2011月8月アーカイブ

こんにちは、カサギです。

無事夏学期も終わり、かなり短くなってしまいました夏休みを満喫する予定だったのですが、ちょっと困った事が起きました。
去年の終わり(1st セメスターの終わり)に、それまで住んでいた寮をでてアパートに引っ越したのですが、そのアパートの更新が迫ってきたのです。

アメリカでは契約更新の連絡は少なくと契約が切れる2か月前に通知されるのですが、折しもその時は「アメリカ国債デフォルト問題」の真っ最中。ただでさえ、サブプライム問題後にアパートの家賃が高騰していたわけですが、ますます先行きの見えない経済状況に、なにやらいやーな雰囲気が漂っていました。

「ここは家賃の$300~400位の値上げは覚悟しないといけないのか…(今の部屋は自分を含め4人でルームシェアしてるので、1人$100アップの計算)」と頭を抱えていたところに、運命の通知が配達されてきたのでした。

続きを読む: アメリカでの部屋探し、ふたたび

| コメント(0) | トラックバック(0)


こんにちは、カサギです。

前回に引き続いて、怒涛の2連続更新です!(ただ更新が遅れたってだけですが…)
そう言えば、来学期(秋セメ)からの自分のクラスにちょっとした動きがありました。以前から授業を取る際などにお世話になっていたVFXディレクターのジョージ先生から、VFX for Production クラスにエフェクトアーティストとして参加してみないかというお誘いがあったわけです。

このVFX for Production というクラスは、実際に外部の映画会社から数ショットを学校が受け持ち、リードディレクターのマネージメントの下で、生徒が実際のショットを担当するという、まさに実践形式の授業だったりします。もちろん作ったショットは就職活動の際にデモリールにも入れられますし、スプリングショーにも応募する事ができるので、一石二鳥なわけですが、聞いたところによると締め切りが厳しいらしいので、もしかしたら前の夏セメよりも忙しくなるのかもしれないのでちょっと心配です。
と言っても、Hollywoodで働くにはまたとないチャンスなので、その場でOKして別の日にリードディレクターの方からインタビューを受けてきました。

Simulation 系のデモリールは用意していなかったので、前の日に慌ててこれまでの作品を詰め合わせて持っていったのですが、評価は思ったよりもよく、特にFumeFX (煙)と Houdini のRBD系の反応はよかったです。
いやー、でもやっぱりデモリールは普段から用意しておかなくては駄目ですね。ぶつ切りの上に、ブレイクダウンを書く時間がなかったので、いちいち動画を止めて説明していたのは良くなかったと思います。
あとは「簡単なモデリング、サーフェイシングとかもできる?」って聞かれたので、こちらは2009年のデモリールを見せておきました。
ちょっと複雑なんですが、こっちの(主にモデリング)の反応の方がシミュレーション系のデモより反応が良かったんですよね…。

インタビュー自体は30分くらいで終了。その場でOKのサインをもらえました。
と、言う訳で、秋セメはFluid, Production, と2つも499クラスがあるので、気合いをいれて頑張りたいと思います。

さて話は変わって、8/15でいよいよSpring Show 2011 も閉幕です。
このブログでは実に2カ月近くに渡ってShowの内容を紹介してきたわけですが、今回で残りの学部も一気に紹介してしまいたいと思います。

それでは、残りPhothography と Illustration の生徒作品をご覧ください。 続きを読む: AAU Spring Show 2011 -Illustration&Photography編-

| コメント(0) | トラックバック(0)


PROFILE


プロフィールの詳細はコチラ

Hirofumi Kasagi (カサギ)
Effects Artist / 3D Generalist

福島県立会津大学を卒業後、2010-13年 アメリカはカリフォルニア州サンフランシスコ市にある Academy of Art University にて Animation and Visual Effectsを専攻する。

在学中から積極的に学外での映画製作に協力。
ハリウッド映画「Beast of the Southern wild」の制作に学生と言う立場で参加。
同作品は2013年度のアカデミー賞にノミネートされる。

AAUを卒業後、カリフォルニア州オークランドにあるVFXスタジオ「Atomic Fiction」に勤務。
現在もハリウッドの最前線で活躍を続けている。

【ホームページ】

【デモリールなど】

【参加作品】
(一部日本では未公開)


【参加作品の詳細はこちら】

【このブログを購読】

SPONSORS

RECOMMENDED

ハリウッドで働く方々の出身学校など参考にさせて頂きました。
いつか自分も『ハリウッドで働くクリエーター』としてインタビューを受けてみたいです。
海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人-
海外で働く映像クリエーター
-ハリウッドを支える日本人-
鍋 潤太郎 著


自力で留学準備を進めるためには必須のガイドブック。
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉(単行本)
日米教育委員会 (著)