« 2005年12月 | メイン | 2006年02月 »

2006年01月24日

ヨーロッパは寒波です。

ただいま、東ヨーロッパからロシアにかけて記録的寒波に見舞われています。ザールブリュッケンもそれなりに寒いです。といっても最低気温が−10度いくかどうかなので、死ぬほど寒いというわけではありません。

とにかく寒さに弱い私がまだなんとかなっているので、とりあえずは大丈夫そうです。というのも、寒いことは寒いんですが天気がとてもいいんですよ。日本で雪の降らない地域の冬はずっと晴れていますが、そんな感じの天気です。夜は星がとても綺麗ですしね。頭のつかえそうな曇り空がずっと続くくらいなら、多少寒くてもいいからこういう天気の方がありがたいです。

さて、すっかり普段通りの研究所ひきこもり生活に戻ってしまったわけですが…今週は新聞記事などで興味深いものをいくつか見つけました。

産婦人科から女性診療科などへ、名称の代案検討を要請

だそうです。記事によると、看板などに表示できる診療科名は政令で定められているんですね。病院名は○○レディースクリニックというものもかなり多くなっていますが、それでもやはり「産婦人科などには妊娠や性病のイメージがあり、体調不良の高校生の娘を連れて行くにも心理的な抵抗がある」(記事より抜粋)のはごく普通のことかと思います。

産科は必要にかられれば誰でも行くからいいとしても、こうやって婦人科への垣根が少しでも低くなることはとてもいいことですね。特に、上記のように何かと体調が安定しない十代の女子が行きやすくなるのはかなり重要だと思いますよ。そして大人の女性の皆さんもー。せめて周囲にやつあたりせずにすむ程度には、自分でなんとかしましょうね。(ってレベル低い話だな…)

また、こういう医療機関も発足したようです。

女性のための生涯医療センターViVi

まさに思春期から更年期後まで面倒をみてくれる医療機関のようです。うーん、なんで日本はこうきめこまかいサービスが次から次に出てくるんでしょうか。うらやまし。

ニュースといえば、

H2A打ち上げ成功、観測衛星「だいち」が軌道に

良かったですねー。ところで「はやぶさ」どうなったんだ…年末から発表がありませんが、うまくいっているといいんですが。「はやぶさ」プロジェクトについて、宇宙航空研究開発機構機関紙JAXA's(PDF)の巻頭特集がプロジェクトマネージャーの川口博士です。他にも、「はやぶさ」についてかなりのページを割いてあったり、今回打ち上げに成功したロケットの記事、向井千秋さんの記事などあってなかなか面白いです。


投稿者 akiko : 19:49 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月17日

ウィスキー旅行 追記

読み直してみて、多少書き漏らしたことがあったので追記を。え、別に日常に戻って書くネタがないからとかいうわけじゃないですよ。多分。多分ね。

・スペイ川
スコッチウィスキーにとっての母なる川と言っても過言ではないこの川。川底はピートのために黒ずんでいました。夏場は釣りを楽しむ人も多いらしいですが、なんせ時期が時期なので川面に氷が流れているばかりでした。すぐそこをキジが歩いていたりして、スペイサイドはなんとものどかなところです。あんなに人里近くにキジがいるなんて、スコットランド人はキジ食べないだなーと思って眺めていたら、キジに走って逃げられました。あれ、なんかばれた?

・スピリッツ
ポットスティルから出てきた蒸留されたてのウィスキーは無色透明です。これをスピリッツと呼ぶのですが、なんとボウモア蒸留所でこのスピリッツを味見させてもらえました。(なぜこんな重要なことを書き忘れるんだ自分…)

さて、味見させてもらえたのはいいんですが、一口含むとまるで鼻を殴られたような破壊力です。アルコール度数が90度を超えるスピリタスという酒がありますが、あれにそっくりですね。このとがりきったスピリッツが、樽の中で眠らされることによって琥珀色に変わり、味も少しずつ丸くなっていくというわけです。

私はボウモア30年を飲んだことがありますが、このスピリッツが30年を経て芸術品のようなウィスキーに変わるなんて感慨深いです。人間は30年くらいじゃこうまで熟成しないもんなー。ええ、なんせもうすぐ三十路ですから。

