アメリカでの生活の最近のブログ記事

こんにちは、カサギです。

いやー、長かった留学生活もいよいよ終わりを迎えました。
思えばちょうど3年前、2010年の5月からこのブログをはじめたわけですが、こうして無事卒業式を迎えられたのもひとえに皆さんの応援があったからだと思います。

始めてサンフランシスコに来た日のこと、日本からのフライト9時間後に3時間も寮の前で待たされた挙句、やっと寝れると思って入った部屋にマットレスだけしかなかったときは、本気で日本に帰りたいと思いましたが(笑)、それも今となってはいい思い出です。(まあ、2度とごめんですが)

日本を出るときは野口英世ばりに「結果を出すまで日本帰らん!」と決意して渡米したのですが、この3年間で自分でも驚くくらい結果を残せたと思います。
2度のSpringShow の入選(うち1回はWinner)、Next Limited 社の RealFlow のデモリールに個人の作品が選ばれたことなど、自分でも「えぇ!?いいの自分でいいの?」と驚かされることも多かったのですが、やはり一番驚かされたのは今年のアカデミー賞ノミネートでしょう。
(詳しくは「こちら」や「こちら」の記事を見てみてください。)

実はノミネートのお知らせを聞いた後、「あぁ、あの人にお世話になったし、いい機会だからDVDを送ろう」とか、「そう言えば、この人にもお世話になったな」などなど、一人で大はしゃぎした挙句、Amazon.com で「Beasts of the southern wild 」のDVDを 4万円分近く買ってしまい、一時期部屋がレンタルショップと化したのもいい思い出です(笑)
…正直買いすぎました。

ちなみに制作会社側からは、お金もDVDも一切貰っていません、すべて自腹です。
ちょうど自分がご機嫌のときにDVDをプレゼントされた方、おめでとうございます。
…あの後金欠が半端でなかったので、今度あったとき何かおごってくださいw

と、まあこの3年間をざっと振り返ってみたのですが、「卒業式=ブログ終了」というわけではありません。
前回も言ったのですが、このブログは自分が「アカデミー賞の授賞式でレッドカーペットを歩くとき」が終了するときです。
伊達に「The Road to Hollywood」を名乗ってはいない訳ですw

とは言いつつも卒業はいい機会なので、ここらで一旦いろいろなテコ入れを行いたいと思います。
と言う訳で、しばらく連載はお休みを頂きつつ、次なる「就職活動編」に向けてネタを集めて行きたいと思います。
もちろん、その間も質問は受け付けていますし、自分のお仕事用ホームページ(http://kasagi.info)やVimeo(https://vimeo.com/kasagi)の方で、新しい作品を公開していく予定です。

それでは、前置きが長くなりましたが、Academy of Art での留学生活最後のブログを更新したいと思います。

続きを読む: AUU 2013 Commencement(卒業式)に参加しました。

| コメント(7) | トラックバック(0)


こんにちは、カサギです。

……この記事を書いている現在、自分はとあるビルの密室に軟禁状態を強いられています。

…と書くとまるで、ミステリー小説の書き出しの様ですが(笑)、最近と言うか、ここ一ヵ月ほどあながちこれが嘘でない生活を送っています。
と言うのも、明日19日までに自分のショットをCompositor に受け渡す予定になっていまして、これが無事に引き継げないと、自動的に数名の卒業が危ぶまれる状態になってしまいます(汗)
Shotgun(Web ベースショットマネージメントツール) から「新着のコメントが来ています」のメールを見るたびに胃がキリキリします(笑)
とりあえず、V-Ray でのフォトンマッピングは終わったので、後は無事にレンダリングされるのを待つだけなんですが、いかんせん問題は提出用の解像度が HD 1080 って事なんですよね…。
とりあえず、このままエラーなくレンダリングが終わる事を祈りつつ…

そう言えば先月末に、毎年恒例のGDC(Game Development Conference)がサンフランシスコの Moscone Center で開かれました。
昨年は運よくチケットを手に入れる事ができたのですが、今年は残念ながらチケットが手に入らず見送る事に…。
参加した友達の話を聞く限り、大まかな会場の雰囲気は変わらず、今年も面白そうな論文の発表や講義が開催されていた一方で、どうやら Job Fair の方は参加した企業がだいぶ少なかったとの事でした。ゲーム業界もアウトソーシングの影響で米国内の雇用縮小が進んでいるのでしょうか?

