「川柳」

 

「川柳について」


川柳は五、七、五の短い文章であるだけに、
その文章では表せない多くのものがその背景に隠れている。

川柳を食べ物にたとえると、食べ物それ自体である。
私は川柳と言う食べ物を器に載せて完成させたい。

ここで言う器とは「題名」である。
隠れているものを補足したり、食べ物をさらに引き立たせる為に
私は、川柳には「題名」をつけることが有効だと考えている。

 

(1)「メタボリック」

       ママよりも
          なぜか大きな
             パパのむね

(2)「ありがとう」

       物よりも
          言葉がうれし
             感謝の意

 

by n.takeda