2012月4月アーカイブ

こんにちは、カサギです。

いつもなら1週間くらい更新が遅れたりしますが(…反省してます)、今回はなんと2日連続更新です。
と言うのも、前回の記事でお伝えしたように、4月28日はSpring Show の締切前日と言う「どう考えても記事を書いてる時間がない」と言う状況なので、そのデスマーチが始まる前のまだ精神的余裕のあるうちに記事を書いておこうと思います。
そのSpring Showの結果は、おそらく5月14日までには発表されていると思うので、次回の記事で発表したいと思います。

ちなみに、今回は2部門にエントリー予定です。

1つ目は「Matte Painting (マットペインティング)」
昔は映画の書割り(背景を大きな板に絵具で描いておくと、遠くからだと本物に見える)の事を言ったのですが、デジタルペイントが主流となった今では、映画の背景部分をPhotshopなどをつかい実写と手書きを混ぜて作成します。
エフェクトとは全然関係ない部門なのですが、授業で作ったショットが思ったよりも良いできなので、ダメもとでエントリーしてみることにしてみました。
運が良ければ Runner up (入選)くらいになればいいな、と考えています。
ちなみに作品自体は、半年くらい前にVimeoの方にアップしてあります。
よかったら見てみてください。

ANM 341 VFX2 Midterm Project from Hirofumi Kasagi on Vimeo.

2つ目、こちらが本命「Dynamics and Particles」部門です。
……こちらは、只今絶賛シミュレーション中(汗
正直、本当に29日までに完成させられるか分からなくなってきました。

目指すはWinner、最低でも Runner Up、いや、とりあえず仕上げて出品します。

と、言う訳で結果は来月の記事でお伝えしたいと思います。

 

さて、後半は前回の続きで、セミナーの一部を動画とともに紹介したいと思います。

続きを読む: Dive into Photoshop CS6 に参加しました -後編-

| コメント(4) | トラックバック(0)


こんにちは、カサギです。

4月も半ばにさしかかり、いよいよ例の重大な締切が迫ってきました。
そう、ちょうど1年前にお伝えした「ANM Spring Show Award」の締切が29日に迫ってきているのです。
(セレモニーの詳細はこちら「ANM Spring Show Award」)

そして、今この記事を書いている最中にも、マシンはCPUのクロックを限界までぶん回しながら処理を続けているわけです。
以前にどこかで書いた気がするのですが、エフェクト屋さんは他の仕事に比べて、特に「時間」にシビアでなければいけないと思います。
それはどこかF1レーサーに似ていて、少しでもレンダリングタイムを減らすべく、シーンの設定をいじったり、余計なオブジェクト(ポリゴン数)を削ったり、サブステップ値を調整したりしたりと、一見すると全く同じ結果に見えて、しかしその裏では1枚当たりのシミュレーション時間が5分(2分でも絶大な成果)も削れていたりします。

たった2分シミュレーションが早くなったところで…
いえいえ、1枚当たり2分縮めた場合、たとえば240フレーム(約10秒)のショットだと、2 × 240 = 480分 = 8時間 節約したことになります。
大抵のシミュレーションは1回では思ったような結果が得られず、何回か数値を設定を変えて少しでも多くの回数をこなした方が、結果的にクオリティが上がります。

極論を言えば、エフェクト屋さんの場合

クオリティ = トライした回数

と言っても過言ではないと思います。

……いやー、シビアな世界です。
万全の設定をしてシミュレーションを投げて寝ても、朝起きたらパーティクルがとんでもない挙動をしていて、朝から嫌なムードに…。

 

さて、話は変わって…
実は今日、大学の友達からS.F.のAdobe でPhotoshop CS6 のセミナーがあるから行かないかと誘われました。
まあ、ちょうど準備していたシミュレーションショットをすべてマシンに投げた後だったのと、会場が家から歩いてすぐだったので、このブログのネタ探しついでに Photoshop CS6 の新機能を体験しに行ってきました。

続きを読む: Dive into Photoshop CS6 に参加しました -前編-

| コメント(0) | トラックバック(0)


PROFILE


プロフィールの詳細はコチラ

Hirofumi Kasagi (カサギ)
Effects Artist / 3D Generalist

福島県立会津大学を卒業後、2010-13年 アメリカはカリフォルニア州サンフランシスコ市にある Academy of Art University にて Animation and Visual Effectsを専攻する。

在学中から積極的に学外での映画製作に協力。
ハリウッド映画「Beast of the Southern wild」の制作に学生と言う立場で参加。
同作品は2013年度のアカデミー賞にノミネートされる。

AAUを卒業後、カリフォルニア州オークランドにあるVFXスタジオ「Atomic Fiction」に勤務。
現在もハリウッドの最前線で活躍を続けている。

【ホームページ】

【デモリールなど】

【参加作品】
(一部日本では未公開)


【参加作品の詳細はこちら】

【このブログを購読】

SPONSORS

RECOMMENDED

ハリウッドで働く方々の出身学校など参考にさせて頂きました。
いつか自分も『ハリウッドで働くクリエーター』としてインタビューを受けてみたいです。
海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人-
海外で働く映像クリエーター
-ハリウッドを支える日本人-
鍋 潤太郎 著


自力で留学準備を進めるためには必須のガイドブック。
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉
アメリカ留学公式ガイドブック〈2014〉(単行本)
日米教育委員会 (著)