2010月10月アーカイブ

こんにちは、カサギです。
31日には、合衆国公認コスプレ祭りこと「ハロウィン」があったのですが、特に準備してなかったので、せっかくのお祭りを指をくわえて見ているしかありませんでした。特に、同じ日本人の友人が、顔を黄色に、目の周りを黒くぬって、某黄色電気ネズミの格好で暴れまわっているのを見て、来年こそは入念に準備して参加してやると心に誓ったのでした。
やっぱり、アレですかね。黒の長ランで掌のマークが入った学生帽を被って、「… give me a fxxkin break.」って言ってポーズを決めるのがベストなんでしょうか?

さて、話は少し戻って前回の続き。
無理やり授業をスキップして2年まで進んだのは良かったですが、その後は「14日分の遅れ」+「その週のMaya, Houdini の課題」+「ESL周3回」をこなさなくてはいけない、スーパーハードスケジュールへと突入した訳です。
昔は、「徹夜をしてでもがんばっている奴が偉い」と思っていた時期もありましたが、本当は「徹夜をしなくても大丈夫なようにスケジュールを管理できる奴」がビジネス的にもクリエーターとしても、そして人間として生活する上でも重要だと気がつきました。

で、ようやく全ての遅れを取り戻し、その週の課題を提出できるようになった頃でした、おそらく気が緩んだんでしょうね、授業中に物凄い頭痛と吐き気に襲われ、早退して家に帰って熱を測ってみると「38度」(自分は平温が低い)
あぁ、やってしまった…風邪です。
で、そこでやっと気がついた訳です。

アメリカで風邪を引いたら、どうしたら良いのでしょうか?

続きを読む: アメリカで風邪をひいたら? 市販薬編

| コメント(0) | トラックバック(0)


こんにちは、カサギです。
季節はすっかり秋…というかあまり来た時と変わっていない気がします。
こっちに来てからは、毎日晴れか曇り、そして夕方からは霧です。
さて前回は、某メメタァ漫画的な展開で終わったので、今回はその事件の結末をお伝えしたいと思います。

【前回の続き】

3DCG初心者向けの授業を1, 2個スキップして、もう少し上級者向けの授業を取ろうとしてアポを取ったAnimation & VFX Department Director のジョージ先生のオフィスにて、自分はとんでもない提案を受けることになったのでした。

同席していたANM101 の先生の提案で、自分のポートフォリオをジョージ先生に見せることに。
最初は笑顔で「Wow」とか「Cool」と言ってポートフォリオを見ていたジョージ先生でしたが、途中からだんだん表情が真剣になって来ました。

そして、一通り見終わった後、「ありがとう」と言ってiPhone を手渡してきたジョージ先生が、一息溜息をついた後、自分に向かてこう切り出しました。

「君は大学にいるべきではない。今すぐマスター(修士)に移るべきだ」

…えっ? いま何とおっしゃいました?
「マスターに移れ」って聞こえた気がしたんですけど?

続きを読む: ねだるな、捻じ込め、さすれば与えられん。-後編-

| コメント(2) | トラックバック(0)


PROFILE


プロフィールの詳細はコチラ

Hirofumi Kasagi (カサギ)
Effects Artist / 3D Generalist

福島県立会津大学を卒業後、2010-13年 アメリカはカリフォルニア州サンフランシスコ市にある Academy of Art University にて Animation and Visual Effectsを専攻する。

在学中から積極的に学外での映画製作に協力。
ハリウッド映画「Beast of the Southern wild」の制作に学生と言う立場で参加。
同作品は2013年度のアカデミー賞にノミネートされる。

AAUを卒業後、カリフォルニア州オークランドにあるVFXスタジオ「Atomic Fiction」に勤務。
現在もハリウッドの最前線で活躍を続けている。

【ホームページ】

【デモリールなど】

【参加作品】
(一部日本では未公開)


【参加作品の詳細はこちら】

【このブログを購読】

SPONSORS

RECOMMENDED

ハリウッドで働く方々の出身学校など参考にさせて頂きました。
いつか自分も『ハリウッドで働くクリエーター』としてインタビューを受けてみたいです。
海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人-
海外で働く映像クリエーター
-ハリウッドを支える日本人-
鍋 潤太郎 著


自力で留学準備を進めるためには必須のガイドブック。
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉(単行本)
日米教育委員会 (著)