« 2004年04月 | メイン | 2004年06月 »

2004年05月31日

マイケルムーア

月曜日が休みで三連休なので、土曜日に本屋に行って連休に引き篭もるための本を買ってきました。

Michael Moore, "Stupid White Men" (マイケル・ムーア, アホでマヌケなアメリカ白人)
John Irving, "A Prayer for Owen Meany" (ジョン・アーヴィング, オウエンのために祈りを)

入手元は、ザールブリュッケンダウンタウンにある本屋です。小さな棚2つぶんしかない英語の本なのですが、その割には他にも面白そうな本がいろいろあってなかなか品揃えの良い本屋です。

しかし、いつも思うんですがペーパーバックって何故この紙質にこの印字の質(どちらも新聞よりややまし、という程度)でこの値段(日本の文庫本より高い)なんでしょうか。日本もどんどん本が高くなってるなーと思っていましたが、これに比べればコストパフォーマンスは最高です。むしろ、この値段設定で利潤は出るのか?と心配になります。ハードカバーの装丁も凝った綺麗なものが多いし。

まずはムーアからです。アマゾンジャパンのレビューを見ると日本語訳の評判がいまいちですが、原書は口語体の平易な英語で読みやすいです。しかし、いかんせん英語なので、主語動詞主語動詞主語動詞・・・延々とこの繰り返しでできている文章は単調で眠く・・・なりませんか?ムーアに限らず。そんな根性なしは私だけかなー。論文などではその単調さと明確さが英語の長所になるし、それなりに集中して読み始めるので滅多に眠くはならないんですが、ぼーっと読むにはやや辛いです。

とはいえ、どんなに単調だろうが人称代名詞の種類のなさにうんざりしようが、読めるなら原書を読むに越したことはないですね。翻訳というのは良くできたとしても錦を裏から見るようなものだ、と言いますし。大半は錦なんてレベルではなく、内容ではなく各文に忠実であろうとするあまりに破綻してしまっていて読んでもさっぱりわからない(理解力が足りないのか?)ものですし。

即興詩人(アンデルセン作・森鴎外訳)や風と共に去りぬ(ミッチェル作・大久保康雄、竹内道之助訳)などは素晴らしいと思いますが、滅多にあるわけじゃないですね。古めの翻訳物はかなり大胆なものも多く、これはこれで賛否両論あります。映画カサブランカの名せりふ「君の瞳に乾杯」は"Here's looking at you, kid"です。このくらい思い切った翻訳の方が私は好きですねー。

話がずれました。ムーアですね、ムーア。当時は色々な情報が錯綜していてわかりにくかった2000年大統領選挙のこと(特にフロリダと海外の不在者投票関連)がわかりやすく書かれていて面白いです。ブッシュ現大統領については、アフリカを国だと思っているだのアル中で失読症で脱走兵の駄々っ子だのと言いたい放題です。教育の現場の崩壊については日本も同じですね。これはアメリカと日本に限ったことではないようですけれども。

ボウリングフォーコロンバインを観た時に主張はもっともだと思いつつも何か座りの悪い感じがしていたんですが、今回それが何だったのかなんとなくわかりました。それは、彼の主張のそこかしこに見え隠れする「弱者=善、強者=悪」という二元的な部分です。それは真ではないと思うのですが、いかがでしょう。本人の真意はよくわかりません。わざとそのようにして書いた扇動的な本にも見えますし。

アメリカ人は自虐的な笑いというのをやらないのかと思っていたんですが、そんなことはないんですね。この本は、アメリカ人で白人で男性という、黙ってりゃそこそこ恵まれた立場にある筆者が書いたという点に意味があるんですねー。

最後にひとつ。男なしでも生きていく方法のひとつは「脚立を買う」だそうです("The End of Men"の章)。いやーごもっとも。

投稿者 akiko : 21:59 | コメント (0) | トラックバック

2004年05月24日

ドイツ大統領選挙終了

「座ってしなさい!」としかるトイレ、ドイツで好評(CNN.co.jp)

これはこれで良いアイディアだとは思いますが、これを開発する暇があったらさっさと暖房&洗浄器つきのトイレを一般的にしてほしいものです。アメリカでもそうだったんですが、ドイツでも、トイレの蓋にはカバーをかけ足元には揃いのマットを敷くのに便座だけはそのままです。便座カバーというものをここしばらく見ていません。

ちなみに、日本に行ったことのあるヨーロッパ人に日本どうだった?と聞くと、かなり高い確率で「トイレがハイテク!」という感想が返ってきます。感動してばっかりじゃなくて早いところヨーロッパにも普及させてくれー。せっかくドイツはヨーロッパ随一の工業国なわけですし。