・ボウモアカスクコレクション
で、自分用のおみやげにボウモアショップで購入したカスクコレクションです。左から順に、DUSK(ボルドーワイン樽)、DARKEST(シェリー樽)、DAWN(ポルトワイン樽)です。

この他に、12年15年17年ボウモアがセットになったコレクションもありました。こちらはまあどこでも手に入るかなあと思ってカスクコレクションにしましたが、スタンダードなボウモアをお好みの方はこちらの方がいいかもしれません。


投稿者 akiko : 20:58 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月10日

スコットランド アイラ島編

前回に引き続き、スコッチウィスキー旅行後半、アイラ島編です。アイラ島へは、ブリテン島のケナクレイグからフェリーで2時間と少しです。アイラ島は空港もありますので、飛行機を使うという方法もあります。

さて、アイラ島は前述の通り、人口わずか3000人のど田舎というか過疎地というか、そういうところです。その過疎地に、世界中からウィスキーオタクが押しかけてきます。私がアイラ島に渡ったのは年の瀬も年の瀬、12月30日でした。誰もいないだろうと思っていたのですが、ボウモア蒸留所のガイドツアーの時間が迫るにつれ、どこからともなく人が…15人弱になりました。ブリテン島やヨーロッパ大陸からの人が多いのですが、アメリカ人もいます。蒸留所の人にとっては、日本人はもはや珍しくないようです。

このボウモア蒸留所、あまりの太っ腹ぶりに訪問者のこちらがどきどきするツアーになりました。まず、普通バーで出てくる量の1.5倍ほどなみなみと注がれたボウモアを飲みながら、入場料の支払い…2ポンド(400円)。おい!いいのかそれで。しかもこの入場券、売店で一定以上買い物をすれば2ポンドの値引き券に…だだだ大丈夫ですかそんなんで。

胃があたたまったところで、ガイドツアーです。蒸留所のマネージャー(部長?)じきじきにガイドをかって出てくれます。この中に税官吏はいませんねーと密造ネタジョークをとばしながらのツアー開始です。これがややスコットランド訛りの早口英語で、説明を聞き漏らさないために、最初の一杯で少しゆるんだ脳みそをあわてて引き締めました。

で、このツアー、いくら年末休暇で完全操業停止状態にあるとはいえ、ここまで外部の人間に見せていいのか?!とこちらが心配になるほど全部見せて詳しく説明してくれました。フロアモルティングと呼ばれる第一段階の部屋から始まり、ピート(泥炭)を燻す部屋に入れてもらって匂いをかぎ、燻される前のピートを手にとり、モルトと水を合わせるマッシュと呼ばれる機械の中をのぞき、発酵槽をのぞきこみ、4台のポットスティルが鎮座する蒸留室ではなんとスティルの中まで見せてもらって、最後には貯蔵庫です。

1950年代の樽、なんてのがごろごろしている貯蔵庫に、こうも簡単に部外者を招き入れて良いものなのでしょうか。あまつさえ、マネージャーさんは木槌を振り上げ、その中のひとつの樽を開け始めました。

ウィスキーは樽で寝かせているうちに蒸発して少し減り、この減少分のことを「エンジェルスシェア(天使の分け前)」と呼びます。「天使でさえ取り分があるんだ。きみたちが飲んで悪いってこたーない」という一言で、グラスが回り始めました。まごうことなきシングルカスクの樽出し、しかも場所はボウモア蒸留所の貯蔵庫です。ウィスキー飲みにとって、これ以上望めない幸せです。

で、自分のところに回ってきたグラスに口をつけようとしたら、マネージャーさんがすかさず「それ全部飲んじゃってもいいからね。またいくらでも注いであげるから」と…どうも私は、感情がすぐ表に出るようです。

樽出しボウモアをたっぷり堪能(私のところにはグラスが2度きました)した後、バーに移動してとどめの一杯です。約10種類並んだボウモアの中からさあどれを飲む?と言われても、そう簡単には決められません。悩みに悩んだ末、私はこれまで他のウィスキーでも飲んだことがなかったボルドーワイン樽のボウモアにしました。変わり樽シリーズには、他にシェリーワイン樽とポルトワイン樽があります。

