SpringShowの最近のブログ記事

こんにちは、カサギです。

長かったAAUでの学生生活も、17日の授業をもってすべて終了しました。
いやー、思ったよりあっけなく終わってしまったので、ちょっと拍子抜けしてしまいましたが、まだ学生生活最後のイベントである卒業式が今週末にまっているので楽しみです。

そう言えば先日、卒業式で使うガウンと四角ぼうし(正式名称不明)を借りにいった時の事、「正直、この歳で卒業式って浮かれているのもどうかなー」とか思ったんですが、自分よりも年上の同級生が、卒業アルバム用のカメラマンの前で大はしゃぎでポーズをとっているのをみて、これは負けてられないと自分も華麗に某スタンド使いのポーズを決めてきましたw
やっぱり、こう言ったイベントは楽しんだもの勝ちですよね。その点、こちらの方々は羽目の外し方をちゃんとしっているなーと妙に感心したりもしたのでした。

さて、今回は毎年恒例「AAU Spring Show」の結果報告をしようと思ったのですが、その前にここで重要なお知らせをはさんでおこうと思います。
えー、皆様に支えられまして、このブログも何とか3年間持ちこたえることができたわけですが、今回AAUを卒業するという丁度いい節目を迎えるにあたり、ここらへんで一度このブログ「The road to Hollywood」を終了したいと考えています。
そう名付けて、The Road to Hollywood 第1期「Academy of Art 編」の終了のお知らせです。

思えば3年前からほったらかしのブログのデザインや、ほとんどの記事のカテゴリーが適当に振り分けられていたり(スミマセン…)と、皆様に読んでいただく上で結構粗が目立ってきたのも事実です。
また今年の4月ごろから、特に来年卒業を控えた高校生の方々から質問のメールを頂く事が多く、そう言った新規読者の方にも分かりやすく情報を伝えていきたいなと思っていました。
と、言う訳で、次回の「AAU卒業編」を最後に一旦このブログをお休みしたいと思います。

「えっ!?もうこのブログが読めないの!」とお嘆きの読者のみなさん(←ホントにいるのかは不明w)は、そこはどうぞご安心をw
このブログ、伊達に「The Road to Hollywood」などという大それた名前を付けているわけではありません。
先に書いたように第1期「Academy of Art 編」が終了するだけで、続く「就職活動編」の予定が既に控えていますし、その後も自分がアカデミー賞の舞台に上がるまでは続けて行こうとおもっています(現実的に可能かどうかは別としてw)

なので、次回の記事でしばらくの間お休みを頂きますが、その間も質問は受け付けていますし、自分のお仕事用ホームページ(http://kasagi.info)やVimeo(https://vimeo.com/kasagi)の方で、新しい作品などはどしどし公開していく予定なので、お時間のある時にでも覗いてみてください。

さて、お知らせも終わった事ですので、さっそく「AAU Spring Show 2013」の結果報告に移りたいと思います。

続きを読む: AAU Spring Show 2013 結果報告!

| コメント(4) | トラックバック(0)


こんにちは、カサギです。

いやー、更新が遅くなってしまって申し訳ありません。
とりあえず Spring Show 提出は無事終わって、今はほんの少しだけ余裕のある生活が戻ってきました。

そう言えば、後輩からいよいよ日本でも Beasts of the Southern Wild が公開になったとの話を聞きました。
日本語では「ハッシュパピー バスタブ島の少女」というタイトルで公開になっています。

トレーラームービーにも日本語字幕が付いたので、まずはこちらをご覧ください。

ね、感動的な作品でしょう?(笑)
まさか、自分が参加している時は、こんなヒューマンドラマあふれる作品だとは露知らず、オーラックス(牛?)のショットばかり担当していたので、てっきりB級ホラー映画化と思っていましたが(実話)

ちなみに公式サイトはこちらです
http://www.bathtub-movie.jp/

東京の単館上映なのかな?と思っていたらどうやら全国ロードショーみたいなので、お近くの映画館で見かけた際はぜひお立ち寄りください。

さて、話は変わって。
今回は次回 SpringShow 2013 に向けて、今まさに出来上がったばかりの自分の作品をちょっと解説したいと思います。

続きを読む: SpringShow2013 前夜祭(…締切間に合ったよ報告編)

| コメント(0) | トラックバック(0)


こんにちは、カサギです。

今回は冒頭からすごいお知らせが1つ…。
前回のSIGGRAPHの記事を書き終わった後に、自分がポートフォリオをアップしいるVimeoのアカウント(https://vimeo.com/kasagi)の方に、なんと Next Limit Technology 社の方からメールが届いていました。

Next Limit Technology (http://www.nextlimit.com/)と言えば、液体シミュレーションのトップ RealFlow や、フォトシミュレーター(レンダリングエンジン)として有名な Maxwell を開発するスペインの超有名会社なのですが、そんな会社がいち学生に何の用だろう?と思って本文を確認したところ…

Hi Hirofumi.