そういえばEU加盟国の工業製品をmade in EUで統一しようという意見があるそうで、これに強く反対しているのがドイツだそうです。made in Germanyに誇りを持っているドイツ人としてはどうしても許せないようで、まあその気持ちはよくわかります。

さて、私がトイレについていろいろ考えている間に、ドイツでは大統領選挙が終わりました。

独大統領にケーラー氏 野党統一候補として与党候補破る(朝日新聞)

もちろん選挙権のない私は、実は選挙があったことすら知らなかったんですが。というか、ドイツの行政システムをそもそもよくわかっていません。野党の候補が当選ということは単純に考えていろいろと変わりそうですが、何がどうなるのかまるで知らない…。他にもデンマークとスペインの皇太子がそれぞれ結婚したり、フランスではシャルル・ドゴール空港でロビー崩落事故があったりカンヌ映画祭にモナコのF1と、ヨーロッパはいろいろです。

EUはどんどん国境が事実上存在しないものとなっているわけですが、これから各国の王室はどうなっていくんでしょうね。日本人と皇室の関係からすると信じられないくらいオープンなヨーロッパの王室です。皇太子妃に離婚歴がある(スペイン)なんて日本だったらいろいろ言われそうだし、王位継承順位第2位の王子が継承権を放棄して結婚(オランダ)なんてまず無理でしょうし。どっちが良いとか悪いとかは思いませんけどね。ヨーロッパの開かれた王室(いささか開きすぎの部分もありますが)も、浮世離れした日本の皇室も私は好きです。

いろんな王室を抱えるヨーロッパでは、世界で最も古い王家である日本の皇室ニュースはよく取り上げられているようです。なので、日本のプリンセス(皇太子妃)の容体はどうなんだとたまに聞かれますが、なんせ日本はそういう情報が限られているわけでして…ヨーロッパのように王室パパラッチなんて存在しませんし。かなりお疲れだと思うけど正直なところよくわからん、としか言えません。

私事としては、論文を製本して審査員に提出してきました。写真は論文の表紙です。いやー長かった。後は評価を待つだけですが、これがまた長くかかりそうなんですよね。論文は無駄に長いし。提出した後にしょうもない英文法の間違いをいくつも見つけたりしましたが、さすがに今から取り返しに行くわけにもいかず…うーんどうしましょ。

投稿者 akiko : 22:39 | コメント (0) | トラックバック

2004年05月18日

メトロポリス

1927年公開のドイツ映画、メトロポリス(監督:フリッツ・ラング)を観ました。SF映画の古典的名作で、チャップリンのモダンタイムス(1936年)より10年早い作品です。オリジナルは3時間あったのですが、製作会社がこの映画のコストを回収できずに倒産し、フィルムを買い取ったパラマウントが2時間30分版をオリジナルとして売り出した時に3時間版を破棄したためにオリジナルコピーは現存していません。

白黒の無声映画で、BGMは後からかぶせたものだと思われます。舞台は製作当時から数えて100年後、つまり2026年です。今から思えばそんなに未来でもありませんね。街の支配者の息子はある日、労働者の娘マリアと恋に落ち、それまで知らなかった労働者たちの実態を目のあたりにして愕然とします。彼の父はマリアを幽閉し科学者に彼女そっくりの人造人間を作らせて二人の仲を裂こうとするが…というお話です。ストーリーの最後の方は初めの問題提起に比べてかなり安易な気がしますが、この映画の何が素晴らしいって、メトロポリスの描写がすごいです。あと、人造人間の美しいこと!マリアと人造人間の2役を演じたブリギッテ・ヘルムの演技も見所です。

この映画より少し前に、ヨーロッパ芸術界をアールヌーヴォーが席巻します。アールヌーヴォーは多分にジャポニズムと呼ばれる日本美術に影響を受けており、その流行はこの映画の製作時も衰えていなかったようで、提灯が小道具に使われていたり享楽の街の名が吉原だったりして面白いです。

政治的にもちょうどドイツは激動の真っ只中にある時代です。この頃のドイツは第一次世界大戦に負けたばかりで、この映画の観客の一人は当時まだただの人だったヒトラーです。メトロポリスにいたく感激したヒトラーは、政権取得後、ラング監督(ユダヤ人)に特別待遇を条件にナチ礼賛映画の製作を依頼します。監督は結局アメリカに亡命しますが、メトロポリスの脚本を手掛けた彼の妻は離婚してドイツに残り、メトロポリスに出演した別の俳優と共にナチ党員として宣伝映画を作り続けることになります。

