こんにちは、カサギです。

そう言えば2週間ほど前になりますが、とある友人の掛け声でベイエリア(サンフランシスコやシリコンバレーの周辺地域)のスタジオで働く日本人の方々と、自分達AAUに通う日本人留学生の間で交流会を行いました。
Facebookで呼びかけたのですが、はじめは2~3人来ていただけば…くらいに考えていたのが、最終的にはそれはそれは豪華なメンバーが集まって頂きました。
当初こんなに多くの人が来ると思っていなかったせいか、場所が直前まで決まらずかなりバタバタしていましたが、最終的にはなんとか全員が座れるスペースが確保できてよかったです。

自分もこの日のために、これまでのデモリールをノーパソに詰め込んで持ち込みました。
所詮は学生作品、酷評を覚悟していたのですが、以外にも好評をいただき(まあ、問題点もいろいろと指摘されましたが…)、今学期の制作のモチベーションアップにかなりつながりました。また近いうちにこのようなイベントが開けると良いと思います。

しかし、人のつながりってすごいものですよね。
友達の友達をたどっていくと10人くらいで大統領にもつながるのではないかと勘違いしてしまいそうです(笑)

さて、話は変わって…。
先日アップしたGDCのレポートですが、今回はNorth Center を中心にお伝えしようと思います。
自分はどちらかと言うと映像系の人間ですので、ゲーム関係の企業には詳しくないのですが、できるだけ雰囲気が伝わればと思います。


Moscone Center

View Larger Map

Moscone West Center で登録を済ませたら、横断歩道を渡って、今度はNorth Center に向かいます。
と、言っても歩いて数分なので大して気になりません。
どちらかと言うと、普段静かな通りを埋め尽くす人の数にびっくり…。

こちら全員ゲーム関連の方々なんですね…。

こちらが入口になります。
入口で係りの人がパスのチェックをしているので、もし間違えて入ってしまったら、西館の場所を聞いて下さい。
おそらくボランティアの学生が対応してくれると思います。

入ってすぐ右に地下広場へと続く階段があります。
ここを右に行くと、GDC関連のグッズを扱ったお店や軽食が食べれるレストランがありました。
(今回は時間がなかったのでスルー)

真っ先に目に飛び込んできたのが、ご存知3DCGツール開発の最大手Autodesk社のブース。
この日は、おそらくAutodeskが開発したゲームエンジンのデモと解説をしていました。

SIGGRAPH でもおなじみ、簡易型モーションキャプチャーシステムを販売しているOptiTrackのブース。
アクターの方が必死に踊っていました。

BISHAMON の名前でおなじみ、日本のシリコンスタジオがブースを出していました。
画面に見えるのがCGWORLDでも紹介されていた国産のゲーム向けVFXエンジンBISHAMONのデモです。

こちらは PlayStation のブース。
といっても、やはりGDC向けなので、ゲームの体験コーナーと言うわけではなく、やはりゲームエンジンのデモがメインでした。

マーカーレスモーションキャプチャーのXSENS ブース。
カメラを向けると…

フュージョンwwww
ノリノリのアクターに対して、若干腰が引き気味のお客さんの反応がいいですねw

言わずとも知れた NINTENDO ブース。
他の企業とは違い、こちらはどちらかと言うとゲームの体験コーナーに近い感じになっていました。
写真では見えないのですが、日本のゲームも数本紹介されていました。

2本まとめて。
2大グラフィックチップメーカーのnVIDIA とAMD(ATI) のブース。
どちらも次世代チップセットのリアルタイムシミュレーションのでもが中心でした。

詳しくは分かりませんが、どうやらGDCが主催するゲームコンテストのデモと投票を行っていたみたいです。
こういったところから新たな才能が発掘されるのでしょう。

そして、なぜかうちの大学(AAU)もちゃっかりブースを出していました。
奥のテレビで学生のデモを流していましたが…、となりがNINTENDOなのはちょっとかわいそうですね。

 

おまけ。

…だ、そうですよ。
だから平安京はエイリアンに襲われたんですね。(このネタが分かる人が何人いるのだろう…)

さて、いかがだったでしょうか?
正味2時間もないくらいでの大急ぎ取材だったので、次回はもう少しゆっくりと各ブースを回れたらと思います。
…来年もチケットくれないかなぁ。

それでは、また。

| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントをどうぞ

*

Spam Protection by WP-SpamFree

PROFILE


プロフィールの詳細はコチラ

Hirofumi Kasagi (カサギ)
Effects Artist / 3D Generalist

福島県立会津大学を卒業後、2010-13年 アメリカはカリフォルニア州サンフランシスコ市にある Academy of Art University にて Animation and Visual Effectsを専攻する。

在学中から積極的に学外での映画製作に協力。
ハリウッド映画「Beast of the Southern wild」の制作に学生と言う立場で参加。
同作品は2013年度のアカデミー賞にノミネートされる。

AAUを卒業後、カリフォルニア州オークランドにあるVFXスタジオ「Atomic Fiction」に勤務。
現在もハリウッドの最前線で活躍を続けている。

【ホームページ】

【デモリールなど】

【参加作品】
(一部日本では未公開)


【参加作品の詳細はこちら】

【このブログを購読】

SPONSORS

RECOMMENDED

ハリウッドで働く方々の出身学校など参考にさせて頂きました。
いつか自分も『ハリウッドで働くクリエーター』としてインタビューを受けてみたいです。
海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人-
海外で働く映像クリエーター
-ハリウッドを支える日本人-
鍋 潤太郎 著


自力で留学準備を進めるためには必須のガイドブック。
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉(単行本)
日米教育委員会 (著)