« 2005年05月 | メイン | 2005年07月 »

2005年06月21日

イメージ

前にも書いたことがありますが、ドイツでは網戸が一般的ではありません。いえ、正直なところ、まったく見たことがありません。かといって、エアコンディショナーは一般家庭にないのが普通(電器屋でもそんなコーナー見かけたことないかも…)で、冬のために機密性の高い作りになっているため、閉め切っているとどうにかなりそうです。なので窓を開けることになりますが、私のアパートは窓の向こうが森でして、もう虫が、虫が…。

というわけで、蚊取り線香です。寝ている時に蚊が耳元を飛ぶ音ほど嫌なものはありませんからね。多少の嗜好の違いは誤差のうちだと思う私ですが、あの音が好きで好きでたまらないなんて人がいたら、さすがに変態だと思ってしまいそうです。そのくらい嫌です。逆に、蚊取り線香の香りは大好きです。蚊の羽音が好きでしかたない人からすれば、おそらく私は立派な変態でしょうけれど。

まあ、これでは蛾やカナブンに対応していませんが、そういうのは個別になんとかするということで。でも、さすがに蝙蝠が入ってきたらどうしましょう。一度実家に蝙蝠が迷い込んできたことがありますが、超音波で物を認識する野生動物の前に人間がいかに無力かを思い知っただけでした。

さて、先週のバカ世界地図から続く友人(ドイツ人)との会話です。

「(しみじみと)日本にも、こういうサイトのネタになるような人がいるんだねえ」
「そりゃ1億以上も人がいるんだからね」
「まあそうなんだけど。でも、どうしても日本人って皆しっかり高等教育を受けているイメージがあるんだよね」
「う”えええええええ?!」
「いや、そんなに驚かなくても。まあ僕らも外国人からやたらと『几帳面キャラ』を求められると困るから、気持ちはわかる」

なるほど。エスニックジョーク程度なら面白くて好きなんですが、そこを飛び越して「○○人はこうであるはず!」なんてのは困りますよね。ブラジル人が全員サンバを踊れるわけでもロシア人が全員コサックダンスを踊れるわけでもないし、紅茶よりコーヒーを愛するイギリス人もいるわけだし、イタリア男がすべて女好きなわけではない…かなあ?うーん。

ジョークのネタとして笑える範囲ならば別にかまわないんですよね。問題は、それを逸脱した時です。日本女性は従順で男によく仕えるんでしょ?なんて訳知り顔で言われると、腹の底から怒りが湧いてくるようなケースがそれですね。まあそういう場合は遠慮なくがしがし言い返すわけですが…すみません、日本人のイメージを骨も残らないほど打ち砕いているのは私です。私のまわりの人は、誰ひとり、日本人はマジメだとか愛想がいいとか波風立てないとか思ってないだろうなあ…変な冗談ばっかり言ってるし、そうかと思えば何かで頭がいっぱいの時はえらく凶悪な面相で人を寄せつけない(らしい。友人談)し。上記のようなことがあると、板垣退助の演説なみの勢い(見たことないけど)でくってかかるし。と、書いていて思ったんですが、これはどちらかといえばアメリカ人寄りですね。そりゃ「あんたって、時々ものすごーくアメリカ人」と友達に笑われるはずです。アメリカを離れてもうかなり経つんだけどなー。

投稿者 akiko : 06:23 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月14日

ワールドカップ出場決定

世間からずいぶん遅れていますが、ドイツ人にバカ世界地図を見せてみました(見せたのは英語版)。バカすぎる〜と一緒に笑うはずが、うっかり私のバカが露見してしまう結果に…

「ドイツは異様に南に広いけど、まあだいたいの位置は合ってるからましな方かな」
「だったら、ヨーロッパで一番正しい位置にあるのはイタリアだよ」
「どこが?!イタリア半島は反転なんかしてる(右の写真をよーく見てください)だろうが」
「えええっ!…気がつかなかった。今まで違和感なかったよ」
「お前もバカ」

さんざんです。私としてはバカ日本地図の「出島」の存在が面白くて仕方がないんですが、あいにくわかってくれそうな人がいません。オランダ人もポルトガル人もいないしなー。

さて、来年のサッカーワールドカップに、日本一番乗り!というわけで、皆様ドイツにおいでませー。あ、その前にもうすぐコンフェデレーションズカップがありますね。これもドイツで行われます。日本代表チームは、それで現在ハノーファー(ドイツ北部)にて試合前の調整中ですね。