誤解を恐れずに言えば、ヒトラーが感動したのはメトロポリスの技術もさることながら、全編を通して描かれるヒューマニズムにあったのではないかと思われます。当時のドイツは敗戦からくる閉塞感にあえいでおり、ナチはちょうどこの映画の労働者のように弱い立場にあったドイツの人々を守ろうとする義憤を活力としたものだったからです。実際、ヒトラーは労働を何より尊く美しいとして推奨しました。それが行きすぎた民族主義となりついにはホロコーストを引き起こしたところまでは肯定しませんが、狂気の独裁政権と言われるものの当時は数多くの信奉者がいた(今もいますが)わけで、それには必ず何か理由があるはずなのです。

…話がだいぶずれました。当時の社会状況なども絡めて映画を観た後にいろんな話ができるのが、古典の楽しいところです。

私事としては、論文を出してやや身軽になったところです。指導教官にも「書きすぎー」と笑われるほど、ちょっと書きすぎました。もう自分で自分の論文を読み返すのも面倒くさいくらいです。審査員の先生方、御迷惑をおかけします。

投稿者 akiko : 00:45 | コメント (0) | トラックバック

2004年05月11日

ベルギー

週末に友達とベルギーへ遊びに行ってきました。総勢10人で、仲間割れもせずに帰ってこられて良かったです。修学旅行めんどくさいとか言っていたほど団体行動の苦手なあんたが一番の問題児だろうと言われそうですが。

ベルギーでは一日目にブリュッセル、二日目にブルージュオステンドを回りました。日本人はベルギーに行ったらアントワープでフランダースの犬だろ!という感じもしますが、まあそれは次の機会に。パトラッシュ効果か、ベルギーはかなり日本人観光客が多いらしくベルギー観光局のサイトがいろいろと親切です。

ベルギーにはその歴史から、独自の言語というものがありません。地域によってフランス語、フラマン語(オランダ語)、ドイツ語が話されています。ヨーロッパの中で比較的弱い立場にあった国で、ずっと他国の占領を受けるばかりだったためです。

ブリュッセルの主要言語はフランス語とフラマン語ですが、他の西ヨーロッパの都市と同じく英語で何の問題もありません。オランダ語とドイツ語はかなり似ているので、ゆっくり喋ればドイツ語も通じるようです。まあ英語しかできなくても、簡単な挨拶くらいはフランス語でできる方がいいと思いますけど。そして、さすがフランス語圏だけあって、食べ物の種類が多くてしかも美味しい!エスカルゴを食べ兎を食べ牛タンシチューを食べ…ああ幸せ♪私、かたつむりは触るどころかそのへんを這っているのを見るのも嫌なんですけどね。さざえを生で内蔵まで食べられるのにエスカルゴを食べられないはずはない!と食べてみたら美味しいじゃないですか。

世界3大がっかりのひとつ、ブリュッセルの小便小僧も見て来ました。なんといいますか、カメラマンってすごいんだなあと思いました。他の2つ(コペンハーゲンの人魚の像、シンガポールのマーライオン、時々シドニーのオペラハウスも入る)もこの調子なのでしょうか。どのくらいがっかりかは、実際に皆さんがご自分でがっかりしていただくことにして、ここでは説明を控えます。

ベルギーといえばチョコレートとワッフルですね。ブリュッセル発の3大チョコレート会社といえばゴディバ、ノイハウス、レオニダスです。が、これ以外の街の小さなチョコレート屋もとても美味しいです。私がブリュッセルでワッフルを買った店は看板に"Probably the best since 19xx"(正確な年は忘れました)とあって面白かったです。

土曜日のブリュッセルは、メインストリートでパレードをやっていました。白塗りで真っ黒い唇(暗黒舞踏ですか?とつい聞きそうになりました)、さらに狼の皮を被って婚礼衣装でぞろぞろ歩いている人たちにまずぶつかって度肝を抜かれました(写真参照)。夜じゃなくて良かったです。他にもハロウィン的な装いの集団が続き、ブリュッセル市民らしい人に聞いてみると、年に一度行われるパレードで、ブリュッセルとその周辺の化け物を模したものであり、彼らはプロの劇団員なのだそうです。

ブルージュは運河が街を縫っているとても美しい街で、たまたまロダン展をやっていました。「考える人」の像って、あんなに大きいんですね。ロダンの隣では、ベルギーとオランダ出身のアーティストによる展示即売会をやっていました。これ素敵!と思ってよく見ると、軽く3万ユーロを超えていたりします。が、いろいろと考えるとそれでも安いような気もします。存命中にちゃんと評価された芸術家ってそう多くはないんですよね。レンブラントなんて破産してますし。

