• 冠婚葬祭で男性の第一礼装
  • 新郎様の場合は袴の縞がはっきりした明るいもので若さを演出
  • お祝いの席では白衿・草履の鼻緒が白・白扇をもつ
  • お祝いの席で黒留袖に次ぐ礼装
  • 「比翼仕立てで五つ紋」の場合が一番上。「三つ紋に伊達衿」「一つ紋に伊達衿」の順にフォーマル度が下がる。
  • 金婚式などにご利用下さい。

  • 冠婚葬祭すべてに通用し、新郎、仲人、父親、どの場合でも着用できます。
  • 落成記念の主催者や、橋の渡り初めで夫婦三代が黒紋服・留袖を着用します。
  • 羽織、着物、角帯、袴、羽織紐すべてが正絹です。
  • 紋服ご利用の方は、ご家紋を無料調整いたします。

胸、袖、背中に、5箇所にご家紋があり、それぞれの意味を持っています。
ご家紋は家の象徴でもあるので、ご自身の紋をつけてはいかがでしょう。
下に掲載した家紋は注文が多いものです。

瓶子 九枚笹 右二ツ巴 三ツ柏 隅立四ツ目 下がり藤


熟練の職人が心を込めた、染め、織り、繍い、箔、その手法によって重さもかわります。古典柄・洋風・オーガンと、さまざまな模様、色合いがあり、迷ってしまいますが、着付け試着とモニターでお顔映りの確認が簡単にできます。当店では、オーガン打掛を除く、打掛・掛下・小物をすべて、正絹で揃えております。お写真だけでも、絹ならではの奥行きのある光沢・色合いの違いがわかります。会場では空調が行き届いていても、何枚も重ねて着るのは、暑くて当然です。お肌にやさしい絹の天然繊維は通気性が良く、お嬢様に負担をかけません。

  • 着物に裏地が付いている。長襦袢通常品。半衿は塩瀬など。
  • 着物に裏地が付いていない。帯・襦袢・小物は透ける素材を合わせる。長襦袢、半衿は絽。帯、帯締め、帯揚げは夏物。
  • 着物に裏地が付いていない。帯・襦袢・小物は透ける素材を合わせる。
    生地は独特な透ける織り方で涼感を出している。長襦袢、半衿は絽。帯、帯締め、帯揚げは夏物。
但し、打掛・留袖・男性紋服(すべて1日[ついたち]から切り替えとなる。衣替えを表す。
言葉のなごりとして四月朔日[わたぬき]という名字がある。四月一日はそれまで着物に綿が入っていた着物から綿をぬいた物を着るという風習から由来する)
衣替えは5日くらい前の前倒しは良いが、遅いのは好ましくない。
微調整は長襦袢や下着で調節出来る。
  • 母・既婚姉妹・祖母・叔母は留袖(第一礼装)
  • 未婚の女性の方は振袖またはそれに準ずるもの
  • 既婚の知人・友人・同僚などは色留・訪問着・付下げ・色無地などが一般的

呉服と貸衣裳の白木屋
〒965-0042 福島県会津若松市大町1-5-5
TEL:0242-22-0525 FAX:0242-22-0515