ドイツは、ヨーロッパの中ではまだましとはいえ、それでもやはり日本ほどサッカー試合場がのんびりしているわけではありませんが。ヨーロッパにおけるサッカースタジアムの雰囲気は、日本でいえば競輪場や競艇場と言えばわかりやすいでしょうか。それでも、サッカーが原因で戦争が起きたり、オウンゴールをきめてしまった選手が撃たれたりといった中南米よりは、せいぜい窓ガラスが割られまくる程度のヨーロッパはまだいい…のか?私にはどっちもどっちに見えますが。何にせよ、日本の「女子供がひとりで観に行けるサッカー」は貴重だということです。

といったふうなのですが、だからといって特に日本人サポーターが警戒しなくてはならないかというと、そんなことはないように思います。むしろ、いつも通りにのびのびしていればいいのでは。前回のワールドカップでも、日本のサポーターのフェアさはあちこちで高い評価を受けていましたしね。

スペインあたりは近年「首しめ強盗」が多発しているようです(特にマドリーが危険だという話をよく聞きます)が、ドイツは治安上の問題もそうありません。皆さん安心してドイツへいらっしゃいませー。私がさんざんここで愚痴を言っているドイツ料理ですが、ちょっと旅行で来て食べるぶんには大丈夫です。一年も二年も続くといろいろと問題が出てくるだけです。あと、おそらくワールドカップのメイン会場となるミュンヘンのビールはとても美味しいですよ。ただし一杯一リットルと、何かの罰ゲームのような量ですけど。

試合会場はやや散らばっているようですが、ドイツは鉄道システムがしっかりしているので移動もしやすいと思います。電車は…まあヨーロッパの中ではもっとも正確だと言われます。が、日本なみの正確さは期待しない方がいいですね。長いプラットフォームのどこに電車が止まるのかさっぱりわからんとか、アナウンスなんて親切なものはないとか、「降りる人が先」なんてのは通用しないだとかありますが、負けずに頑張りましょう。

前にもここに書きましたが、電車の種類によってはバリアフリーなんて概念が完全に欠落しているものもあるので、荷物はできるだけ小さくまとめた方がいいです。大きなスーツケースをかかえてそういう電車にあたってしまうと難儀します。まあ女性の場合はまわりの親切な男性が手伝ってくれるかもしれません。私は手伝ってもらえないこともよくありますがね。友人数人いわく「実はそこらへんの男よりよっぽどたくましいってのがばれてんだよ」とは…うーん、口さえきかなきゃ華奢なやまとなでしこに見えるはずだが。くそー笑うなー。

大きなスーツケースで大変なのは、なにも電車だけではありません。何度もしつこいようですが、路上の犬フン問題は深刻です。街によっては無料の犬フン処理袋を配布しているようですが、誰も使わず結局は税金の無駄遣いに終わっているとか。

このように、いいところもそうでないところもあるわけですが、全体的に見てドイツはかなり旅行しやすい国だと思います。長所も短所もあるのはどこの国も同じですしね。

投稿者 akiko : 04:26 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月07日

炊飯用の土鍋を買いました

皆様お久しぶりです。私用のため、勝手ながらしばらくお休みをいただいておりました。

で、その間に炊飯用の土鍋(2合炊き)を手に入れました。電熱線型の調理台で使えるかどうか少し心配だったのですが、どうやら問題なく使えるようです。底が平らであれば大丈夫なのかも。最近は、IHヒーター対応の土鍋もあるようですね。

実は鍋を使って炊飯するようになったのはドイツに来てからで、それまでは日本でもアメリカでも炊飯器をずっと使っていました。そんなわけで、ドイツに来たばかりの頃、加減がまったくわからずに何度かえらい目に遭いました。

吹きこぼれて調理台が真っ白になったり、糊のようなごはんができたり、そうかと思えば古事記あたりに記述のありそうな原始的なごはんが炊き上がったり…今は米の量も水の量も目分量で炊けるくらいですが、いやーそこまでの長かったこと。

ドイツでも炊飯器を買えばいいじゃないかと言われそうですが、ひとり暮らしで一升炊きの炊飯器はかえって困ります。ええ、もう選択肢なさすぎ。だいいち、そんな大きなものを置くスペースなど、私のアパートについているミニキッチンにはありません。ただでさえ3次元テトリス状態だというのに。で、私は絶望的にテトリスが下手くそなのです。

私は、まず強火→沸騰したら弱火(電熱線なので「火」じゃないけど)で炊いていますが、もっと美味しくなる炊き方があったら是非教えてくださいな。電熱線調理器はかなりの余熱を持つので、先を見越して行動する必要が…夏休みの宿題などを計画的に終わらせられたためしのない私に、そんなことは無理というものです。ちょっと気を抜くと、自分でも信じられないような大失敗をいまだにします。学習能力ないかも。

投稿者 akiko : 04:35 | コメント (0) | トラックバック