« カリフォルニア | メイン | CeBIT »

2008年02月20日

コソヴォ独立宣言

セルビアで、コソヴォが独立を宣言しました。ちょうどこの日曜日に私はミュンヘンに友達を訪ねていたのですが、ミュンヘンのコソヴォ系住民が独立宣言を受けてパレードを始め、土日にまったくニュースを見ていなかった私は一瞬「今サッカーやってたっけ?」と思いましたよ。そのくらいの大騒ぎでした。

独立を宣言したばかりのコソヴォにはまだ国旗すらなく、隣国のアルバニア旗を使っていました。コソヴォに住む人のほとんどはアルバニア人ですからね。たまにドイツ国旗がまじっていたり、はては星条旗があったりしてちょっとびっくりしましたが、これはコソヴォ独立を後押ししてくれたEUと合衆国への感謝をこめてということだそうです。

アルバニア国旗は赤地に黒で双頭の鷲が染め抜かれていますが、双頭の鷲ってハプスブルグ家の紋章ですよね。ハプスブルグ家はバルカン半島にまで影響力を持つほどだったのか、それともただの偶然なのか、ヨーロッパの歴史は複雑に絡み合いすぎていてよくわかりません。

で、私はそのパレードを横目で見つつ何をしていたのかと言いますと……ヒトラーもかつては弁舌を振るったビアホール(当時はビアホールが演説会場だったのです)で、豚の脛をかじっていました。なかなか食べ甲斐がありましたよー。ぱりぱりの皮の裏にコラーゲンがたっぷりで、肉の焼き加減もちょうどよくて、とてもおいしかったです。


投稿者 akiko : 2008年02月20日 07:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aizu.nowhere.co.jp/mt/tkevn244.dir/6557

コメント

コメントしてください




保存しますか?