AAUの授業紹介の最近のブログ記事

こんにちは、カサギです。

もういろいろなところで吹聴し回っているので、ご存知の方も多いかと思いますが、この場を借りて改めてお知しらせしたいと思います。
ハリウッドを志して早3年、以前自分がエフェクトを担当した映画「Beasts of the Southern Wild」が、
な、なんと……

今年のアカデミー賞にノミネートされました!

えぇ、まごうことなき本物のアカデミー賞ですw
映画はBest Picture と Actress 部門にノミネートされています。

詳しくはこちらのオスカーサイトをご覧ください。

http://oscar.go.com/nominees

残念ながら Visual Effects 部門に名前はありませんでしたが、(まあ、相手が The Hobbit や the Avengers, Snow White だと考えると当然ですが)、正直まったく予想していなかったお知らせに、発表当日の朝は食べてたコーンフレークを噴き出す始末(笑) おそらく予算的には The Avengers とかの1/10000 くらいでしょうw
VFX エグゼクティブディレクターのキャサリンを始め、この作品に関わったAAUの生徒は、朝から蜂の巣をつついたような騒ぎでした。

夢にまでみたハリウッドのコダックシアター(今はドルビーだったっけ?)のスクリーンに自分の名前が流れる可能性があると思うと楽しみでしかたありません。
しかし、初ハリウッド作品がいきなりアカデミー賞にノミネートされるとは……。
んー、新年早々あまりに運がよすぎるので、この先なにか起きないか心配になってきました(笑)

サイトの方でも告知してある通り、発表は2/24(日) になります。
下馬評では Lincoln か Life of Pi と言ったところですが、発表当日まで何がおこるかわからないのがアカデミー賞。
とりあえず、今からタキシード買いに行って、サインの練習をしておきます(笑)

さて、話は変わって。
今回はANM 352 Matchmoving の後編と言う事で、実際にMatchmoving のショット撮影した際のレポートをお伝えしたいと思います。

続きを読む: ANM&VFX クラス紹介 -ANM 352 Matchmoving 後編-

| コメント(0) | トラックバック(0)


こんにちは、カサギです。

長かった冬休みももうすぐお終いです。来週の頭からは、いよいよ留学生活最後の学期がはじまります。
と言っても、先の学期までにキツイ授業はすべて終わらせているので、今学期こそは人間(学生)らしい生活ができるのではないか……と思っているのですが、はやくもSpringShowに向けてのプロジェクトに暗雲が…(冷汗)
そう、春学期の終わりには恒例のSpringShowがあります。
前回 SpringShow 2012 は Matte Painting と Dynamics&Particle に応募して、Matte Painting の方は惜しくも入賞できませんでしたが、Dynamics&Particle の方はみごと Winner に輝く事ができました。(詳しくはこちらの記事を見てください)
自分の密かなる野望としては、前回同じ日本人のRyoが達成した2つの部門での入賞を超える、3部門での入賞を狙いたいと思います。
ターゲットとしては、まずは絶対外せない Dynamics&Particle での2年連続優勝と、Rigging&Scripting 部門での入賞(実はもうすでにScript(プログラム)は完成していて、後はデモムービーを作るだけだったりします)、そして、前回より引き続きお伝えしている Matchmoving 部門での入賞ですね。
残り4カ月、前人未到の3連覇に向けて、静かなスタートを切りたいと思います。

そう言えば、以前紹介した FallShow で公開となった「Glass Butterfly Project」のトレーラーがVimeoで公開になっていました。(例によってまったく連絡なし(苦笑))
本番まで全く知らされていなかった、自分の「作業報告動画(あえて自分のショットとは言いたくない…)」が何点か使われています。

Shots-In-Progress: Glass Butterfly – Chapter I from Jennifer Phang on Vimeo.

00:13 からの塗装が徐々に飛び散るショットと、蝶の羽から煙のようなものが発生するショットがそれです。
冬休みの間、特に遊びにも行かず黙々と作業していたので(涙)、実はこのプロジェクトに関してはかなりの進展がありました。
…と言っても、NDA, Non-Disclosure Agreement (プロジェクトの内容を外部に見せてはいけないという契約)があるため、自分のプロジェクトや課題と違って、おいそれと公開できないのが残念です。
結構カッコいいショットが出来たので、発表になり次第こちらのブログで紹介したいと思います。
そう言えば、このショットってSpringShow2013 に応募できるんでしょうか?NDAがあるから無理なのかな?

