2011月11月アーカイブ

こんにちは、カサギです。

早いもので、今学期も残すところ2週間となりました。
…と、同時にファイナルプロジェクトへのデスマーチが始まったわけであります。

ただ、今学期は比較的早い段階からファイナルプロジェクトの詳細が分かっていたこともあって、かなり早い段階から準備が出来ていたので特にデスマーチになりそうな科目がなくてよかったです。
前にも書いたのですが、VFX、特にシミュレーション系は計算時間とレンダリング時間を合わせると、ざらに1週間とかかかってしまうので、計画的に進めていかないと、2週間前だというのにすでに詰んでいる状態になりかねないので注意が必要ですね。

そう言えば、今学期から180NM のラボの予約システムが変わりました。
以前はラボの受付に行って、その場で空き状況を確認しなければいけなかったのですが、今学期からラボのパソコンで予め席の予約が出来るシステムになりました。
席の予約は、180 New Montgomery の3階にある受付のパソコンに、自分の名前とStudent ID をタイプするだけです。
…ただ、予約できるのが学校内のPC のみなので、ちょっと不便と言えば不便だったりします。
出来れば自宅から席の状況を確認できるようになれば便利なのですが。(個人的にそんなに難しいシステムではないと思うのですが?)
自分はあまりラボで作業しないので、ちょっと詳しくはないのですが、これから先レンダーファームを使う事を考えると、ちゃんと使い方を予習しておかなければと思います。

さて、前回に引き続き、今回も VFX1 (通称 Photoshop クラス)の紹介をしていきたいと思います。
実はこのクラス、毎週かなりの量の宿題が出ていたおかげで、紹介できる作品も結構あったりします。
(その分授業は大変でしたが…)
もしこのクラスを取ろうとしている人がいたら、Photoshop の基礎クラスだかと言って油断していると宿題で押しつぶされてしまうので要注意です。

続きを読む: ANM&VFX クラス紹介 -ANM 241 VFX 1編- その2

| コメント(0) | トラックバック(0)


こんにちは、カサギです。

この記事を書いている今現在、自分は延べ60時間に及ぶRealFlow シミュレーションの真っ最中だったりします。
何のプロジェクトかと言うと、ちょっと早い気もしますがANM499 Fluid クラスのファイナルプロジェクトに向けて最後のシミュレーションをかけている真っ最中というわけですが、さすがに300万パーティクルのシミュレーションはかなり重いです…。
RFは一応マルチスレット対応なのですが、mental ray と違ってCPUの性能をフルに引き出せるわけではないんで、結構usageが余ってったりします。(なので、こうしてFireFox 立ちあげて記事がかけたりするわけです)
まあ、300万パーティクルのシミュレーションと言っても、設定を決めたら後はコンピュータが計算するだけなので、自分はボーっと待っているだけなんですけどね(笑

学校のレンダリングサーバーはmaya しか対応していないので、Houdini 使いや max ユーザーはちょっと不便な思いをします。しかも、特に学期末になると、みんなファイナルプロジェクト為にレンダリングキューを投げまくるので、普通にログインするだけでも5分くらい待たされる羽目に…(ライセンスサーバーとレンダリングサーバーは兼用なのかな?)

ちなみにこのシミュレーションが終わったら、今度はレンダリングが待っています。
今回は水ものなので「Ray-tracing + Refraction + GI +FG + (Caustic… は未定)」の合わせ技で、おそらくレンダリング時間も半端ない事になりそうです。3~4日は覚悟しないと…。

なので、エフェクト系の作業はとにかく先読み・先読みで行動していかないと、締め切り1週間前になって「さて、始めよう」と思っても、時すでに遅く、提出日にシミュレーションが終わっていないという事になりかねません。

今回のムービーは完成し次第、またいつものようにVimeoの方とサイトの方にアップしたいと思うので、良かったらみてみてください。
無事完成すればの話ですが…(遠い目)

さて、前回までで自分が1学期目に取ったANM クラスの紹介は終わったので、今回からは2学期目の授業を紹介したいと思います。
(授業をとる順番は人それぞれなので、必ずしもこの順番ではないです。特に自分の場合、かなり変則的な授業の取り方をしているので)
まずは、3D基礎クラス(ANM1XX)が終わって、真っ先取る事になると思われる VFX 1 (Visual Effects 1) のクラスを紹介したいと思います。

続きを読む: ANM&VFX クラス紹介 -ANM 241 VFX 1編- その1

| コメント(0) | トラックバック(0)


PROFILE


プロフィールの詳細はコチラ

Hirofumi Kasagi (カサギ)
Effects Artist / 3D Generalist

福島県立会津大学を卒業後、2010-13年 アメリカはカリフォルニア州サンフランシスコ市にある Academy of Art University にて Animation and Visual Effectsを専攻する。

在学中から積極的に学外での映画製作に協力。
ハリウッド映画「Beast of the Southern wild」の制作に学生と言う立場で参加。
同作品は2013年度のアカデミー賞にノミネートされる。

AAUを卒業後、カリフォルニア州オークランドにあるVFXスタジオ「Atomic Fiction」に勤務。
現在もハリウッドの最前線で活躍を続けている。

【ホームページ】

【デモリールなど】

【参加作品】
(一部日本では未公開)


【参加作品の詳細はこちら】

【このブログを購読】

SPONSORS

RECOMMENDED

ハリウッドで働く方々の出身学校など参考にさせて頂きました。
いつか自分も『ハリウッドで働くクリエーター』としてインタビューを受けてみたいです。
海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人-
海外で働く映像クリエーター
-ハリウッドを支える日本人-
鍋 潤太郎 著


自力で留学準備を進めるためには必須のガイドブック。
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉(単行本)
日米教育委員会 (著)