« 2005年03月 | メイン | 2005年05月 »

2005年04月26日

週末のデモ

花曇り、というには陰鬱すぎる空模様です。どうも天気が安定しなくて、一体何を着て外に出ればいいものやら困っています。でも日が長くなってきたのは嬉しいー。この写真を撮ったのは、午後8時半です。

新しいローマ法王がドイツ人に決まりましたね。先代のポーランド人法王に続き、またイタリア外からの選出です。これでドイツのカトリック教会は盛り上がってる…かな?すみません、なんせ研究所にひきこもっているのでさっぱりわかりません。

むしろ、今週末にデュッセルドルフであった在独中国人による対日本領事館デモの方が気がかりでした。事前に領事館から在留邦人向けに通達が出ており、結局は何事もなく過ぎたようで安心しました。デモはやりたければ勝手にやればいいんですが、なんでわざわざドイツでやるかね…まったく関係ない国の政府と国民をそれなりに巻き込んで迷惑かけるのが適当な手段だとは、あまり思えないのです。ものすごい皮肉ですが、これがチベット人やウイグル人だったら、地元でデモをしても握りつぶされるから外でアピールする意味もありますね。

教育の力は絶大だとつくづく思いました。中国の教育の偏りぶりや情報統制のすさまじさはここで説明するまでもありませんが、国を出てみてそういうことに気がつく中国人はわりといます。こういう人たちとは忌憚なくつっこんだ話ができるんですが、残念ながらそういう人ばかりではないというのは週末のデモにある通りです。

別に日本に非がないなんて言うつもりではないのです。が、いくらなんでも中国政府のプロパガンダは度が過ぎています。「文化大革命の実情も天安門事件も国を出るまで全然知らなかった。まず教えられないし、インターネットにアクセスできてもそういうサイトの閲覧はできない。国を出てからようやく客観視できる機会と環境ができた」とは、私の友人(中国人)の弁です。

と、よその国とよその人のことばかり書いているようですが、これはそのまま私にもあてはまるのです。日本の自虐プロパガンダも相当なもの(しかも巧妙)で、実は日本人が一番日本のことを知らないんじゃないかと思います。ヨーロッパに来てからは特に。自国民が外国で恥をかくような教育をして何が楽しいんだか。

それにしても、小泉首相は外交上手ですね。ここのところ、EUではフランスとドイツの中国向け武器輸出解除案がトップ懸念事項になっています。今回の小泉首相の演説の後で武器輸出などすれば非難を浴びるのは目に見えています。ただでさえこの2国は、アメリカのイラク戦争を先頭切って非難した国ですし。アジアアフリカ会議という大舞台でEUまで遠回しに牽制するとは、首相は最高の役者ですね。「微笑みながら懐の刀で相手の隙をすかさず突く鉄の微笑」とは海外メディアの町村外相に関する評ですが、懐刀の存在すら最後の最後までにおわせない小泉首相はそれ以上です。

そんな首相が国内政治では突然妙なことになるのはなぜでしょうか。担当のブレーンの差でしょうか。実は外交担当にはライス国務長官並みの切れ者がついているとか。彼女は本当にすごいですよね。日本では出る杭は打たれると言いますが、アメリカは多分それ以上です。いえ、私は出る杭になったことがないんでわかりませんが、コンドリーザ・ライスという天才(←どういうレベルの天才かは、彼女の履歴を調べてみてください)をして「人の何倍も努力する必要があった」と言わしめるほどですから。

投稿者 akiko : 06:19 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月18日

授業料全額助成発表(北大)

グーグルマップス(ベータ版)すごいですねえ。右上のMap - Sateliiteで地図と衛星写真の切り替えができますが、この衛星写真、画像の継ぎ目はないし雲はない(場所によってはちょこっとあります)し、精度高いですね。フリーのサービスでこの高精度ですから、ペンタゴンあたりが所有しているデータベースは推して知るべしという感じです。ちなみに、私が住んでいた家もしっかり写っています(画像右下の赤い点)。まあそんな豪邸じゃないんで、まったく目立ちませんが。

さて、日本の国立大学独立法人化で、少しずついろんな取り組みが打ち出されています。そんな中、北海道大学が工学研究科と情報科学研究科の博士課程1・2年次の授業料を全額助成すると発表しました(産経新聞の記事)。

こういうシステムがこれから増えてくるといいですね。特に工学系は他の学部に比べて予算の都合もしやすいので、まずはそのあたりから。アメリカは大学院生が学費免除を受けて働きながら勉強できる環境が整っていますが、それはやはり予算がとりやすい理系、特に工学系の話です。中でもコンピュータサイエンスはやっぱりどこの大学でもたいてい一番お金持ちです。

人文系だとなかなかそう簡単にはいかないと、人文系学部に所属していた友達が言っていましたね。ついでに、あんたたちはしょっちゅう新しいコンピュータ買ったり新しい建物建てたり、このブルジョアが!とやつあたりされましたが、私に言われても困ります。どんなに学部がお金持ちでも、学生は貧乏なんだからさー。