で、ボルドーワイン樽のボウモアですが、かなりきつい仕上がりです。きついと言われる種類のウィスキーをストレートで飲む私がきついと感じるので、かなりの破壊力があります。ちょっとだけ加水しよう…と水差しを手にしたのですが、水差しの口が広くて水が入りすぎてしまいました。はっきり言って台無しです。ええ、マネージャーさんにこっぴどく叱られましたとも。他の日本人ウィスキーオタクの皆さん、ボウモア蒸留所で何もしないうちから「水を入れるな!」と叱られたら、それは私のせいです。ごめんなさい。


投稿者 akiko : 01:16 | コメント (5) | トラックバック

2006年01月04日

スコットランド スペイサイド編

あけましておめでとうございます。皆様、今年もよろしくお願いいたします。

さて、年末旅行スコットランド編です。以前観たスコットランドBBCで何も言葉として耳に入ってこなかった恐ろしい経験がある私、どきどきしながらグラスゴー・プレストウィック空港にてイギリス入国です。イギリスはEU加盟国ではありますがシェンゲン協定加盟国ではないため、簡単な入国審査があります。

とりあえず、都市部では問題ないということが空港とエディンバラにて明らかになりました。きついスコットランド訛りの人はたまにしかいません。入国審査官の紳士においては、聞き惚れてしまうような美しいクィーンズイングリッシュでした。

しかし、実はこの旅行、目的地はローランドの都市部ではないのです。真の目的地はハイランドとローランドのちょうど境にあたるスペイ川流域のど田舎(スペイサイド地方)と、人口わずか3000人という、これまたど田舎のアイラ島…と言えばそのスジをお好みの方はおわかりでしょうが、要するにスコッチウィスキー旅行なのです。

スコッチウィスキーの歴史は密造から始まります。道路が舗装されている現在でさえ、なかなかたどり着くのは一筋縄でいかないほどの隠れ里に存在するのがスコッチウィスキー蒸留所です。まあそんな所にも、日本人のウィスキー好きは大挙して押しかけるようではあるのですが…日本のオタク恐るべし。スコットランド人もスコットランド人で、「日本の方ですかー。『山崎』(サントリーの看板的シングルモルトウィスキー)は素晴らしいですね」などとさらっと言うので、まるであなどれません。

まずは何をおいてもここ!というわけで、ザ・マッカラン蒸留所です。ええ、閉まっていましたとも。これはこんな時期にのこのこやって来る馬鹿が悪いわけで、これは予想の範囲内です。いいもんね。閉まっているとはいっても、こういう馬鹿のためにか敷地内は出入り自由となっており、ガラスの向こうに見えるポットスティルを眺めてきゃーきゃー喜んで帰ってきました。まあ、好きなアイドルの家を探し当てて、外からちょっと見て喜んでいるようなもんだと思ってください。

スペイサイドにある他の蒸留所もおおむね似たようなもので、年末休業中でした。が、スペイサイド訪問の目的はこれだけではありません。スペイサイドには、シングルモルトウィスキーのストックに定評のあるバーを持つホテルがあります。このバーはとにかく壁という壁がウィスキー、それもシングルモルトで埋め尽くされており、その量はバーに並べてあるだけで300以上とも400以上とも言われます。もちろん同じ瓶は2本ありません。ものの本によると、ここには一杯270ポンド(約54,000円)の逸品もあるとかないとか…部屋代よりはるかに高いべしたー!何かの間違いでそんなのをオーダーしてしまったら、しばらく皿洗いでもさせてもらうしかありません。

壁はご覧の通りの状態で、四面全部埋まっています。ぎゃーポートエレン(既に蒸留が停止された銘柄)がある!しかも何本も!と狂喜乱舞状態の私でしたが、実はこの日、体調が最悪でとてもウィスキーに耐えられる状態ではありませんでした。スペイサイドに来ておいてクレマンダルザス(フランス・アルザス地方のスパークリングワイン。ザールブリュッケンから1時間ほどで産地です)をなめている自分はつくづく阿呆だと思いましたが、どうにもこうにも具合が悪いのでしょうがないです。絶対また来てやるー!今度は夏に。


投稿者 akiko : 23:09 | コメント (0) | トラックバック