ちなみに、昨年のGDCの様子は以下の記事で確認できます。

GDC 2012 に行ってきました -MOSCONE West編-

GDC 2012 に行ってきました -MOSCONE North編-

GDCには多くの日本人の方もお越しいただいていたようで、お昼休みに近くを通ると、時折参加賞をつけた日本の方がいらっしゃいました。

また、今回はLucus Art で働く先輩が主催する、「GDC2013日米クリエイター親睦会」のお手伝いにも参加してきました。昨年も参加した友人曰く、今回は去年の2倍以上の、全部で120人くらいの方がいらっしゃったようです。
もしかして、このブログを読まれている方の中に参加された方がいたりして…。

さて、話は変わって。
突然なのですが、実は現在自分はレンダリングの傍ら、ノーパソで必死にアメリカの交通ルールの勉強をしています。そう、いよいよ運転免許を取ろうと画策してるわけです。
前々から取ろう取ろうと思っていたのですが、なかなか実行に移せず、だらだら引き延ばしているうちにこんな時期になってしまいました。
アメリカで、特にL.A.でインターンをしようと思った場合、車の運転は必須になるので、できれば今学期中にアメリカの運転免許を取ってしまいたいと思った訳です。
と、言う訳で、今回は筆記試験の申し込みの話を中心にレポートしたいと思います。

 

続きを読む: サンフランシスコで運転免許を取ろう -予約編-

| コメント(0) | トラックバック(0)


こんにちは、カサギです。

相変わらず鬼のように忙しい学期ですが、まだ何とか生きてます。
そう言えば今学期の授業から、いよいよPIXARクラスをとることができました!
AAUの授業の最大の魅力としては、学校外から実際にプロダクションで働いている現役のクリエーターの方を講師としてお迎えするクラスがあることではないでしょうか。
特にAAUは同じサンフランシスコ市内にILMが、お隣バークレーにはPIXARがあるので、そこで働くアーティストから直接手ほどきを受けられるのは非常に魅力的です。

今学期は手始めにANM499 Massive を取ってみたのですが、このクラスの先生Paul は現役でPIXARのTDとして働いている傍ら、SIGGRAPHなどにも論文を寄稿するなど、まさに自分がお手本とすべき偉大なアーティストでした。
ただ、授業はかなり厳しいですね(汗
結構つくりこんだと思った宿題でも10点満点中6点しか取れなかったときはちょっとショックでした。

さて、話しは変わって…。
前回「カルトレイン(Caltrain) の乗り方」が思ったより好評だったので、今回は初めてサンフランシスコに遊びに来たかたが真っ先に困るであろうサンフランシスコ空港からの「BART」(サンフランシスコ版地下鉄)への乗り方についてレポートしたいと思います。

続きを読む: サンフランシスコ空港からBARTへの乗り方

| コメント(0) | トラックバック(0)


こんにちは、カサギです。

少々遅くなってしまいましたが、新年あけましておめでとうございます。
このブログもいよいよ3年目に突入です。今年もこのブログを通して、アメリカ生活の様子やAAUの情報などをお伝えできたらと思っています。

ちなみに最近の自分はと言うと、冬休みを利用してこれまで貯めてきたアイディアをちょこちょこと映像にしています。
詳しくはまた別の機会にここで紹介したいと思います。もし「それまで待てない」と言う奇特な方は、Vimeo の自分のチャンネルに大体のショットはアップロードしてあるのでそちらからも見ることができます。(ただし、解説は英語です。)
http://vimeo.com/kasagi

さて話は変わって…
こっちに来てから知ったのですが、お隣の国中国では正月は1月1日ではなく、旧暦(月歴?)に乗っ取った方法で祝うらしく、今年は1月22日がChinese New Yearらしいです。というわけで、22日まではちょっと早いですが、今回中国系の友達から正月パーティに誘われたので、S.F.を離れ、シリコンバレーとして名高い、サンノゼまで遊びに行ってきました。

サンノゼまでは主に、車を使う方法、サンノゼ空港まで飛行機で行く方法、そして車のない学生にはもっとも一般的な方法であろう「カルトレイン Caltrain」を使う方法があります。
と、言うわけで今回はAAUの授業紹介は一休みして、このカルトレインの乗り方について解説したいと思います。

続きを読む: カルトレイン(Caltrain) の乗り方

| コメント(15) | トラックバック(0)


PROFILE


プロフィールの詳細はコチラ

Hirofumi Kasagi (カサギ)
Effects Artist / 3D Generalist

福島県立会津大学を卒業後、2010-13年 アメリカはカリフォルニア州サンフランシスコ市にある Academy of Art University にて Animation and Visual Effectsを専攻する。

在学中から積極的に学外での映画製作に協力。
ハリウッド映画「Beast of the Southern wild」の制作に学生と言う立場で参加。
同作品は2013年度のアカデミー賞にノミネートされる。

AAUを卒業後、カリフォルニア州オークランドにあるVFXスタジオ「Atomic Fiction」に勤務。
現在もハリウッドの最前線で活躍を続けている。

【ホームページ】

【デモリールなど】

【参加作品】
(一部日本では未公開)


【参加作品の詳細はこちら】

【このブログを購読】

SPONSORS

RECOMMENDED

ハリウッドで働く方々の出身学校など参考にさせて頂きました。
いつか自分も『ハリウッドで働くクリエーター』としてインタビューを受けてみたいです。
海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人-
海外で働く映像クリエーター
-ハリウッドを支える日本人-
鍋 潤太郎 著


自力で留学準備を進めるためには必須のガイドブック。
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉(単行本)
日米教育委員会 (著)