2011月7月アーカイブ

こんにちは、カサギです。

開始早々ですが、更新がひじょーに遅くなってしまって本当にスミマセン。
(28日更新の予定が、気がつけば8月11日って…、2週間近く放置していた事になりますね)

まあ、何をしていたかと言うと、夏学期の後半はひたすらRotoscoping で切りぬき作業をやっていたわけですが、これが期末になるにしたがって鬼の様な量をこなさなければいけなかったわけです。
そして、AAUに入って初めて宿題の提出が間に合わないという事態に…(まあ、日本の大学では日常茶飯事だったわけですが)。
「やってしまった…」と思ってオンラインクラスのサイトに行ったら、掲示板には他の生徒の恨み節(こんなの終わるわけない!等)が溢れていた訳です。
この辺りはさすがアメリカと言うか、宿題を落としても堂々と「オレが悪いんじゃなくて、無茶な課題を出す方が悪い!」と主張できるところがすごいですね…、まあ、良いか悪いかは別ですが(笑)

そう言えば、AAUの授業内容(特にANM&VFX)については、いままで紹介する機会がなかったので、今回と次回のSpring Show の紹介が終わったら、これまで自分が取ったクラスの簡単な紹介をしたいと思います。(気分的な都合で変更になるかもしれないので、あまり期待しないでください)

それではSpring Show の開催期間も残り少なくなってきた事ですし、他の学部の作品も急いで紹介したいと思います。

続きを読む: AAU Spring Show 2011 -Architecture編-

| コメント(0) | トラックバック(0)


こんにちは、カサギです。

いやー…、夏学期は本当に忙しいですね…。
前回サマーセメスター(夏学期)は普通の学期の半分しかなく、いつもなら週に1回の授業が週に2回しかあるので、宿題に使える時間が半分になるってお話をさせてもらいましたが、これが中間試験(Midterm)になるともっと忙しくなることに今更ながら気がつきました。

この夏はTexture and Lighting のクラスとRotoscoping(ここでアッ!って思った人はするどい…)のクラスを取っているのですが、Texture and Lighting の方はMidterm Project に備えて、予め少しづつテクスチャを描くなりしてプロジェクトを進めておけばいいのですが、問題はこのRotoscoping のクラス…。

Rotoscoping を知らない方に説明すると、要は背景と役者さん(もしくは物)を含む1ショットから、役者さんのみを『1フレーム1フレーム手作業で切りだす作業』の事をいいます。
もっと簡単にいえば、役者さんの輪郭に沿って線を引いていくだけの作業なんですが、これが「動画」と言う事になると話が変わってきます。

動画は1秒が30枚の絵(要はパラパラマンガ)で構成されているので、単純に10秒のショットをRotoscoping するとすると、30×10=300枚。
もし1枚のショットを切りだすのに5分かかるとしたら、5×300で1500分=25時間!? 1つの宿題に25時間!?
ここでさらに追い打ちをかけるのが、先に書いた「夏学期は宿題に使える時間がいつもの半分」と言う条件だったりします(;´д`)

作業が作業なだけにとにかく時間を取られる上に、単純作業の連続で集中力を維持するのが難しい…(要は「うわーっヽ(`Д´)ノ」ってキレて投げ出したくなる)
「Rotoscoping は猿でもできる。(←って教科書に書いてある)」と言いますが、むしろ猿の方が何も考えない分、黙々と作業をこなすので向いているのかもしれません。

そんなわけで、最初は10人近くいたクラスが、徐々にその数を減らしていき、中間試験を無事潜り抜けたのが自分を含めたったの3人…。
そして、あと2週間後に控えるは恐怖の期末プロジェクト…、はたして何人生き残っているのか…。

そんな愚痴はさておき、前回のSpring Show 2011 ANM&VFX 編に続いて、今回は Fine Art & Foundation 学部の作品紹介をしたいと思います。

続きを読む: AAU Spring Show 2011 -Fine Art & Foundation編-

| コメント(0) | トラックバック(0)


PROFILE


プロフィールの詳細はコチラ

Hirofumi Kasagi (カサギ)
Effects Artist / 3D Generalist

福島県立会津大学を卒業後、2010-13年 アメリカはカリフォルニア州サンフランシスコ市にある Academy of Art University にて Animation and Visual Effectsを専攻する。

在学中から積極的に学外での映画製作に協力。
ハリウッド映画「Beast of the Southern wild」の制作に学生と言う立場で参加。
同作品は2013年度のアカデミー賞にノミネートされる。

AAUを卒業後、カリフォルニア州オークランドにあるVFXスタジオ「Atomic Fiction」に勤務。
現在もハリウッドの最前線で活躍を続けている。

【ホームページ】

【デモリールなど】

【参加作品】
(一部日本では未公開)


【参加作品の詳細はこちら】

【このブログを購読】

SPONSORS

RECOMMENDED

ハリウッドで働く方々の出身学校など参考にさせて頂きました。
いつか自分も『ハリウッドで働くクリエーター』としてインタビューを受けてみたいです。
海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人-
海外で働く映像クリエーター
-ハリウッドを支える日本人-
鍋 潤太郎 著


自力で留学準備を進めるためには必須のガイドブック。
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉(単行本)
日米教育委員会 (著)