さて話は変わって、今回は前回に引き続き ANM 352 Matchmoving の紹介をしたいと思います。
前回の記事で Matchmoving の基本的な流れと仕組みがお分かり頂けたかと思いますので、今回は応用編と言う事で、Matchmoving のあるあるトラブルを紹介したいと思います。

続きを読む: ANM&VFX クラス紹介 -ANM 352 Matchmoving 中編-

| コメント(0) | トラックバック(0)


あけましておめでとうございます、カサギです。

いよいよ留学生活も最後の年がやってきました。
思えば3年前の2010年5月、このブログを始めた当初「とりあえず卒業までは続けてみよう」と目標を立てていたのですが、もともと文章を書くのは苦手だったので(だから理系を選択したわけですが)、「まあ、1年くらい続けばいいかなー」くらいの裏目標が設定してあったのです。
ですがいざ始めてみると、かなり多くの方からメールやコメントでの質問などを頂き、自分の予想以上にブログを更新するのが楽しくなっていました。
(まあ楽しいんですが、忙しい時は締切をごめんなさいすることもしばしば・・・)
やはり自分の場合、本業のCGもそうですが、「何かを作って」、「それを人に見てもらい」、「そして感想をもらう」と言う一連の過程が楽しいと、どうやら物事が長続きする様な気がします。

自分で言うのもなんですが、自分は同じANM&VFXの中でも、かなり作品(ショット)の「発表数」(実際に作ってそれをFB,Vimeo,YouTube に公開している数)が多い方だと思います。
これまでにVimeoの方に公開している完成ショット(自分がみせても恥ずかしくないと思えるクオリティ)がおよそ20ショット、さらにこのブログだけで公開してきたクラス内で作った実験的ショットや課題などを含めると、50ショット近い作品をこの3年間で作ったことになります。
1学期に4クラス取るわけですから、最低でも4カ月に3作品近くを作っている計算になりますね。

では、なぜ自分がこんなに多く作品を出せたのかと考えると、やはりこのブログでもたびたび触れている「ポートフォリオを意識した作品づくり」と言うのが重要になってくると思います。
自分の作品は学校の課題・もしくは課題を自分なりにアレンジした物がほとんどです。
つまり「ただ宿題をやって出せばいいや」といった姿勢で課題をやるのではなく、「この課題を現場で使えるクオリティに仕上げるにはどうしたらいいか」を毎回考えながら、課題をこなしていった結果、3年の間にこれだけのショットを仕上げることができたと思っています。
さらに、「この位でいいや」と言った妥協を許さないためにも、「この作品は後で人に見せるんだ」と言ったプレッシャーを自分にかけるのも大事だと思います。
クオリティの低い作品を出したら自分も恥ずかしいですし、また友達のクリティークもおのずと厳しい物になります。
逆に言えば、みんなを「あっ」と言わせるショットができれば、周りのみんなが「すごい!(と素直に友達を賞賛できるのがアメリカのいいところ)」とか「どうやってやったの?」と、さらにモチベーションが高まる機会が得られるわけです。
(おそらく自分の場合はこの「あっ」と言わせた時の快感がたまらなくてCGやってる気がしますね(笑))

まあ自分の場合、一度日本の大学をでて働いた後、もう一度アメリカの大学に入りなおした訳ですので、普通の大学生よりもいろんな意味で「危機感」があるのは当然と言われれば当然なんですよね(汗) これで、普通の大学生と同じ事をしていたら、歳を取っている分圧倒的に就職不利に…。
(アメリカは就職の際に年齢を聞くことはまずあり得ませんが、自分の心理的プレッシャーが…)

なんか自分の事ばっかり書いてる気がしないでもないですが(汗)、まあ結論としては、最後の年も気を抜くことなくクオリティの高い作品を作っていきたいという抱負を語ってみました。

