2011月4月アーカイブ

こんにちは、カサギです。

今学期も残すところあと3週間を切って、学校中に寝不足の亡霊が徘徊するようなシーズンになりました。
特にAnimation 学科がある3階のミーティングルームには、PCの順番待ちをする生徒がソファで仮眠を取ったり、ジャンクフードを貪り食う地獄絵図が見られるようになります。(一部過大表現アリ)
そう言えば先の学期末、友達がILM(PCルームの名前)で作業をしていた時、目の前の子が突然立ち上ってフラフラと歩き出したら、そのまま床に倒れこむといった事件が発生したそうです。幸い学校のすぐ近くに消防署があるので、数分で救急隊員の人が駆けつけて病院に搬送されたらしいのですが、それを見守っていた人達もどこかみんな疲れた亡霊の様だったそうです。

日本とアメリカの大学の期末の違いは、本当に一夜漬けが不可能なところです。
アート系の大学なので、期末試験をする教科は少ないのですが、その代わりに各教科にファイナルプロジェクトが課せられていて、その制作に数週間を費やします。もちろん配点も 20%~30%近くあるので、そこまでAをキープしていても、ファイナルの結果次第では、一気にA→Cの可能性もあります。「ファイナル提出しない=問答無用でF」と考えてもらって間違いないです。
なので、みんなそれこそ必死になって課題に取り組むわけです。

よく海外の話題を扱うブログを見ていると、期末テスト後に大はしゃぎしているアメリカの大学生の様子が記事にされているのを見かけます。日本にいたころは「期末テスト終わった位でぐらいで大げさだな」程度にしか思っていなかったのですが、こちらに来るとその「期末が終わったっ!」と言う解放感(達成感?)で暴れたくなる気持ちが痛いほど分かります。みんなそれだけFになりたくなくて必死だったと言う事ですね。
ただ、自分の場合はどちらかと言うと、そのままベッドに直行して『安心して』眠りたいと思う方が多いのですが…。

さて、そんな強行スケジュール真っ只中の自分ですが、先日、サンフランシスコの一角で開かれた東日本大震災のチャリティーイベントに参加してきました。
今回はその様子を写真を交えてお伝えしたいと思います。

続きを読む: Bay Area Artist for Japan に参加してきました

| コメント(0) | トラックバック(0)


こんにちは、カサギです。

前回、サンフランシスコは春を通り越して夏になったという報告をしたのですが、今週に入って気温が右肩下がり。
クローゼットに仕舞ったスカーフ(こっちではマフラーmufflerと言ってもあまり通じません。)を引っ張り出してきて、重ね着、重ね着。特に海からの風が厳しいので、この時期にこちらに来る方は防寒対策を万全にしてきてください。

そして、気温の差が激しい時に起こるのが風邪です。
気がつけば2ndセメスターも10週目を終わって残り一カ月となった時に、クラスのあちこちで「ゴホッゴホッ」。
ファイナル前の重要な時期に風邪をひく訳にいかないので、部屋に帰ったらうがい手洗いを万全にしていたつもりだったのですが、結局ルームメイト→自分の順番で感染してしまいました。やっぱり睡眠不足が祟ったみたいです。

そう言えば、こちらではマスク(白いガーゼの)をしている人ってほとんど見かけません。
何かの記事で読んだのですが、マスクをする習慣ってアジア(特に日本?)だけみたいです。ただ、他の都市に比べてかなりアジア人の比率の高いサンフランシスコでも見かけないという事は、風邪をひいたときにマスクをするのは本当に日本だけ何でしょうか?謎です。

それと、ちょうど今週末にJapantownでチェリーブロッサムフェスティバル(お花見祭り?)があるらしいので、「宿題が終わっていれば」見に行きたいと思います。次回の記事がその事についてでなかた場合は察してください。

ところで…。
さすがに3週連続自炊の話は引っ張り過ぎかとも思ったのですが、今の「学校」⇔「アパート」の往復生活ではネタになるものが日々の食事くらいしかないのでご勘弁を。
今は英語もCGも基礎を鍛える事に集中しているのですが、夏学期明けからは、いよいよ本格的なCGの授業。まだ確定ではないので言えませんが、某超がつくほど有名なPスタジオから先生が教えに来る授業を取れそうなので、そちらが始まるまでしばしお付き合いをお願いします。

では、本文に移る前にちょっとした英語クイズ。
以下の日本語は英語では何というでしょうか?カリフォルニア(サンフランシスコ)英語で考えてみてください。

・挽肉(豚、牛)
・ピーマン
・お酢
・かぼちゃ
・だいこん
・しいたけ

答えは本文で。

続きを読む: 自炊、はじめました (食材編)

| コメント(0) | トラックバック(0)


PROFILE


プロフィールの詳細はコチラ

Hirofumi Kasagi (カサギ)
Effects Artist / 3D Generalist

福島県立会津大学を卒業後、2010-13年 アメリカはカリフォルニア州サンフランシスコ市にある Academy of Art University にて Animation and Visual Effectsを専攻する。

在学中から積極的に学外での映画製作に協力。
ハリウッド映画「Beast of the Southern wild」の制作に学生と言う立場で参加。
同作品は2013年度のアカデミー賞にノミネートされる。

AAUを卒業後、カリフォルニア州オークランドにあるVFXスタジオ「Atomic Fiction」に勤務。
現在もハリウッドの最前線で活躍を続けている。

【ホームページ】

【デモリールなど】

【参加作品】
(一部日本では未公開)


【参加作品の詳細はこちら】

【このブログを購読】

SPONSORS

RECOMMENDED

ハリウッドで働く方々の出身学校など参考にさせて頂きました。
いつか自分も『ハリウッドで働くクリエーター』としてインタビューを受けてみたいです。
海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人-
海外で働く映像クリエーター
-ハリウッドを支える日本人-
鍋 潤太郎 著


自力で留学準備を進めるためには必須のガイドブック。
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉(単行本)
日米教育委員会 (著)