに期待したいところです。完全版とか出ないかなー。

観に行った映画館の「ご自由にお取りください」コーナーにポスターがあったので貰ってきました(写真参照)。ふふふふふー真田広之は素敵ですねえ。これを眺めて部屋でにまにましている私は暗い?ふん、暗くて結構。しかもこのポスターが唯一そこに残っていたラストサムライポスターで、どうしてもトムクルーズや渡辺謙のような人気はなさそうですが、いいんです。おかげでポスターが手に入ったんだし。渡辺謙はこの映画で、タフでマッチョでストイックだなんて素敵!と人気だそうです。これを受けて、独眼竜政宗あたりのDVDが海外発売になるといいですね。

フィクションをちゃんとフィクションにするためにはディティールが丁寧に作り込まれていないとえてして妙な感じになるものですが、その点この映画は虚実織り交ぜるその織り交ぜ具合が実に絶妙です。しかもよりによって明治だなんて一番複雑な時代を選んでしっくりきてるんだから、監督はじめスタッフは「葉隠」はもちろん明治の書物(※※)も相当読んで勉強したんだなあ…と思ったら、監督は大学で日本史専攻だったんですね。それもハーヴァードで元駐日大使を含む教授陣に鍛えられたそうで、これはもう、相当勉強したどころの話ではないですね。そこらの日本人よりよっぽど日本の歴史と文化に精通していそうです。そりゃ映画の中で、鳥居の上に投げ上げられた縁起かつぎの石まで自然にセットに組み込めるわけです。

難を言えば、時間に制限があるためかところどころ説明不足に感じられる点があるのと、戦闘場面においてカメラが素早く切り替わるハリウッド特有のカメラワークになっているところでしょうか。せっかく綺麗な殺陣を演じられる役者が多いのに、あんなにカット割してしまってもったいないです。この2点もDVDに期待ということで。

反面、この監督は「間」のとり方が実に日本人的で秀逸でした。登場人物がぎゃあぎゃあうるさいタイプの映画にだんだんうんざりしていたところなので、静と動をうまく使い分けたこの映画は落ち着いて観られます。あと、着衣がどんどん増えていくラブシーン!他のハリウッド映画にはない新鮮さです。

正直なところ、最初に左前の着物を着た小雪のポスター(フィルムの裏焼きだったとか)を見た時はほんとにこの映画大丈夫なのかと思ったものですが、そんな心配は無用でした。もちろん日本人の目には妙に映るところはあります(富士山はチョモランマ並の高さなのか?とか)が、外国人向けに日本を演出するために必要な範囲という程度におさえられているので特に目くじら立てることもないと思います。おすすめです。音楽担当のHans Zimmerがとてもいい仕事してますよ。


※Sophe's Choice:メリルストリープ主演の映画で、ホロコースト(ナチによるユダヤ人虐殺)をくぐり抜けた女性が当時を思い出すというストーリー。彼女が迫られた選択とは何か、そして彼女の決断は何か、どうぞ観てください。

※※明治時代には、ほぼ同時期に日本人が英語で書いた本3冊が世界的ベストセラーになっています。その3冊とは、

・"Bushido":新渡戸稲造「武士道」←5千円札のおじさん
・"Japan and Japanese"(後に"Representative Men of Japan"と改訂):内村鑑三「日本及日本人」(改訂後は「代表的日本人」)
・"The Book of Tea":岡倉覚三(天心)「茶の本」

いずれも著者とは別の人によって日本語訳がなされています。興味深いのは、この3人のうち2人(新渡戸・内村)が熱心なキリスト教徒(宗派は違う)であるという点です。これを頭に置いて読むと面白いですよ。内村鑑三にいたっては、

・"How I Become a Christian"(「余は如何にして基督信徒となりし乎」)

という本を書いています。また、岡倉天心は「茶の本」の前に

・"The Ideal of the East"(「東洋の理想」)
・"The Awakening of Japan"(「日本の目覚め」)

という2冊も出版しています。
他にも幕末や明治に日本を訪れた外国人による本が数多くあり、ズウィック監督はこのあたりも参考にしたと思われます。日本人になじみのある名前は、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)、アーネスト・サトウ、アーネスト・フェノロサあたりでしょうか。
明治の本は漢文体が多くて辛いという人は、三島由紀夫の

・「葉隠入門」
・「若きサムライのために」

あたりがとっかかりとして適しているように思います。ただ前者は著者の主観の占める割合がかなり高く、そこは賛否両論ありそうです。文体が古いという点では明治の本どころではない読みにくさですが、やはりオリジナルの