ブルージュのノートルダム寺院にはファン・アイクの絵とミケランジェロの彫刻があります。イタリア外にある数少ないミケランジェロ作品のひとつだそうで、教会の名そのままの聖母子像です。この彫刻の美しさを、私は文章で表現することはできません。宗教は時に奇跡のような芸術を生むんですよね。このマリア像の美しさと双璧をなすのは広隆寺(京都)の弥勒菩薩半跏思惟像か中宮寺(奈良)の菩薩半跏思惟像(※)、と言えば少しはわかりやすいでしょうか。

私の友達はカトリックの洗礼を受けている人が多く、一緒に教会に行くと彼らが洗礼用の水をとってひざまずいて十字を切る横で私はぽけーっと天井画を眺めていたりします。なんだか間抜けではありますが、何かできることがあるわけでもありません。まさか念仏を唱えるわけにもいきませんしね。

運河を巡るボートツアー(30分)にも参加しました。ボートを運転するおじさんは船を操りながらフランス語・英語・ドイツ語で説明していて忙しそうでした。

また、ブルージュでは300種類のベルギービールを揃えているというパブに行きました。ビールも300種類なら、グラスも醸造所の数だけあります。複数のビールを出している醸造所もあるので、グラスの数は300種類ではありませんが。1年ブルージュに住めば全部ためしてみることも可能かもしれませんが、旅行者は選ぶのに一苦労しますね。


※中宮寺は法隆寺の隣にある尼寺。半跏思惟像のためか弥勒菩薩と紹介されることが多いが、中宮寺では如意輪観音として伝わっている。まあ役割は違えどどっちも菩薩なので、菩薩像ということでいいのではないかと。

投稿者 akiko : 08:11 | コメント (0) | トラックバック

2004年05月04日

ナンシーに行ってきました。

ヨーロッパでは、この5月から10ヶ国が新たにEUに加盟しました。新加盟国は

エストニア、ラトヴィア、リトアニア、ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリー、スロヴェニア、キプロス、マルタ

です。どの国がどこにあるかわかりますか?私は…うーん、正直なところ自信がありません。特にバルト三国の位置関係があやしいです。この他にブルガリアとルーマニアが、加盟交渉が順調に進めば2007年に加盟の見込みがあるとされています。

とっくに加盟していても良さそうなトルコは、実はまだ加盟交渉すら始まっていません。加盟のための政治的基準を満たせば2004年12月以降加盟交渉開始だそうです。トルコ国内の人権問題が問題となっているようですが、有色人種国家であるトルコをEUに加盟させないための方便だという声もあります。EU加盟基準やその他いろんな情報については、駐日欧州委員会のサイトに詳しく載っています。

ちなみに、欧州統合理念の父と言われるリヒャルト・クーデンホーフ氏(EU、ECの前身であるEEC設立に尽力)の御母堂は日本人で、クーデンホーフ光子さんという方です。明治時代に国際結婚、しかも結婚相手はハプスブルグ家ってすごいです。ゲランの高名な香水ミツコは彼女の名前、および彼女をモデルにしたクロード・ファーレルの小説「ラ・バタイユ」から取られています。

そんなヨーロッパですが、

「ありがとう」と感謝――ベルリンに「しゃべるゴミ箱」

ドイツはあいかわらずです。いえ、CNN.co.jpがあいかわらずですね。記事によると、

「ありがとう」などの日本語のほか、英語、フランス語の3カ国語で話す。ドイツ語は発しない。

だそうです。英語とフランス語はまだしも、ベルリンってそんなに日本人観光客が多いんですね。

日曜日はフランス・ロレーヌ地方のナンシー(Nancy)に行ってきました。なんとナンシー観光局には日本語のサイトがあります。日本から行くにはあまりにも交通の便の悪いところなので、ちょっとびっくりしました。そして、ナンシーはアールヌーヴォー(art nouveau。ドイツ語ではJugendstil(ユーゲントシュティール))の中心地だったんですね。

さすがにアールヌーヴォーの中心だっただけあって、街のあちこちがいちいち派手です。そして何故かナンシー美術館(Musee des Beaux Arts de Nancy)にはイタリアンルネッサンス期の絵画が多く、さらにピカソまで置いてあり、ミュージアムショップにはボッティチェリや中国古美術の解説本が…もう、なんでもこいです。何がなんだかよくわかりません。

投稿者 akiko : 01:44 | コメント (0) | トラックバック