3. 就職活動編の最近のブログ記事

こんにちは、カサギです。

極寒の長野から、常春のサンフランシスコに帰ってきました。
いやー、サンフランシスコの気候は最高ですね。
でも、やはり日本の方がご飯は断然おいしいですし、サービスも最高です。
なにより日本語だけの生活ってなんて楽なんでしょうw

そう言えば皆さんは空港を降り立ったときにする、あの独特の「外国の匂い」って分かりますか?
こっちに長く住んでいると忘れてしまうのですが、今回S.F.Oの関税を超えて出迎え広場に出た時に、「あっ、外国の匂いがする!」って久々に思いました。
そして久々に帰ったアパートは、以前にもましてかなりマリファ…ゲフッゲフッ、もちろん自分は吸ってないですよw

とりあえず、しばらくは帰国中に溜まっていた課題と作業を進めるために缶詰めになる日が続きそうです。

さて、話は変わって。
今回も引き続き OPT に関しての注意事項などを説明していきたいと思います。

続きを読む: OPT 虎の巻 – 出国注意!編 -

| コメント(1) | トラックバック(0)


こんにちは、カサギです。

日本に緊急帰国してから2週間が経ちました。いやー、やはり日本はいいですね。
とりあえず今回帰国した最大の問題も解決し、今は次第に春らしく……ならない長野の冬にも慣れ(笑)、ゆっくりと日本を満喫しています。
しかし、帰ってきた当日はとてつもない寒波が日本を覆っており、成田エクスプレスを降りた新宿(6℃)で日本の寒さに驚愕し、特急お降りた松本駅(-8℃)で心が折れて、実家(-17℃)で泣きが入りました。朝起きたら部屋の中が 0℃って久しぶりですね。
うちの地元では、冷蔵庫は食材を冷やすためのものではなく、凍ってしまうのを防ぐために使ってるって友達に話したら、お前はシベリアから来たのか?といわれました。(あながち間違いではないw)
まあ、そんな生活も後1週間ほどなので、しっかり堪能して英気を養って、これからの就職活動を生き抜いていきたいと思います。

さて、一応ハリウッドを目指す者としてみなさんにお伝えしておかなければいけないことがあります。
それは、今年の華やかなアカデミー賞の裏側で起きていた Rhythm & Hues 社の倒産と、それを取り巻くハリウッドのVFX業界の話です。
自分はまだ一学生であり、ハリウッド現場を経験したことがないので、正直わからないことも多いのですが、それでも現場で働く多くのアーティストが今回の倒産のニュースを知って、このままではハリウッドのVFXが衰退してしまうと危機感を覚え、なんとか現状を改善しようと運動を開始しています。

今ハリウッドを始め世界のVFX業界は大きな変革期をむかえようとしているのだと思います。
仕事のアウトソーシングはもちろんのこと、各地での税制優勢策とその余波など、正直個人レベルでどうにかなるレベルを超えています。それに対して、残念ながら現在のハリウッドVFX業界は後手に回っていると思います。
ですが、今回のRythm & Hues 社の一件で、いよいよ本格的にこの問題を何としかしていこうという動きが見られるようになりました。自分もハリウッドを目指す者として、署名活動だったり、Facebook やこのブログなどを通して、多くの方にこの問題を知ってもらえればと考えています。
これから先、ハリウッドに限らず世界中のVFXスタジオが、きちんとし労働環境の下で、見る人を感動させるすばらしい映画を作っていけたらと思っています。

さて、話は変わって、今回は前回に引き続き OPT 関連の話をしていきたいと思います。
今回は前回の内容を踏まえて、ちょっと踏み込んだ内容になるので、できれば前回の記事にざっと目を通してから読むことをお勧めします。

続きを読む: OPT 虎の巻 – OPTに潜む罠編 -

| コメント(0) | トラックバック(0)


こんにちは、カサギです。

突然なのですが、現在自分は日本に帰ってきています。
聡明なこのブログの読者の方なら、「あれ?確か2月から新学期が始まったのでは?」とお気づきになられた方も多いはず。
はい、まさにその通りです(汗)なんと学期中にもかかわらず、現在自分は「とあるトラブル」から緊急一時帰国を余儀なくされている状態だったりします。
最後の学期でプロジェクトも大詰めを迎え、一番急がしい時期になぜに帰国?何考えてるの?と思うのも当然ですが、今回のトラブルに関しては後ほどこちらで詳しくまとめて、このブログでお伝えしたいと思います。
(実は現在進行形でこのトラブルに見舞われている状態だったりします……)
特に留学前の方には見ておいてもらいたい内容だったりするので、できるだけ早くまとめたいと思っているのですが、その前に、今回のテーマであるOPT (Optional Practice Training)について説明しておく必要があるので、今回はそちらを優先したいと思います。

加えてもうひとつ。
前回お知らせしたアカデミー賞の件なのですが、日本でもニュースなので取り上げられているのでご存知の方も多いと思いますが、自分が関わった映画「Beasts of the Southern Wild」は、残念ながら今回はすべての部門でノミネートという形で終わってしまいました。


http://oscar.go.com/nominees

ですが、自分個人としてはこんな低予算映画(おっと失礼w)が、他の大作の中に食い込んでいったというだけでも快挙だと思いますし、何よりいち学生にしか過ぎなかった自分に「アカデミー賞」の夢を見させてくれた、本当に思い出深い作品になりました。

ちなみに、Beasts of the Southern Wild の予算は$180万、日本円で1億8千万円ほどですが、対する昨年の超大作 The Avengers の予算はというと、実に $2.2億、つまり日本円にすると 220億円……工エエェェ(´д`;)ェェエエ工
えー単純計算で、The Avengers の予算があれば Beasts of the Southern Wild が 100本近く作れる計算になります(汗)
まあ、映画って言うのは単にお金をかければ良いものが作れるってものではないんですね、……うらやましいですがw

では、最後は自分のお気に入り曲であり、この映画の主題歌でもある「Once There Was A Hushpuppy」を聞いてください。

ありがとう! Beasts of the Southern Wild !

感動的な曲の余韻に浸りつつ、それじゃ、今回はここまで!
……と行きたいところですが、さっき言ったOPTの説明がまだでした(汗)

続きを読む: OPT 虎の巻 – OPTって何?編 -

| コメント(0) | トラックバック(0)


PROFILE


プロフィールの詳細はコチラ

Hirofumi Kasagi (カサギ)
Effects Artist / 3D Generalist

福島県立会津大学を卒業後、2010-13年 アメリカはカリフォルニア州サンフランシスコ市にある Academy of Art University にて Animation and Visual Effectsを専攻する。

在学中から積極的に学外での映画製作に協力。
ハリウッド映画「Beast of the Southern wild」の制作に学生と言う立場で参加。
同作品は2013年度のアカデミー賞にノミネートされる。

AAUを卒業後、カリフォルニア州オークランドにあるVFXスタジオ「Atomic Fiction」に勤務。
現在もハリウッドの最前線で活躍を続けている。

【ホームページ】

【デモリールなど】

【参加作品】
(一部日本では未公開)


【参加作品の詳細はこちら】

【このブログを購読】

SPONSORS

RECOMMENDED

ハリウッドで働く方々の出身学校など参考にさせて頂きました。
いつか自分も『ハリウッドで働くクリエーター』としてインタビューを受けてみたいです。
海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人-
海外で働く映像クリエーター
-ハリウッドを支える日本人-
鍋 潤太郎 著


自力で留学準備を進めるためには必須のガイドブック。
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉(単行本)
日米教育委員会 (著)