・「葉隠」(山本常朝)

にも目を通されることをおすすめします。

投稿者 akiko : 21:22 | コメント (0) | トラックバック

2004年01月19日

時計の読み方

同じアパートの先輩から阪神タイガース優勝記念牛丼をいただきました。わーい牛丼牛丼♪毎日日本のBSE関連ニュースをネットで見ていて牛丼とか牛タンとか食べたいなあと思っていた矢先のことなので、とても嬉しいです。BSEについては、日本政府はアメリカ相手に珍しく頑張っていますね。素晴らしい。

ちなみに、アメリカは全面的に日本からの牛肉の持ち込み・輸入は禁止しています。税関でスーツケースなどを開けられた時レトルトカレーの箱に肉の絵が書いてあったため没収、というのはよくある話です。でも今、アメリカでは神戸ビーフが大人気です。これはもちろん神戸牛が輸入されているわけではなく、アメリカ産の牛です。そして、神戸牛というのは神戸付近だけに生息する特別な種類の牛とかいうわけではなく、あのあたりの気候や水や草といった環境が作り出すものなのです。じゃあアメリカで大人気の神戸ビーフバーガーって何よ?と思うんですが、まああんまりアメリカ人の夢をぶち壊すのもアレだしコービーブライアン(LAレイカーズ)の立場もありますし。(笑)

お隣オーストリアにて小澤征爾さんの記念切手(1ユーロ切手)が発売となりました。彼は現在、ウィーン国立歌劇場(der Wiener Staatsoper)の音楽監督です。詳しくは、オーストリア郵便局のオンラインショップ英語版(こちら)にてどうぞ。

さて、今週は先週予告した通り、私のドイツ語進捗についてです。まずは時間の表し方、いえその前に数の数え方が問題です。日本語はこと数そのものに関しては簡潔にできていると痛感しました。そのかわり日本語には助数詞(量詞)というハードルがあるわけですが。余談ですが、私はつい先日まで羊羹の単位が「棹」だと知りませんでした。

ドイツ語の数はゼロから20までは英語と同じパターンです。が、どういうわけか21から先は一の位と十の位がひっくり返ります。たとえば、25は「5と20」(fuenfundzwantig)です。7528という数字は(5+70)*100 + (8+20)、もしくは「7千5百8と20」のように読みます。電話などで前者のような言い方をされる側は、数字をどうやって書き取っているんでしょうね。

こういうことをブツブツ言っていると、「じゃあドイツ語できるようになったら次はフランス語だねー」とよくからかわれます。フランス語の数の数え方はさらにわけがわからない構造になっているので。たとえば、フランス語で99は「4*20+10+9」(quatre-vingt dix neuf)と言うらしいです。わ、わからん!どうしてそれでフランス人は問題なく買い物ができるんでしょうか。不思議です。

というのを踏まえて、時間の言い方です。まず、日本語と同じように○時○分と単に数字を並べるだけの言い方があります。これはまだいいんです。問題は○時○分過ぎ、もしくは○時○分前という言い方です。これは英語にもあるので多少は慣れているとはいえ、ドイツ語は英語よりわかりにくくなっています。日本語でも○時半と言うように、英語とドイツ語も30分を1単位として扱えます(英語:half、ドイツ語:halb)。また、英語とドイツ語は15分も1単位として表現(英語:quarter、ドイツ語:Viertel)します。

が、英語でtwo halfといえば2時半なのですが、ドイツ語でhalb zweiといえば1時半を指します。zwei(2)と言われるのでつい反射的に2時半と思ってしまうんですけどね。一番「勘弁してくれ…」と思ったのは35分と25分の言い方です。1時35分は「2時の30分前の5分すぎ」、1時25分は「2時の30分前の5分前」なのです。ぎゃー!

これはもう、完全にアナログ時計ベースの表現方法ですね。デジタル時計使ってる人はこういう言い方がとっさに出てこないんじゃないの?と思うんですが、そういえばデジタル時計の人じたいあまりいないですね。

また、ドイツでは時間の24時間表記もよく使われるため、23時35分と言うためには「(3+20)時(5+30)分」と言わなければなりません。ぐあー!めんどくさー!ちなみに、アメリカにいた時ルームメイトあての電話を私がとってメッセージを書きとっておいたところ、その時間表記(20:00とか)を見て「もしかして軍隊か病院で働いてた?」と聞かれたことがあります。そういえばドイツには兵役があるので、24時間表記も日常生活に浸透しているのかもしれません。ドイツ語では「8pm」みたいな言い方はしないの?と聞いたところ、あっさり「しない」と言われました。どうしても必要なら「夜に」(in der Nacht)と強調するか、20時と言うんだとか。

