2011月5月アーカイブ

こんにちは、カサギです。

課題に追われる事なく眠れるってこんなに素敵なことだったんですね。
と言う訳で、この記事を書いている現在は、春学期と夏学期との間の1ヶ月の休みを満喫中です。
Facebook を見る限り、友達はみんなNYやLAへ旅行に行ったり、それぞれの国に帰って絶賛夏休みを満喫中らしいのですが、その一方で自分はと言うと、相変わらず部屋に籠ってHoudiniと格闘する毎日です。(やってることは学期中とほとんど変わらない…)
そう、自分はHollywoodで働くためにアメリカに来たのです!
夏休みは他の生徒との差を広げるチャンス。別にお金がないから遊びに行かないわけではないんです(たぶん)。
とりあえず、料理にも時間が取れるようになったので、また新しいレパートリーを増やすべく、今日もCookPadで新しいレシピを検索しています。それにしても、カリフォルニアの空は腹が立つくらいにすがすがしいです。自転車でも借りて市内一周したらいい運動になるかもしれません。

さて、話は先の春学期に戻ります。
以前からお話していたのですが、AAUにはその1年の成果を発表すべく、全学部が参加して行われるSpring Showと呼ばれる大がかりな展覧会があります。開催期間は5月から8月までと、夏休みのほぼすべてを使って行われる大イベントです。と言っても、通常はAAUのビル1つをまるまる展覧会場にして、外部向けに作品を展示しているだけですが…。

ただ、この期間中に学校側が外部から多くのVIP達を呼ぶらしいので、関係者の目に留まればジョブインタビューを受けるチャンスがあります。なので、どの学部の生徒も(ファッション学科は前の記事で書いたファッションショーがあるので別)この展覧会に向けて死に物狂いで作品を仕上げるわけです。

書く言うアニメーション学部もその1つで、市内からはILMやPIXAR、サンノゼのDreamWorksや、遠くはLAのDIGITALDOMEAINなどからもの関係者の方々がおこしになるようです。

スプリングショーの作品は、4月末ごろから5月の頭にかけて募集していたのですが、今回、そんなSpring Show にノミネートされたアニメーションの中から、今年度の受賞者を発表する「ANM Spring Show Award Ceremony」に参加してきました。

と言う訳で、アニメーション学部全員が固唾をのんで見守った授賞式の様子をお伝えしたいと思います。

続きを読む: ANM Spring Show Award Ceremony に参加しました

| コメント(0) | トラックバック(0)


こんにちは、カサギです。

…やっとここまでたどり着きました。
今学期も残り1週間。今学期の方が、基礎的なクラスが多いせいか、先の学期よりもだいぶ楽な気がします。
成績もほぼ確定したみたいで、このまま何事もなければ、無事今学期取っていた教科はパスできそうです。
特に語学系(ESL)は今学期で最後になるので、次の学期からはもっとCGの方に集中できそうです。(自分は2nd Bachelor (第2学位)なので、リベラルアーツ系は取る必要なし)
まあ、今学期が終わっても、一ヶ月後には夏学期が始まるので、集中力のエンジンを切らないで、ローギア位にとどめて休みを過ごしたいと思います。

さて話は変わって、先週の頭、AAU ではスプリングショーと並ぶ大きなイベント、「School of Fashion: Graduation Fashion Show」が開かれました。
読んで字のごとく、ファッション学部の卒業生が主催するファッションショーなのですが、大学と大きく違うところは、その規模とクオリティだと思います。後半の記事で写真を交えて詳しく紹介するのですが、とても学生主体とは思えない、かなり本格的なショーになっています。
この分野について言及できるほど詳しくないのと、そもそもこういったショーに参加した経験がほとんどないので、何とも言えませんが、自分が感じた限り、日本の大学・専門学校などで見るファッションショーとはかなりレベルも雰囲気も違いました。

まあ、普段「PCラボ」と言う名の地下に暮らすドブネズミ(ブルーハーツ的な意味で)の自分には、正直目の眩むような世界でしたが、そもそも別に気を張って見る必要もないので、「とりあえず雰囲気だけ楽しんで来るか」という気持ちで参加してきました。

特に場外での無言のバトルが、傍から見ていて楽しかったです。
見に来ている観客も、みんな自分がこれからステージに立つかの如く、「あたしキレイでしょ、フフンッ」とお互いをチラチラ威嚇しあう、あのピリピリした雰囲気がたまりませんね。

と言う訳で、今回はこのファッションショーの様子を、いつもより多めの写真を交えてお伝えしたいと思います。
(写真は友達のT氏から提供してもらいました。さすが、SIGMA のレンズ、あの暗闇でもちゃんと写るとは…)

続きを読む: AAU Graduation Fashion Show に行ってきました

| コメント(0) | トラックバック(0)


PROFILE


プロフィールの詳細はコチラ

Hirofumi Kasagi (カサギ)
Effects Artist / 3D Generalist

福島県立会津大学を卒業後、2010-13年 アメリカはカリフォルニア州サンフランシスコ市にある Academy of Art University にて Animation and Visual Effectsを専攻する。

在学中から積極的に学外での映画製作に協力。
ハリウッド映画「Beast of the Southern wild」の制作に学生と言う立場で参加。
同作品は2013年度のアカデミー賞にノミネートされる。

AAUを卒業後、カリフォルニア州オークランドにあるVFXスタジオ「Atomic Fiction」に勤務。
現在もハリウッドの最前線で活躍を続けている。

【ホームページ】

【デモリールなど】

【参加作品】
(一部日本では未公開)


【参加作品の詳細はこちら】

【このブログを購読】

SPONSORS

RECOMMENDED

ハリウッドで働く方々の出身学校など参考にさせて頂きました。
いつか自分も『ハリウッドで働くクリエーター』としてインタビューを受けてみたいです。
海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人-
海外で働く映像クリエーター
-ハリウッドを支える日本人-
鍋 潤太郎 著


自力で留学準備を進めるためには必須のガイドブック。
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉(単行本)
日米教育委員会 (著)