さて、話は変わって。
今回は丁度先の学期に取った、ANM 352 Matchmoving クラスの紹介をしたいと思います。
正直、自分の専攻である Effects系とはあまり関係の無いクラスのなのですが、前々から Matchmoving (マッチムービング)に興味があったので思いきって取ってみました。

続きを読む: ANM&VFX クラス紹介 -ANM 352 Matchmoving 前編-

| コメント(0) | トラックバック(0)


こんにちは、カサギです。

おそらくこの留学生活で一番過酷な(授業の日程的な意味で)学期も無事終わり、今はかなりゆったりとして感じでこのブログを書いています。
いやー、本当に大変な半年間でした。思えば5月に日本から帰って来た後は、まともな休日がなかったですからね…。と言う訳で、ここ2週間ほどは見たかったWreck-it-Ralph と The Hobbit を見たり、友達の家で手巻き寿司クリスマスをしたりとそれなりに充実した休みを過ごしました。
年明けからはこの後紹介するGlass Butterfly のプロジェクトが本格始動するので、それまでにしっかり休息しておきたいと思います。

そう言えば12月の初めに、恒例のANM&VFX学部主催「FallShow」がありました。
SpringShow に比べるとだいぶ地味な感じがしなくもないですが、それでも半年に一度ANM&VFX中の作品が集まる機会ですので、個人的に毎回楽しみにしているイベントでもあります。

相変わらずの盛り上がりです。こう言うアメリカの「みんなで楽しもうぜ!」的な雰囲気が自分は大好きです。
動画で司会の方が説明しているように、なんと今回のFallShowから自分の気に行った作品の番号をText(ケータイのSMS)で送ることで、優勝者を決めようと言う、何とも現代的な投票システムが導入されました。

本舗初公開! こちらが Glass Butterfly プロジェクトのトレーラーVol.01 になります。
詳しい事はまだ書けないのですが、自分は今年の頭からこのプロジェクトにリードエフェクトアーティストとして参加しています。
自分としてはかなり野心的なショットを何個か手掛けている最中なので、情報が公開できるようになったら、このブログでも紹介したいと思います。

…ちなみに、実は当日まで自分のショット(と言うか作業報告用の映像)がトレーラーとして使われる事を全く知らされていませんでした(笑)
解像度とかカラーバランスとか報告用なので、結構低めだった気がするんですが、どうやって見れるようにしたんでしょうね(汗)

投票の様子。
宛先と、各作品の番号がループで流されました。この中から1人1票だけ投票することができます。
おそらく同じ番号からの複数の投票ははじかれる仕組みになっているのでしょう。

今回 FallShow で公開された作品は、おそらく近いうちにAAUのVimeoチャンネルの方で公開されると思うので、その時はまたこのブログで紹介したいと思います。

さて、話は変わって。
前置きがだいぶ長くなってしまいましたが、今回はANM499 Fluid クラスの紹介をしたいと思います。

続きを読む: ANM&VFX クラス紹介 -ANM 499 Fluid編- + FallShow 2012

| コメント(0) | トラックバック(0)


PROFILE


プロフィールの詳細はコチラ

Hirofumi Kasagi (カサギ)
Effects Artist / 3D Generalist

福島県立会津大学を卒業後、2010-13年 アメリカはカリフォルニア州サンフランシスコ市にある Academy of Art University にて Animation and Visual Effectsを専攻する。

在学中から積極的に学外での映画製作に協力。
ハリウッド映画「Beast of the Southern wild」の制作に学生と言う立場で参加。
同作品は2013年度のアカデミー賞にノミネートされる。

AAUを卒業後、カリフォルニア州オークランドにあるVFXスタジオ「Atomic Fiction」に勤務。
現在もハリウッドの最前線で活躍を続けている。

【ホームページ】

【デモリールなど】

【参加作品】
(一部日本では未公開)


【参加作品の詳細はこちら】

【このブログを購読】

SPONSORS

RECOMMENDED

ハリウッドで働く方々の出身学校など参考にさせて頂きました。
いつか自分も『ハリウッドで働くクリエーター』としてインタビューを受けてみたいです。
海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人-
海外で働く映像クリエーター
-ハリウッドを支える日本人-
鍋 潤太郎 著


自力で留学準備を進めるためには必須のガイドブック。
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉(単行本)
日米教育委員会 (著)