また、ドイツ語には分離動詞(trennbare Verben)という種類の動詞があります。どんなものか今説明できる自信はありません。とりあえず、ドイツ語にはそういう面倒くさい動詞が存在するとだけお伝えしておきます。

最後になりましたが、イラクに派遣された自衛官にも、また日本にも何事もなく無事に済んで欲しいと切に願います。

投稿者 akiko : 18:35 | コメント (0) | トラックバック

2004年01月13日

誕生日でした

今日(日本はもう過ぎてますが。12日)は私の誕生日でした。だんだんめでたいのかめでたくないのか微妙な年齢に突入してきたとかいう意見もありますが。まあたしかに、こんなにいろいろ駆使しなければ肌が保湿ひとつできないというのは事実です(写真参照)。膝の湿疹はとりあえずおさまりました。よかったー。

そんなわけで、今日はお菓子を持って研究所を回り、お菓子を配る代わりに祝福を強要するという逆ハロウィン、いえただの迷惑な人になっていました。皆さんお忙しいのにどうもありがとう。

ところで、アメリカがすべての査証つき外国人に対して指紋と顔写真の登録(US-VISIT)を始めましたね(CNN.co.jpの記事)。この記事にもありますが、ブラジルには「ブラジル人が外国に入国する際に適用される措置は、その国の国民がブラジルに入国する際にも適用する」という法律があるそうです。現在、ブラジル人はいかなる理由・いかなる滞在期間であれアメリカに入国するためにはビザが必要です。よって、現在、ブラジルに入国するアメリカ人は指紋と顔写真の登録が必要とされます。アメリカ人からは避難轟々だそうですが、ブラジルの入国管理局は「文句はホワイトハウスに言ってくださいねー」と涼しい顔でまったく取り合わないのだとか。以上、ブラジル人の友達より。

ちなみに日本人は、3ヵ月以内の滞在であればビザが必要ないので、US-VISITの対象にはなりません。念のため。詳細は外務省のサイトにあります。

アメリカといえば、こういう記事もありました。「肥満度」最高の街はデトロイト。この記事の最後に「最高の「スリム度」を誇ったのはホノルルだった」とありますが、それはスリム度ではなくマッチョ度の間違いでは…ハワイアンの若い男の子は皆異様にムキムキです。やはり年間通じて肌の露出の多い気候だからでしょうか。

年が明けて、ドイツ語の授業も再開されました。年末は名詞を性別つきで覚えることに苦労していましたが、今は時計の読み方と分離動詞に四苦八苦しているところです。これについては来週にでも。

投稿者 akiko : 05:55 | コメント (0) | トラックバック

2004年01月05日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。皆様いかがおすごしでしょうか。私は新年早々にきびに悩まされています。思春期のにきびは皮脂の過剰分泌からだそうですが、大人のにきびは乾燥が原因だそうで。とほほ。にきびの位置が位置なだけに、これがほくろならマリリンモンローなんですが、なんせにきびなのでかっこ悪い上に痛いだけです。早く治れー。

そしてザールブリュッケンは新年早々雪が降っています。さーむーいーー。会津にいたくせに凍結した道を歩くのが苦手な私は雪が降ると大変困るのですが、ほとんどの道はすぐに融雪剤が撒かれるので安心です。このあたりは、さすがに税率の高い国だけあって公共サービスがしっかりしています。

さて、クリスマスから新年にかけてアパートにひきこもって論文を書いたり資料を読んだりして部屋の外に出るといえばごみ捨てと洗濯くらいという生活だった私は、世の中のことがよくわからないんですが・・・とりあえず、年越しは覚悟していた通りに花火が賑やかでした。アメリカの独立記念日の花火もそうなんですが、ドイツの花火もなんだか情緒がないです。去年の年越しはいきなり戦争でも始まったのかと思ったほどの情緒のなさです。これは何故でしょうね。花火は日本の夏に限ります。ポイントは湿度でしょうか。

それにしても寒いです。でも建物の中は暖かいので助かります。問題は外です。ニットキャップをかぶってマフラーをまいて外に出るのですが、キャップから耳が少し出てやはり寒い・・・もしや頭がでかい?農家や漁師のおじちゃんが冬に使う目だけ開いていて顔全体を覆うアレ(わかります?)が欲しいところです。

投稿者 akiko : 20:30 | コメント (0) | トラックバック