まあとにかく、日本で博士課程に進学しようと思ったら卒業時には大借金を背負う覚悟、さらにそれだけ借金を背負って時間をかけても職がないかもしれない覚悟が必要な現状が多少なりとも改善されそうなのは良いことです。ただでさえ博士号持ちの無職はごろごろしているのに、これ以上増やしてどうするという声もありましょうが、それでもやっぱり門戸は狭いより広い方が良いと思うのです。

投稿者 akiko : 22:42 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月12日

ストライキでした

今朝、いつものようにバスに乗って大学に行ったら、キャンパスがストライキで車両通行止めになっていました。こういう時に限ってかかとの高いサンダルなど履いているものです。キャンパスの手前のバス停で降ろされてしまい、しょうがないので1キロ強の道のりをよたよたしながら歩いて研究所へ行きました。たまたま同じバスに乗り合わせた友達は、道すがらずっと足が痛いだのこういうのは事前に通達しとけだの既にたくさん休みあるんだからこれ以上休みたいとか言うなよヨーロッパ人だのとブツブツ聞かされて、朝から大変お気の毒です。

で、キャンパスに着いてよく見てみたら、あちこちにちゃんと掲示がありました。単に私が見ていなかっただけですね。でもまわりのドイツ人も知らなかったようなので、結局誰も見ていなかったのかも。今回のストライキは、大学の先生方を含む公務員のストライキだったもようです。公務員にストライキの権利が認められているというのがちょっと驚きです。大学職員のストだからいいようなものの、まさか警察や消防がスト起こしたりしませんよね。

私はドイツの他の街を知りませんが、他の州出身のドイツ人は、ここはストライキが多いねえと言っています。フランスに近いから(←フランスは本当にストライキが多い)じゃないのーと適当なことを言ってみたら、おおなるほど!となんだか納得されてしまいました。多分それ違うと思うよ。

指導教官が、ああストライキね、そういえば僕もドイツ政府から給料もらってるんだからストライキに加わらないといけない…んだっけ??などと言っていたので、おかげで私は足がとても痛いですとぶつくさ言い…言っている途中で、そういえば私の給料も国から出てるんじゃなかったか?と思い出しました。結局、自分はどっち側にいるのかさっぱりわからないまま、そもそもストの要求内容も知らないまま、痛む足をさすっていたらいつのまにかストは終わったようです。明日はバスがいつも通りに動くはず!

ちょっと歩くはめになったくらいで丸一日ぶつぶつ言うような不健康な生活を普段しているので、気休めに水に溶かして飲むサプリメントなど摂っています。今家にあるのは、写真のマルチビタミンとカルシウムです。コップ一杯の水に溶かして飲むんですが、飲みやすくするためか甘いんですよね。栄養素も摂れるけれど、気をつけないと糖分の摂りすぎにもなりそうです。寒いからか、ただでさえドイツは甘い方にも塩辛いほうにもわりと極端な味付けが多いのに。

投稿者 akiko : 06:59 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月04日

ローマ法王逝去

ヨハネ・パウロ二世教皇が安らかにお眠りになりますように。

と、今でこそ殊勝なことを言っていますが、土曜日は友達の誕生会で大酔っ払いの最中に法皇逝去のニュースを友達から聞かされて一瞬何のことだかわからず、「ん?え?誰?」なんていう馬鹿丸出しの反応をしてあきれられました。飲むと頭の回転が鈍くなるんです。とほほ。

実はその後ダウンタウンで飲みなおそうという話になったんですが、まだ復活祭が終わったばかりだからかはたまた法皇逝去のためか、なんだか街が夜遊び自粛モードです。ようやく過ごしやすくなってきた春の宵なのに、外のテーブルは使えないと言われました。屋内はたいてい煙草の煙でもうもうとしているのでできれば外が有難いんですが、そういうことならば仕方ないです。

そういえば、たしかカリフォルニアには12時までだか2時までだかしかアルコールを販売してはいけないという法律があったなあ…と言っていたら、友達(ドイツ人)の一人が「まだいい方だよ。僕の街なんて、復活祭期間中はダンス禁止でクラブに行けない」とかなんとか言い出してびっくりしました。そんなー。が、本来ならば静に断食する期間なんですよね。いくら異教徒とはいえ、焼酎くらってちゃいかんような気がします。やるならこっそりやれと。こっそりやるぶんには文句を言われないだけでも十分もうけものです。火あぶりにされるような時代じゃなくてほんと良かった。

ヨハネ法皇の葬儀は8日で、次期法皇選出会議も追って開催されるもようです。で、この選出会議はイタリア語で「コンクラーベ」と言うそうで…だめだ、なんかツボです。箸が転がっても可笑しい年頃はとうに過ぎたはずなんですが。ナイジェリアのオバサンジョ大統領以来の面白さです。なんでだ。

会津もだいぶ春めいてきたようで、そろそろ恒例のバーチャル花見の時期ですね。ザールブリュッケンも、来週あたりにはあちこちで花が満開になりそうです。

投稿者 akiko : 23:40 | コメント (0) | トラックバック