Greetings from Next Limit Technologies.
We would be delighted to include your RealFlow High Viscosity simulation in this years’ Siggraph Showreel.
If you are interested, please send us an email to (*ほにゃらら) with the subject “RealFlow Siggraph Reel”, and we will give you further details.

Looking forward to hear from you.

Best,

(要約)

こんにちは、カサギ。

あなたの作品「RealFlow High Viscosity simulation」を、弊社が今年参加する SIGGRAPH 2012 のデモリールの一部として使いたいのですが、もしよろしかったらご連絡ください。
お返事お待ちしております。

えぇーッ!…本気ですか、Next Limit さん?
大手の会社のデモリールともなれば、ハリウッドのスタジオが手掛けたショットが当然のように並ぶわけですが、そんな中に学生作品が選ばれるのは非常にめずらしい事だと思います。
ましてや、今回のSIGGRAPH では最新アップデート版である RealFlow 2013 の発表があるわけで、その会場で流されるデモリールとなると、相当な数の人が見る訳で…。
もちろん、すぐにOKの返事をしてファイルをお渡したんですが、いまだに実感がわきませんw
本当に使われるのかな…?

デモリールは現在編集中との事なので、SIGGRAPH 前に公開になるのか、まあ遅くともExhibision が始まる8/7日には公開になると思うので、詳細が分かり次第、このブログでも紹介したいと思います。

さて、話は変わって。
来月からはSIGGRAPHの記事を紹介したいと思うので、ちょっと駆け足になってしまうのですが、今回は残りの AAU Spring Show 2012 の作品を紹介したいと思います。

続きを読む: AAU Spring Show 2012 -Fine Art Sculpture & Illustration編-

| コメント(2) | トラックバック(0)


こんにちは、カサギです。

一ヵ月あったインターセッションも終り、6/18から夏学期がはじまりました。
幸い今学期は月曜に授業がないので、人よりも1日だけ長く休みがとれましたが、これから8/8まで長い学期が始まると思うとちょっとだけ気が滅入ってきますね。

さて、夏学期は普通の秋春と違って、学期自体の長さはおよそ半分の2カ月しかありませんが、各クラスが週に2回ずつあるので、予習や復習の時間を考えると、実は普通の学期よりも大変だったりします。
まあ夏学期は強制ではないので、中には3カ月(うらやましい…)の休みを利用して、本国に帰ったり、またバックパックを背負って旅行にいったりする人もいるみたいです。
Facebook に流れる友達の写真をみると、「うらやましいなぁ」と思う反面、「この休みを利用してもっと実力をつけてやる…」とひそかな野心を燃やしたりしています。

ちなみに今学期は2つのクラスを取る事にしました。
どちらともオンキャンバス(学校でやるクラス)なので、朝から授業に行くのが少し面倒ですね。
ただ、どちらもCollaborative クラスなので、先生は学校の外から来る事になっています。
(文法が未来形なのは、この記事を書いているのが28日よりも前だったりします…)

さて、話をもとに戻して。
今回も Spring Show 2012 の展示を紹介していきたいと思います。
展示自体は8/11までやっているので、もしサンフランシスコに来る予定のある方で、フィッシャーマンズワーフの近くに遊びに行こうと思っている方は、時間があったら是非寄ってみてください。
ちなみに入場料はいりません。

続きを読む: AAU Spring Show 2012 -Fine Art & Foundation編-

| コメント(2) | トラックバック(0)


PROFILE


プロフィールの詳細はコチラ

Hirofumi Kasagi (カサギ)
Effects Artist / 3D Generalist

福島県立会津大学を卒業後、2010-13年 アメリカはカリフォルニア州サンフランシスコ市にある Academy of Art University にて Animation and Visual Effectsを専攻する。

在学中から積極的に学外での映画製作に協力。
ハリウッド映画「Beast of the Southern wild」の制作に学生と言う立場で参加。
同作品は2013年度のアカデミー賞にノミネートされる。

AAUを卒業後、カリフォルニア州オークランドにあるVFXスタジオ「Atomic Fiction」に勤務。
現在もハリウッドの最前線で活躍を続けている。

【ホームページ】

【デモリールなど】

【参加作品】
(一部日本では未公開)


【参加作品の詳細はこちら】

【このブログを購読】

SPONSORS

RECOMMENDED

ハリウッドで働く方々の出身学校など参考にさせて頂きました。
いつか自分も『ハリウッドで働くクリエーター』としてインタビューを受けてみたいです。
海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人-
海外で働く映像クリエーター
-ハリウッドを支える日本人-
鍋 潤太郎 著


自力で留学準備を進めるためには必須のガイドブック。
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉(単行本)
日米教育委員会 (著)