« フランクフルトのラーメン | メイン | カリフォルニア »

2008年01月15日

新年早々

あけましておめでとうございます。新年早々パリにテロ予告があってなんだか なーと思っていたら、パリから400kmのザールブリュッケン駅も、爆弾騒ぎで今 朝は閉鎖されていたようです。パリの脅迫状と関係があるかどうか等の詳細は、 今のところよくわかりません。

爆破予告の電話があった上に不審な荷物も見つかったとかで、駅を横断する通路
がことごとく閉鎖されていたり、周辺のバスが乱れに乱れたり、新年早々迷惑な
話ですね。まあ他人の迷惑なんて考えてたら、テロリストにはならないんでしょ
うけど。

単なる愉快犯・模倣犯の類である可能性もありますが、どれにしたって迷惑な話
にかわりはないです。どん底のドイツ経済にうんざりする気持ちはわからなくも
ないんですが、多少なりとも立て直しに貢献しようとか、もう少し生産的なこと
はできんのかねー。そんなことを考えられたら、爆弾なんて作りゃしないんで
しょうけど。

パリのテロ予告ではエッフェル塔なども標的になっているようですが、エッフェ
ル塔ってマシンガン携帯の武装警官が複数人で警備してるんですよね。あれだけ
人が多い中でマシンガンぶっぱなしたら、テロリストより観光客に当たるだろう
に……ここの武装警官、制服も訓練された身のこなしもかっこよくて、思わず写真
を撮りたくなりますが、厳密には警官や軍人などの写真撮影は禁じられていま
す。彼らも観光客相手にいちいち注意していたらきりがないので、実際は黙認し
ていますけどね。厳しいんだかゆるいんだか、よくわからないあたりがフランス
です。


投稿者 akiko : 2008年01月15日 05:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aizu.nowhere.co.jp/mt/tkevn244.dir/6458

コメント

コメントしてください




保存しますか?